上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

アメリカ:フェアバンクス(アラスカ)(2009年9月)
United States of America : Fairbanks(Alaska) (09/2009)



デナリ国立公園を後にして、フェアバンクスへ向かった。

フェアバンクスでの目的はうまいサーモンを食べること、オーロラを見ることだけど、

夕飯にはまだ早い時間だったのでアラスカ大学に足を運んだ。



駐車場に車を停めて、キャンパスを歩いていると、

突然地平線にアラスカ山脈が見えた。

ちょうど昨日までいたデナリ国立公園のある方向だ。

アラスカ大学は高台にあり、所々視界が開けている。




少しの間デナリ国立公園でのことを思い出しながら

目の前に広がる平野とその先の山脈を眺めていた。

するといつの間にか、目の前の景色の先に

デナリよりもっと以前の光景が目の前に展開していた。

アラスカ山脈を見ているのだが、想いは遥かその先、

フエゴ島、南米大陸の南端だ。



パタゴニアの風の大地。

美しすぎる青い氷河。

果てしなく広がるアルゼンチンのパンパ。

海のような大河アマゾン。

一年中雲に覆われた最古の大地であるギアナ高地。

標高によって様々な表情を見せるアンデスの山々。

赤道近くの熱帯雨林。

メヒコの荒涼とした高原。

アメリカの砂漠地帯と大地の生き残りたち。

カナダの氷河とそれに削られたロッキー山脈。

極北のタイガとツンドラ。

そしてそれらを結ぶように点在する町と

そこで営みを送っている人々。



この景色を見たときにふとこれまでの道のりを振り返った。

南米大陸の南端から1年9ヶ月ほどかけて、

厳密には端から端ではないけど、南北アメリカ大陸を縦断した。

何十本ものバスを乗り継いで。最後はレンタカーだけど…



やっぱ地球はデカイ!!

ひたすらバスで来た甲斐があった。



確かに飛行機を使えば世界は狭く感じるかもしれない。

短時間であらゆるところに行けるようになった。

でも決して狭くない。やっぱ地球は広いなぁ。

それに旅の仕方によって、地球はいくらでも広さと深みを増してくる。

物理的にも決して狭くはないし、その広さを心理的により広げることができる

徒歩や自転車ほどではないが、バスの速度は辛うじて距離感がつかめる。

飛行機だと実感はないだろう。

飛行機からだと、距離をとってひとつの対象として見ている感じ。

それに比べバスは、その対象から距離をとって見るのではなく、

その真っ只中に身を置いて見ている感じ。



地球の大きさを測る自分なりのひとつの尺度を持つことができた。

だからどうしたと言われればそれまでかもしれないけど…

でもそれは単に位置的な距離感というだけでなく、

時間的なことであったり、もっと多くの尺度でもあるような気がする。

モノゴトは絶対的な尺度で測るのではなく、相対的な尺度で測るものだ。

人はそれぞれの尺度を持っている。

新たな尺度をもつことができたのは、より多くの見方・感じ方をもたらすことになり

きっと幸せなことなんだろうなぁ。



気候的にも文化的にも違う、ユーラシア大陸横断やアフリカ大陸縦断もやってみたい。

ユーラシア大陸だと、ヨーロッパ横断は大学時代に、

アジアも半分くらいは横断してるから、残るは中国の部分だけだな。

でもどうせなら一気に横断しないとなぁ。もう一回行こうかな。。。






さて、デナリ国立公園では圧倒的な存在感を誇っていたアラスカ山脈でさえも

ここからみると地平線から数cm盛り上がっているだけ。

それに空気層というか酸素のあるところって、

ほんとに地表のわずかな部分なんだなって思う。

たかが4~5000メートルあがるだけで酸素が半分くらいになってしまう。

こうして見ると、わずか数cmの空気層のおけげで生きていられるのだし、

地球の誕生から現在の多様な生物が生きていける環境が整ったことは

奇跡的な出来事のようにも思えてくる。



地球に生かされてるって思えば、それだけでありがたいこと。

せっかくなんだから小さなごたごたに惑わされず、もっと楽しまないと。

町での日常の生活に戻れば、そんなことは意識しなくなるけど、

少しの間でもそういうふうに思えたことは幸せなことかもしれない。

これからもこのことを心の片隅に。。。

関連記事
スポンサーサイト
2011.09.04 Sun l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/248-8e0a9b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。