上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
イラン:マシュハド(2007年9月)



さて、中央アジアを抜けてイランに突入。

当初イランには寄らずに、トルクメニスタンから

カスピ海を船で渡ってアゼルバイジャンに行こうとしていた。



しかしトルクメニスタンのトランジットビザを取得するためには

次の訪問国のビザが必要なのだが、

それがアゼルバイジャンのビザでは発行してくれず、

イランのビザを持っていないといけなかったので、急遽来ることに。



イスラム教シーア派の聖地マシュハド。

前回のイラン訪問時には来ることができなかっただけに

ここだけはどうしても訪れたかった場所である。



ここには「ハラム」という、エマーム・レザー廟を中心に、

モスクや神学校、広場などからなる宗教複合施設がある。

聖地マシュハドの中心にあり(というかマシュハドはハラムの門前町)、

その中はこれぞイスラムっていうのを体感できる。



ハラムはカメラ持ち込み禁止なので写真は撮れない。

けど携帯は持ち込めるので、イラン人も結構バシバシ撮ってる。

これはなぜか黙認。

というわけで、これまで音楽プレーヤーと化していた携帯の出番がついにきた。

(以下の写真は全て携帯。なので画質は…)

iran-マシュハド

これがハラム全景(といってもまだこの状態ではなく、現在も建設中)

すごい広さである。

この模型つくった奴エライっ。

模型は全貌が手に取るように分かっていいね~



iran-マシュハド

左の黄金のドームがエマーム・レザー廟。

さてその内部はというと。。。



ハラムへは異教徒は入れないが、案内所を通せば入れてくれる。

でも何食わぬ顔で入るとそのまま入れる。



そしてハラムの中心であるエマーム・レザー廟へは異教徒は入れないことになっている。

でも日本人は外見がアフガニスタン人に似ているためか、

(マシュハドの東はもうアフガニスタン。近いため訪れるアフガン人も多い)

またまた何食わぬ顔で入ると、結構入れる場合が多い。

運が悪い人は入れないけど…。

何回か入口を変えてチャレンジすれば入れる。



というわけで、潜入成功。

(エマーム・レザー廟内では携帯でも写真を撮っていると、ハタキで頭を叩かれる。

でもこの雰囲気は記録に残したかったので、隙を見つけて撮影)



iran-マシュハド

これがエマーム・レザーの棺。

その周りで巡礼者が手を伸ばして棺に触れようと、

凄まじい押し合いが繰り広げられている。

中にはご利益みたいな感じでとりあえず触れ~ってな感じの人もいるけど、

中には感極まって泣いている人も。



男性と女性は柵で分けられているのだが、

感極まる様子などを見ていると、

気持ちの入りようなどは女性の方が凄まじいように感じた。



iran-マシュハド

上を見上げると、すごい装飾。


iran-マシュハド

エマーム・レザー廟内はとにかく光り輝いている。まるで万華鏡みたい。目がくらむ。

このように豪華絢爛にする理由はナゾだけど、

不思議と嫌味には感じなかった。



iran-マシュハド



iran-マシュハド



iran-マシュハド

ここは24時間OPENしているので、夜でも多くの人が集まる。

中でも木曜の夜は人が多かった。

明日の金曜礼拝に備えるためなのか、大勢の人が集まり始めている。

夜中(写真は0時頃)だというのにかなりの人出。



金曜。

どうやら昼12時から礼拝が始まるみたい。

11時を過ぎた頃から人がどんどん集まり始めた。

モスクや中庭は人々で埋め尽くされ、

12時になる頃にはハラム内のあらゆる場所は人で埋め尽くされた。



iran-マシュハド

金曜礼拝に集まる人々。


iran-マシュハド



iran-マシュハド



「ここの中庭は男性の場所」といったように

男性と女性は場所により分けられている。



特に女性が集まっている場所は圧巻である。

みんなチャドルをまとっているので、

(イランの女性が外出する際に着用する体全体を覆う黒系の布)

メッカに向かってお辞儀するときなどは

青空の下、黒い巨大な波のうねりを見ている様である。



何万、何十万もの人々が一斉に祈るその姿は、

気高くもあり、異様でもあった。



時には神頼みをすることもあるけど、

特に信仰している宗教はない。

そんな自分にとって、

彼らの信仰心に対して感心もしたが、

同時に、ある種の恐ろしさも覚えた。



ここで生まれていたら、宗教を信じ同じように礼拝していたかもしれない。

生まれ育つ環境により、常識も変わってくるし、考え方も変わってくる。

環境が人に及ぼす影響は計り知れない。

関連記事
スポンサーサイト
2008.01.03 Thu l 11:アジア:イラン l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/59-563ee690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。