上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アルゼンチン:バリローチェ
         エル・チャルテン(2008年1月)



チリのプエルト・モンから国境を越えて、
アルゼンチンのサン・カルロス・デ・バリローチェへ。

ここは「南米のスイス」と呼ばれているようである。
このあたりの風景がスイスのようであり、
また19世紀の終わりにスイス人が多く移民したためもあるけど、
なぜそのように呼ぶ(呼ばれる?)のだろう。
まあスイスと言われれば、その場をイメージしやすいけど
それは、それだけ本家が素晴らしいということでもある。
それぞれの場所にそれぞれの良さがある。
でも訪れてもらうためには、ある程度イメージしてもらうことが大切なのかな。

argentina-パタゴニアへ
湖畔の光景

argentina-パタゴニアへ

argentina-パタゴニアへ
パタゴニア地方ではこのようなゴミ箱を見かける。
大体一軒にひとつの割合で家の前に置かれている。
ゴミ収集には便利かもしれないし、犬などに荒らされることもないだろうけど、
ゴミが宙に浮いているような感じはどうなのか…
もう少し目に触れないように配慮した方がいいような…
それにデザインももうちょっと…

argentina-パタゴニアへ
ゴミ箱

argentina-パタゴニアへ
メタセコイヤ。木の生命力を感じる。
また、近くのアラジャネスの森には赤茶色の木肌をした木々がたくさんあり、
そこを訪れたウォルト・ディズニーは「バンビの森」を着想したようだ。
(都合により写真が載せられないけど…)
確かに、枝も至る所からあらゆる方向に出ているし、
普通の木よりも勢いを感じるから、
これを見ていると、何か発想が生まれるのも分かる気がした。





そして南部パタゴニアへ。
次第に荒涼とした光景が。

argentina-パタゴニアへ


argentina-パタゴニアへ


argentina-パタゴニアへ


argentina-パタゴニアへ


argentina-パタゴニアへ


argentina-パタゴニアへ


エル・カラファテに到着。
argentina-パタゴニアへ





カラファテの少し北のエル・チャルテンへ。

林の中の道を歩いていくとフィッツ・ロイ山が現れる。

argentina-パタゴニアへ


argentina-パタゴニアへ


晴れてはいるけど、どうしても頂上付近の雲がとれない。
いまこの山は「フィッツ・ロイ」と呼ばれているけど、
先住民はこの山を「エル・チャルテン(煙を吐く山)」と呼んでいたという。
考えようによっては、この山らしい光景を目にすることができた、とも思えるかな。

南部パタゴニアの大自然を巡る旅がここから始まった。

関連記事
スポンサーサイト
2008.02.18 Mon l 17:南米:アルゼンチン l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/68-c77f620e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。