上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ブラジル:リオ・デ・ジャネイロ(2008年5月)
Brasil : Rio de Janeiro (05/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



brasil-リオ



brasil-リオ




「リオ・デ・ジャネイロ」

この名前を聞いて人は何を連想するのか?

リオのカーニバル?

ボサノバの発祥地?

コパカバーナやイマネマに代表されるビーチリゾート?



連想できるということは、その都市に固有の風習があり、

それがその都市のアイデンティティを形成している。



複雑な海岸線が入り組むリオは世界3大美港のひとつとして知られている。

キリスト像が見守るコルコバードの丘からの眺め

brasil-リオ



brasil-リオ



ビーチも有名なコパカバーナ、イパネマをはじめ、

フラメンゴビーチ、ボタフォゴビーチ、レーメビーチ、

レブロンビーチ、サン・コンハードとあり、

それぞれに特徴がある。



brasil-リオ



brasil-リオ



brasil-リオ



brasil-リオ



brasil-リオ



brasil-リオ




もちろんサッカーも盛ん。

リオには世界最大のマラカナンスタジアムがあり、

フラメンゴ、バスコ、フルミネンセ、ボタフォゴといった有名チームもある。

brasil-リオ

11万人収容のスタジアムなのだが、

この日はそれほど人気のないカードだったため空席が目立った。

でも応援の迫力は結構凄かった。



ラパ地区では、サンバにショーロ、MPBなど様々な音楽をライブで聴くことができる。

brasil-リオ



brasil-リオ



音楽、あるいはリズムが都市のアイデンティティを形成することがある。

音楽は日常の生活の中に息づく。

歌がある街を語るとき、それは人々に街のイメージを膨らませる。

歌は人々の心にそのイメージを浮かび上がらせる。



「カリオカ」

リオ生まれの人を意味するのだが、

このように称する、または称されるということは、

その街が特別であるという意識があるということ。

それだけこの街が固有であるということだし、

これはリオの市民が自分の街に誇り・愛着をもっているということでもある。

そしてそのような人々がこれからのリオを担い、つくっていく。

関連記事
スポンサーサイト
2008.07.11 Fri l 20:南米:ブラジル l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
お~リオ!
私はサッカー全然わからないのに、マラカナンでフラメンゴvsボタフォゴの試合を見に行った(^^;
大盛り上がりで楽しかった♪

リオの雰囲気も独特だよね☆
私は、カーニバル時期の治安の悪さを徹底的に教わったけど、それ以外はどーなのかな?

気を付けて旅続けてね!
2008.07.11 Fri l のん. URL l 編集
No title
ご無沙汰してます。

ほんといい旅してるね。

そしていい写真。
旅を思い出します。

今後も楽しんでね。
2008.07.12 Sat l failstail. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/89-9864d674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。