上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ラシャヒにいるとき、ダカに戻って飛行機でネパールへ飛ぶか
(バングラデシュは香港→ネパール間のストップオーバーにしていた)
陸路でインドに向かうか考えていた。
あまりの暑さに、インドはダージリンの「避暑地」という言葉にひかれ、
そのまま陸路で北に向かい、インドに行くことにした。

北で国境を越えられるのは2箇所。
そのうちのチラハティにはラシャヒから直通で列車があったので、
チラハティ越えにした。

列車はのどかな農村を北上していく。
P4270344.jpg

P4270343.jpg

P4290659.jpg

P4290636.jpg
途中から時速が30キロくらいになり、のんびりと国境に向かう。
7時間後、チラハティに到着。

イミグレを車掌に尋ねるも、?な顔。
そしたら例によって人が集まってきて、国境はCLOSEだ、と地元の人が教えてくれた。
4年前に閉鎖されてようである。ずいぶん古い情報を頼りに来てしまった。
まあ最新情報を確認しなかったのが悪いんだけど。。。
これからどうするかを教えてもらっているうちに20人くらいの人だかりに。。。
結局、来た列車でそのまま引き返し、ラングプールという町で一泊して、
もうひとつのブリマリ国境へ行けとのこと。うーむ仕方ない。

このとき何だか妙に苛立っていた。
自分の情報収集不足? 何だかそうでもないようである。
列車の待ち時間に、例によって話しかけてくる若者がいたけど、
途中で話す気分ではないと断ってしまった。悪いことをしてしまった。
窓の外の子供たちも無視してしまったし、最悪。。。

ソイヨドプールまで列車で戻り、ラングプールという聞いたことも無い町へ移動。
バスターミナルまでリキシャとの交渉。
例によって「20タカ」とお決まりの文句から始まる。
なかなか決着がつかず、警官(軍人?)まで巻き込んで12タカまで下げた。

このときのリキシャマンは10歳くらいの子供。
かなりカッコいい。将来はいい男になるだろう。
バスターミナルまではかなりの距離があり、20タカは妥当だった。。。
なので子供にはチップをはずんでおいた。
ラングプール行きのバスも発車間際に捕まえ、無事ラングプールに到着。

今日国境を越えるつもりだったので金がない。。。
言葉の通じないリキシャマンと一緒に探しに探して、
120タカ(200円くらい)の宿を見つける。
国境までのバス料金が予想外に高く、結局3ドルだけ両替することにした。
最初バナナのバラ売りで3本買って夕食にしたけど、
両替したから夕食もカレーを食べることができた。

翌日、バスで国境に向かう。しかし不安事項があった。
陸路で国境を越えるには許可証がいるらしいとの情報があった。
これまた事前に確認するのを忘れたんだけど、
まあ無くてもなんとかなるだろうとタカをくくって来てしまった。
ダカまで取りに戻るのも面倒だし。

途中、廃線になった鉄橋を、枕木をボロボロにしながら進んでいったりして、
国境の村ブリマリへ向かう。
ローカルバスのため途中で人の乗り降りが激しい。
とにかく混雑していて、体が痛い。。。何時に着くのか不明のままひたすらガマン。
途中で隣に座った人の偽情報にだまされるも
(今日中に国境につかないと思った)昼過ぎに到着。

そこから国境までさらに10キロほどリキシャで移動。両替しておいて良かった。
とてものどかな風景が広がる。廃線になった線路の上をスタンドバイミーする女性。
P4300637.jpg
普通に農作業をしている人たち。
全然国境へ向かっているという気がしない。
P4300660.jpg

チェックポイント到着。
許可証のことでドキドキしていたが、
出国税のようなものを要求される。あら、金が足りない。。。
インド側で両替してもってこいとのこと。許可証はいらないらしく
なんとか越えられそうだ。

久々に歩いて国境を渡る(結構いい気分)
イミグレとカスタムは藁葺きのような簡素な建物。
そこで手書きで書類に書き込んでいる。
緊張感のようなものはみじんもない。

出国税もリキシャマンに頼んで、やっとのことでインド到着。
そこで飲んだチャイは格別に美味かった。
関連記事
スポンサーサイト
2007.05.09 Wed l 01:アジア:バングラデシュ l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

国境越えるのってこんな大変なんすね。オレも徒歩で越えてみたいな
2007.05.10 Thu l daisuke-e. URL l 編集
国境を徒歩で越えるってほんと素敵です。
猛暑みたいですが、体調はいかがですか?広い空をボケーと眺めるのもまたいいですね。
2007.05.10 Thu l . URL l 編集
>daisuke-e
いや、普通はそんなに大変なところではないんだけど、事前の情報収集不足のせいだね…
徒歩は越えてるって感じ?で気持ちいいよ。

>どちらさまでしょ???
実はそんなに体調は良くないんですよねぇ。
まあまったく動けなかったのは1日だけですが。
こっち来てからボケーとすることが多いです(笑)気持ちいいですからね!
2007.05.16 Wed l 管理者. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/9-1a18ce6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。