上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アメリカ:デナリハイウェイ(アラスカ州)(2009年9月)
United States of America : Denali Highway (Alaska) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)



月明かりで山脈のシルエットが浮かび上がる。

あ~すごい景色なんだろうなぁ。



日が暮れてもなお車を走らせ続け、デナリ国立公園を目指す。

公園のキャンプ場は人気があり、予約しないと泊まることが困難であった。

運よく予約が取れたものの、そこまでの道中の景色が凄すぎて、

しばしば車を停車させていたので、日があるうちに公園に到着することができなかった。



ここはデナリハイウェイ。

アラスカ山脈と平行して走るハイウェイで、

本来ならアラスカ山脈の景色を満喫しながら

デナリ国立公園を目指しているはずだった。

しかしデナリハイウェイに入った時点でもう日が暮れていたので、

暗闇の中を進むことになった。



デナリ国立公園のキャンプ場行きのシャトルバスの予約は明日の朝6時。

(公園内は自家用車禁止。移動は公園のバスのみ)

このまま行けば2時か3時には公園につくだろうから、

公園まで行ってバスの出発まで仮眠を取ろうということになった。

そして深夜12時頃、運転を変わった。



道は未舗装で、所々陥没している有様。

車のライトだけを頼りにそれら障害物をよけなければならない。

まるでゲームをしているような感じ。

そしてムースなどの大型野生動物をはじめ、

動物もときどき道路を横切るのでそうそう気が抜けない。

ときどき北方と頭上の空を眺め、オーロラが出ていないかチェックする。



やっとのことでデナリハイウェイを抜けた。

もう午前2時をまわっている。

疲れはもうピークに達していたが、

同乗者はぐっすり寝ているし、

ここまでくればあと30分ほどで公園につくだろうし、頑張ってしまおう。



しかしこの判断が間違いだった。



舗装道路になって気が緩んだ。

カーブをまがる際にタイヤがややすべるような感じがする。

んっ、気のせいかな…

そしていくつめかのカーブに差し掛かったとき、

タイヤが白線の外側にあるギザギザ?デコボコ?

(何ていうのかな、日本でも高速道路にはあるやつ)

に触れた瞬間、急に車の進路が変わった。

(実はデナリハイウェイでタイヤがパンクしていたか、

あるいはかなり傷ついていてパンク寸前だった)



目の前にはガードレール。

ぉわ~ぶ・つ・か・る~

あわててハンドルを逆に切る。

しかし切りすぎた…

ぬお~、木にぶ・つ・か・る~

またハンドルを切る。

すごい蛇行運転になり、同乗者の叫び声が聞こえる…

あら、起きちゃった。。。そりゃ起きるよね。

とにかくまっすぐにハンドルを戻したいがもどせない。

あ~またガードレール~

正直、もうダメだと思った。



…この先一部記憶なし…



運よく茂みに向かったのか、意図して茂みに突っ込んだのか覚えてないけど

車は茂みに突っ込んで止まった。

ふぅぅぅ助かったぁぁぁ。



車線の片側がガードレールで、片側が茂みだった。

幸い、ガードレール方向ではなく、茂みだったので、

みんな怪我もなく、車の破損もほとんどなし。

時速7~80kmくらい出てた割には車のダメージは少なかった。

対向車にも迷惑かけずにすんだ。

真夜中だったから交通量も少なくてよかった。

っていうか真夜中まで運転してるからこういうことになったんだけど…

パンクしたタイヤのホイールがいっちゃったけど、

まああのスピードからしたらこの状態は幸運だ。



深夜にも関わらず通りすがりの人たちがみんなかけよってくれた。

車も茂みから出してくれた。

とりあえず最寄のガソリンスタンドへ。

パンクした状態で走ってたからホイールがガタガタなので、

時速10~20kmくらいしかだせない。

ノロノロと小一時間ほどかけてガソリンスタンドへ。夜が明けるのを待つ。

朝になり、近くの修理屋さんの連絡がつく。

タイヤを直して、とりあえず応急処置完了だ。



疲労がない状態だったら、

タイヤの違和感も、もっと気に留めていたかもしれない。

疲労がない状態だったら、

車の進路が変わったときに、もっと迅速に対処できたかもしれない。

反応が一瞬遅れたのは事実。



教訓

・旅程は余裕をもったものにしよう

・疲れたときは運転を控えよう

運悪きゃ死んじゃいますね

もうあんな思いはこりごり…

関連記事
スポンサーサイト
2011.08.18 Thu l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
真夜中にど田舎で事故とかって
下手すると日本ででも誰にも気づかれないまま死にますからね。
いやあ、想像するのも恐ろしい状況やなあ。
ほんま『イントゥ・ザ・ワイルド』にならなくてほんまによかったです。
2011.08.19 Fri l ゆいち. URL l 編集
No title
>ゆいちさん
ですね~
自分には起こることはないって思っていたことでも
十分に起こりえますね。油断は禁物ですね。
2011.08.21 Sun l 管理人. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.07.14 Sat l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/245-af83a8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。