上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
珍しく連日UP。ウズベキスタン編です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サマルカンドから列車で3時間ほどでブハラ到着。

ブハラの見所の1つはラビハウズ(タジク語で「池の周り」の意)
そのラビハウズにはこんなモニュメントが。
uzubeku-ブハラ
これは別にいらないような…
それに噴水が勢い良く出ていて、静かな空間が台無し。
演出しすぎ…

ラビハウズのほとりののんびりしようと思っていたのだが、
池の周りはほとんどがレストラン。
そりゃロケーションが良いけど、
市民がタダで使用できる公共の場所も必要でしょ。


ナーディルディワンベギのマドラサ(イスラムの神学校)という
ブハラを代表する建築の中に入ってみると、
uzubeku-ブハラ
中庭はレストランに、
そしてその中庭を囲む建物は全て土産物屋に…
う~む、これではマドラサの雰囲気を全然味わえない…
やりすぎだなぁ。
ちなみにサマルカンドのレギスタンの中も土産物屋多し。
それに土産物屋の店員は商売する気ないし。

uzubeku-ブハラ
路上でも土産物を売っているけど、すげ~並べてる。
用意と片付けが大変そうだな。。。



uzubeku-ブハラ
イスマイルサーマーニー廟。
素材はレンガのみ。そのレンガの並べ方を工夫することで
ファサードに多様な表情を付けている。
単なる飾りのための装飾ではなく、
構造体がそのまま装飾にもなっている。

uzubeku-ブハラ
カラーンミナレットも同様。素晴らしい。

uzubeku-ブハラ
これも特に装飾はなく、構造をそのまま見せることで、
表情を出している。

いい建築が残っているけど、
ブハラの町自体は観光地化されすぎている気がする。
個人的には、市民の日常の光景というか、
市民が町を使いこなして(?)こそ、
町は生き生きとしてくると思う。
別にテーマパークではないんだし。

最後に、カラーンモスクとカラーンミナレットの夕景と夜景を。

uzubeku-ブハラ

uzubeku-ブハラ
関連記事
スポンサーサイト
2007.12.01 Sat l 08:アジア:ウズベキスタン l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/42-dc5d9995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。