上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

ウズベキスタン:コーカンド
タジキスタン:フジャンド(2007年8月)
Uzbekistan : Kokand
Tajikistan : Khojand (08/2007)
(地図は右のルートマップを参照)



タシュケントで中央アジア諸国のビザを無事にGETできたので、

まずはタジキスタンに向かうことにした。

ウズベキスタンのコーカンドを経由して、

まずはタジキスタン第2の都市であるフジャンドへ向かう。



uzubeku-コーカンド

コーカンドにて。

ここは評判どおり人々が良かった。フレンドリーだし親切だし。

おっちゃんたちは木陰でチャイをすする。



uzubeku-コーカンド

自転車の車輪にレコードを付けていた坊や。

ホントに音楽が流れたら面白い。



で、ヒマそうな国境を通過してフジャンド。

国内で最古の歴史を誇る町で発見したのは、

uzubeku-コーカンド

「ファンタ」ではなく「ファント」

これはここでしか発見できなかった。結構レアなもの???



フジャンドから首都のドゥシャンベへ向かう。

フジャントからドゥシャンベへの道は峠を2つ越えるルート。

山々が織り成す絶景が期待できる。

本日は記念すべき誕生日。

その絶景を満喫して誕生日を過ごす予定。であったが…



公共の交通機関がなく、

乗り合いタクシーのようなもので移動することになった。

車の車種によって値段が変わってくる。

ソ連製のボロイやつだと安くなるけど時間がかかる。



夜遅くなると宿探しが大変になるので、

なるべく性能の良さそうな車をチョイス。

同乗者はじいさんと30歳位の兄さん。



tajiku-道中


タジク人親子に見送られて(?)出発

車は順調に走り、一時間ほどして山々が見えてきた。

ついにひとつめの峠に突入。

と思ったのもつかの間、なにやら前方にロープが…

その手前で止まると、生意気そうな中国人がやってきた。



tajiku-道中


そこでドライバーが、

「お前は中国人だろう? あいつに言って通してもらうように頼んでくれ」と。

なぬ?

「中国人ではなく日本人だ」

と言うと、ドライバーも

「なぬ?」



とりあえず

「ニーハオ」

「・・・」

ドライバーが「何とかしてくれ」みたいな感じで言ってきたが、

「・・・」

終了…

中国人「ここは18時までは通れないぞ」



この幹線道路は現在工事中で、昼間は通れないらしい。

どうやらドライバーが勝手に勘違いをして、

同じ中国人なら(工事をしているのは中国人)通れるらしいので、

意気込んで来たらしいのだが…



tajiku-道中


夜6時から朝6時まで通行可の看板

ということで18時まで待機することに。

現在時間は10時半過ぎ。

う~む、7時間半も待つのか。



徐々に通行止めにあった車が増えていく。

中には通れる車も。どうやら中国人らしい。



ん? 通れる車もあるってことは、物理的には通れるってこと…

なんで他の車は通れないんだ???

単に工事をやり易くするためだけなのか?

さすが中国人。人民中心ですな。



tajiku-道中


生意気な中国人その2

横柄な態度。自己中心的な考え。

世界中で嫌われる理由が分かる。



そんな折、タジク人の子供が

「キタイスキー(中国人)、キタイスキー」

と大きな声で中国人を挑発し始めた。

お~、なんて素晴らしい子だ。

自分も参加したいぞ。



同じく待たされているタジク人と話すことがあった。

中央アジアの人は東アジア人を見るとまず「キタイ?(中国)」って聞いてくる。

「ニエット(いや)、ヤポンスキー(日本人だ)」

「ニエット ハラショー キタイスキー」
(いいえ) (良い)   (中国人)

「ダー(はい)、ダー」

そんな会話が繰り広げられる。

その後も話をしたり、メロンをごちそうになったりして、

やっと18時が近づいてきた。



まるで18時が車のレースのスタートかのように

多くのドライバーははやる気持ちを隠せない。

18時少し前にゲートが開いた。



tajiku-道中


砂埃を上げて疾走する車。

我先にという皆の思いで、なかなか迫力あるシーンが繰り広げられる。



tajiku-道中


ひとつめの峠越え。

辺りは既に暗くなり始めている。

2つ目の峠は、深夜2時頃山頂に到着。

もちろんまわりの景色は、月明かりにほのかに浮かぶ程度しか見れない。



途中何度も車の修理をしながら、

(車種の選択を間違えたか…)

朝5時に首都ドゥシャンベに到着。



ってことで、誕生日のほとんどを車の中で、

それも山の中に缶詰状態で過ごす羽目に。

もちろん楽しみにしていた景色も楽しめず。



キタイスキーに我が誕生日は台無しにされた…

「ニエット ハラショー キタイスキー」

関連記事
スポンサーサイト
2007.10.22 Mon l 09:アジア:タジキスタン l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

誕生日だったんですね。
☆おめでとうございます☆
せっかくなのでケーキをプレゼント→v-274

日本はだいぶ寒くなってきました。
お体に気をつけて。
2007.10.23 Tue l ひろみ. URL l 編集
>ひろみさん
ありがとうございます。
といってももう2ヶ月ほど前の出来事なんですけど…
ブログ遅れすぎです…
こちらも結構冷えこんできました。
でも紅葉を堪能してマス。
2007.10.28 Sun l 管理者. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/38-2d6d470d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。