上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
朝、小鳥の鳴声で目が覚める。

さて、朝食。
uzubeku-タシュケント
カラマットアパ家の食事
(写真は夕食だけど、これを軽めにしたような感じ)
ピーマンの肉(&米)詰めと野菜の炒め物、
それにナンとチャイとメロン。
このピーマンの肉(&米)詰めはバリエーションを変えて何度も出てきた。

メロンをたくさん食べられるのが何とも嬉しい。
フルーツ好きにはたまらない。安いので大量に出てくる。

さて、今日も町に繰り出すとするか。

タシュケントには、メトロ、バス、ミニバス(マルシュルートカ)、トラム、タクシー
など、ひと通りの交通機関が揃っている。
どこに行くにも便利である。

さすがタシュケント。中央アジアきっての都市だけのことはある。

uzubeku-タシュケント
シンプルでスマートなバス停。
ヨーロッパの(どこの国だったかな…)JCDecaux社が進出していた。

さすがタシュケント。中央アジアの中でも期待されているだけのことはある。

目指す先は、何はともあれブロードウェイ。
一体ここには何回来たことだろう。。。
それにしても相変わらずの人出だ…

まあそれはさておき、
今日はタシュケントタワー(テレビ塔)に行くことにしよう。
uzubeku-タシュケント
(相変わらず写真を縦にすることができなくて申し訳ないです…)
高さ375mとなかなかの高層である。
中段には回転展望台のレストランがある。

さすがタシュケント。娯楽設備も整っている。

メトロを降り、しばし歩いていくと、
前方に何やらゴンドラ(?)のような乗り物が見えてきた。
uzubeku-タシュケント

2~3人が立って乗れるというシロモノである。
普段とは違う視点から町を眺めながら移動できる交通手段として興味深い。

この乗り物の進行方向の先にタワーがある。
ということでこれに乗ってタワーまで行くことにした。

町を上から眺めるというのは気持ちの良いものである。
高々数m上に上がっただけだが、結構見え方は変わるものである。
繁華街の移動手段として考慮しても良いかもしれない。

さすがタシュケント。面白いものを持っている。

タワーが次第に近づいてきた。
と思ったら進路変更。
ここには遊園地のようなものがあるのだが、
どうやらこの乗り物はその外周を一周するもののようである。。。

で、また振り出しに戻り、歩いて向かう。
タワーの入口でパスポートチェック。
&滞在先のホテル名までチェック。
実はこのとき不法(?)滞在中だったので内心は穏やかではなかった。

なんとか無事に通過し、タワーから町を眺める。
なかなかの町の規模である。
展望レストランにも行こうかと思ったが、
それは夜景を眺めるときに来ることにした。

uzubeku-タシュケント
腹が減ったので昼食。
左がラグマン(この時はウイグル風だった)
右がシャシリク(肉の串焼き。羊肉が多い)
それにナンとチャイ。
これらが大体どこでも食べられるもの。これで300円くらい。


   ~時は流れて~


陽が沈みかけた頃、またしてもタワーに昇ることになった。
タシュケントに訪れる観光客は多くても、
このタワーに2度もあがる人はそうそういないはずだ。

uzubeku-タシュケント
中心部方向を眺める。
全体的に光量は少なめで派手さはないが
実際に見ると(写真だと微妙かもしれないけど)まあまあ良い。

uzubeku-タシュケント
展望レストラン内部。
案内された席は中心部とは反対側の席。
ここからの眺めは中心方向に比べてイマイチなので不満だったが、
まあ回転しているのでよしとしよう。

回転速度は、う~んちと遅い。
窓の外側には眺望を邪魔するかのような鉄骨の骨組み。
これだとあまり楽しめないぞ。。。

30~40分ほどして反対方向が見えてきた。
やっと中心方向が見れると思っていると、
通り過ぎたはずのカウンターがまた見えてきた。

あれ?
回転方向が逆になった???

う~む、どうやら半分いくと回転が逆になるようだ。
なぜ一回転させないんだ…

さすがタシュケント。訳わからんぞ。

真夏とはいえ、夜になると結構涼しい。
夜の散歩が気持ちいい。

公園を歩いていると噴水が見えてきた。

内陸国で、しかも砂漠の中のオアシス都市が多いので、
水を有難く思っている表れなのか
タシュケントに限らず、中央アジア諸国の町には噴水が多い。

uzubeku-タシュケント
中にはこのようにライトアップされた照明も。。。

さすがタシュケント。センスが感じられない…

宿に戻ると、カラマットアパが「マネー、マネー」と言って
宿代を徴収しに来る。
これしか英語は知らないようだ。

夜になるとアパのメイクが濃くなっている。
朝のメイクはインパクトに欠けるが(前ブログ参照)、
夜の姿は化け物である。
これを見て一日が終わる…
関連記事
スポンサーサイト
2007.10.17 Wed l 08:アジア:ウズベキスタン l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/37-e6df65f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。