上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
カザフスタン:アスタナ(2007年8月)
Kazakhstan : Astana (08/2007)
(地図は右のルートマップを参照)



カザフスタン共和国の首都アスタナ。

1997年にアルマティから遷都された。



そしてこの町のマスタープランを計画したのが、

前回の都知事選にも出馬した建築家:黒川紀章

彼の談話によると、

~~~~~~~~~~~~~~

元々ここには小さなアクモラという街があって、

昔は小麦を作っていた集積地の街である。

私はこれを全部残すところから始めた。

そして、そこに新しい都市を付け加えて、共生させる。



この都市を本当に22世紀まで持たせるためには、

農業しかない。だから農業を主産業とする新首都をつくる。

生態系を取り戻す。それが本当に自然と共生する都市である。

~~~~~~~~~~~~~~

と、ネット上で見つけた文章を要約するとそんな感じ。

ふむ、なかなか興味深いことを言っている。



「黒川氏は、アスタナを21世紀のエコロギー都市の

シンボルとして、デザインしてくれる」

なんていう、カザフスタン政府関係者のコメントもある。



ビシュケクから1200kmと遠いが、

これは見ておかなくてはと思い行ってみた。



カザフスタンの国土の多くはステップ(半草原・半砂漠)である。

バスは起伏のほとんどない道をひたすら北に向かう。

20時間後、ステップの中に突如としてアスタナが現れた。



アスタナとは、カザフ語で「首都」という意味である。

「首都」という名の首都。

カザフスタンの首都はどこ?

「首都」だよ。

う~む、安直で、分かりやすいような、分かりづらいような、

何はともあれ、その率直さにカザフスタンの意気込みを感じる(ウソです…)



とりあえず今一番アスタナでホットな場所を訪れることにした。

地図をもってないので、目標の建築の絵を描いて

現地人に見せて場所を教えてもらう。

名前はバイテレクというらしい。

いまカザフのTVとかでもここがよく放映されているようだ。



21世紀のエコロギー都市、

一体どんな感じなんだと期待していくと、そこには

カザフスタンーアスタナ1

こんなのもドーンと。大胆だ。


カザフスタンーアスタナ1

そして、こんなのもドーン、ドーン、ドーンと。


カザフスタンーアスタナ1

この時代になんとスターリンクラシック様式のものまでドーーーンと。


カザフスタンーアスタナ1

そして極めつけがこのバイテレク。


又聞きの話によると、

友人 「この塔は何の塔?」

工事関係者 「ただの塔だよ」

友人 「…」

さっぱり分かりません。



カザフスタンーアスタナ1

バイテレクの中には大統領の手形が!!

大統領が大人気なのか、

みんなバカなのか、

訪れた人はみんな有難そうに手形に手を乗っけている。



カザフスタンーアスタナ1

さらに夜景も素晴らしい



塔の中にこの辺り一帯の計画模型があった。

カザフスタンーアスタナ1



カザフスタンーアスタナ1



カザフスタンーアスタナ1

ピラミッドまであるぞ

どのあたりがエコロジー都市なんだ…

時代錯誤のような…



でもここまでやってくれると、逆に爽快である。

エコロジー都市はさておき、とにかく面白くて笑える都市である。

このような都市が他にも現れる可能性は低いだろう。



あまり調べてないから何とも言えないが、

とにかく出来上がっている町はテーマパークですね。

カザフスタンーアスタナ1



カザフスタンーアスタナ1



一応フォローをしておくと、

どうやらこの一帯の先に、農業と共生する場所をつくるようである。

(ネット上にあった計画図を見ると、そう読めなくもない…)
スポンサーサイト
2007.09.07 Fri l 07:アジア:カザフスタン l COM(4) TB(1) l top ▲

コメント

>このような都市が他にも現れる可能性は
>低いだろう。

狂気の度合いにおいてアシュガバートに匹敵
しますね。バカ度はあっちの方が優勢かもしれませんが....。

2007.09.07 Fri l 前科者. URL l 編集
>前科者さん
アシュガバート、最高に楽しかったです。
あのバカバカしさはアスタナを超えてますね。
至る所にバシュがいて(笑
またいつか訪れたいですね。
2007.09.20 Thu l 管理人. URL l 編集
いや~、写真びっくりです。

私は先日、念願の香港にいって、
にょきにょきに肝を抜かれてきましたが、
それを上回るものがありますね。

香港は日本のような中国のような。
言葉の壁さえなければ、日本の知らないまちにいるような感覚がしました。

足下の店と、ビルのにょきにょき達と、
新しいビルと、廃墟に限りなく近いタテモノと。
首が痛くなりました。
2007.09.20 Thu l さこ. URL l 編集
>さこさん
アスタナは香港とは違い、新旧の住み分けが行われていますね。
高層ビルの多さでは香港の方が上だし、
香港のような混沌とした感じはまったくありません。
香港の方が町としては成功しているでしょう、きっと。
こちらはある意味馬鹿げたもんですし…
2007.09.23 Sun l 管理者. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/33-46c9b32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TORi(トリ) / Vol.5 USED Modern Design from Finland ヴィンテージになったモダンデザイン・黒川紀章 埼玉県にもある設計作品・アスタナ ~黒川紀章よ…~ 黒川紀章 埼玉県にもある設計作品(埼玉県在住セドリーナのいろいろ...)それまでの機械的
2007.10.06 Sat l 建築様式がいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。