上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パラグアイ:エンカルナシオン
       アスンシオン
       イグアス日本人移住地(2008年4月)
Paraguay : Encarnacion, Asuncion, Iguas (02~03/2009)
(地図は右のルートマップを参照)






パラグアイ。

訪れる前、特にイメージが湧かなかった国。

訪れた旅行者に聞いても…

う~んパッとしない国だ…

で、実際行ってみると。。。



まずはアルゼンチンとの国境の町エンカルナシオン。

ブラジルビザを取りに訪れたんだけど、

ここでの思い出は、レストラン「ひろしま」で食べたスキヤキ。

最高に美味い。まさに日本の味。

こんな辺境の町でなぜ日本食が…(それも本当に味が日本の味)



今年はブラジルに日本人が移住してちょうど100年。

ということでブラジルばかりがクローズアップされているけど、

ここパラグアイにも日本人移住者は多い。



で、こんな看板も。

パラグアイ



次に訪れたのは首都のアスンシオン。

ここにも特にこれといった見所はない…

それに週末になると、人通りがまったくといっていいほどなくなる。

アスンシオンの目抜き通りでも

開いている店はバーガーキング一軒のみ。

道には誰もいない。

時折車が一台通り過ぎる。

たま~に人も通る。

ある意味凄い町だ…



そして次に訪れたのはイグアス日本人移住地。

ここはパラグアイの風景に日本人の心と食があるようなところだ。

パラグアイ



パラグアイ



移住者1世の方の話を聞いた。

戦後、農作物の不作の年が続き、食べていけない困難さを克服するために

パラグアイへの移住を決意。



このイグアス移住地のあたりは一面ジャングル。

まずは木を切り倒し平野を確保する。雨露をしのぐ家も自分たちの手で。

日本の土とは違うので、試行錯誤の日々が続いた、と。



パラグアイ



パラグアイ



パラグアイ



この人たちのおかげでいまの日本人に対する好意的な評価がある。

また、太鼓工房を見学にいった際、数年前に移住してきた人の話を聞いた。

日々の生活のことは何でも自分でやらないといけないけど

ここではやりたいことができる。

好きな太鼓はできる自由はあるけどシビア。まあ食ってはいける、と。



昔と比べるといまは幸福な時代かもしれない。

やりたいことをやっていけるのだから。

自分もこうして旅をしているし。



ここには特にこれといって何かあるわけではない。

毎日散歩していた。のどかな空気を吸って。

赤土を踏みしめて、緑のトンネルを抜けていく。

見渡す限りの地平線、子供たちの遊ぶ姿。

そして日が暮れていく。

パラグアイ

関連記事
スポンサーサイト
2008.05.12 Mon l 19:南米:パラグアイ l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
写真、いいですね。
被写体が美人さんなのもあるが、きれいですね。
2008.05.19 Mon l とよべ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/80-c5b4ae2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。