上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
トルクメニスタン:カラクム砂漠(2007年9月)



憧れの国トルクメニスタン。
バシュの国トルクメニスタン。

(ウズベキスタン内)カラ・カルパクスタン共和国(なんだこの国は?)の
首都ヌクスから向かうことにする。

国境の役人。笑顔も見せながら対応してくれる。
第一印象良し。



まずはダーシュオグスに向かう。

ここには遺跡が点在し、その先に丘がある。
しばらくすると、3人の男たちが登場。
そこに置いてあったコートを着込み、横になる。
そして他の男に押してもらい坂を転がっていく。

これはいったい何なのかというと、子宝祈願らしい。
特にここでそのような歴史があるわけでもないのだが、
地元の人はなぜか子宝祈願を信じているらしい。
このときは男性だったけど、女性の方が多いみたい。

帰国したら動画をUPします。
といってもホントに坂を転がっているだけだけど・・・

2人が終了して3人目。
「オレはいいよ」ってな感じで、終わるとそそくさと帰っていった。


この時は他に日本人2人とイギリス人の計4人で行動していた。
トルクメニスタンの首都アシュガバードまで、
途中ガスクレーターに寄るという約束で、ワゴン車を48ドルでチャーター。
やはり4人いると強い。移動が楽だ。


カラクム砂漠をひたすら南へ縦断。
torukume-カラクム砂漠


夕暮れ時にデルウェゼに到着。
ここからバイクに乗せてもらい、
15km先のガスクレーターを見に行くことにする。

真っ暗な砂漠をバイクで疾走する。
たまに砂にハンドルを取られるので振り落とされそうになるので
必死にしがみつく。
しばらくすると前方に明かりが見えてきた。
torukume-ガスクレーター

走ること20分。遂に到着。

そこには直径30mほどの大きいクレーターがあり、
その中で天然ガスが燃えている。
真っ暗闇に真っ赤な明かり。幻想的。
torukume-ガスクレーター

また反対側の明かりにほのかに照らされた山も素晴らしい。
torukume-ガスクレーター

で、少し先のエルベントの町まで行って、車の中で就寝。
トルクメ初日を堪能して終わる。
関連記事
スポンサーサイト
2007.12.03 Mon l 10:アジア:トルクメニスタン l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

砂漠の先に炎があるとは!驚きでした。

写真、かなり迫力ありました。インディージョーンズみたいです。
2007.12.05 Wed l celle. URL l 編集
トルクメニスタンは町だけでなく自然も凄いです。
砂漠の中をバイクで疾走するのも迫力ありましたよ。
2008.01.03 Thu l 管理者. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/44-cf500877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。