上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ブラジル:ベロ・オリゾンチ(2008年5月)
Brasil : Belo Horizinte (05/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



brasil-ベロオリゾンチ




      私は人工的な直線には興味がない。

      私が魅せられるのは、自由に流れるような感覚的な曲線である。

      私は曲線を発見する。故郷の山々の稜線に、

      うねる川の流れに、空に浮かぶ雲に、

      そして私が愛してやまない女性の体の線に。

      曲線が宇宙を形づくっているのだ。

      アインシュタインの曲線的な宇宙を。

                       オスカー・ニーマイヤー





リオ・デ・ジャネイロのところでもチラッとふれたオスカー・ニーマイヤー。

「美しい地平線」という意味のベロ・オリゾンチに

パンプーリャと名付けられた新市街地のプランを任せられた。

これは彼がそこでつくった教会、フランシスコ・デ・アシス教会。

brasil-ベロオリゾンチ



brasil-ベロオリゾンチ



brasil-ベロオリゾンチ

小鳥と話すことができたというアッシジ(イタリア)の聖フランチェスコに

ささげるに相応しいやわらかなイメージをもつ教会。



湖のほとりに、その地形や周りの木々の輪郭に合わせるように

柔らかな曲線で構成されており、

それは機能主義全盛の20世紀半ば(1940年)に

「普通とは違う建築、人々の驚きと感動を喚起する自由な造形」

を意図されてつくられた。



実験的な試みで、そこには普通の教会にある螺旋状円柱も天使像も存在しない。



外観の柔らかく、軽快な姿には心惹かれたけど、

実際、中の空間には特に心動かされなかったなぁ。

光の扱い方がイマイチ理解できなかったし。

祈りの場に必要な新たなモノ・解釈が分からなかった。



前にフィンランドで見た、アアルトのヴォクセンニスカの教会と比べると

(比べる必要はない気もするけど… そのときこれを思い出したから)

空間の質の差が圧倒的に違った。



驚きはあったけど、感動は喚起されなかったなぁ。





ホントに自由な造形になっているのか?

ある意味縛られているのではないのか?

自由とは何なのか?

いいモノってなんなのか?

なんてことをふと思った。



う~ん。。。

まっ、いまも答えは出てないけど…



brasil-ベロオリゾンチ



brasil-ベロオリゾンチ



曲線は、というか曲線でなくても、

見る角度によって見え方は変わるし、

それに、あ~写真って面白いなって思った。

ここを素材に、いろんな写真撮って遊んじゃった。

いつもはオートで撮ってるけど、もっといろんなテクニック覚えて、

興味深い写真撮ってみたいなぁ。



brasil-ベロオリゾンチ



brasil-ベロオリゾンチ



brasil-ベロオリゾンチ



brasil-ベロオリゾンチ




brasil-ベロオリゾンチ


関連記事
スポンサーサイト
2008.08.06 Wed l 20:南米:ブラジル l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/97-8a3cff29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。