上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アメリカ:アラスカハイウェイ・リチャードソンハイウェイ(アラスカ州)(2009年9月)
United States of America : Alaska Highway & Richardson Highway (Alaska) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)



アラスカハイウェイ

ユーコン州から再度アラスカに戻り、アラスカハイウェイを北上する。

途中でTokという家が点在するような小さな町に寄った。

特にこれといった産業があるわけでもなく、

いったいどうやって生活をしているのだろうと思ってしまうような町である。

でもそんな町でも人々は何だか悠々と振る舞っているような気がした。

そして背中には「Tok」という文字が入っていた。

自作のTシャツか、いいね~

その後姿を見て、なぜだか安心感を覚えた。



アラスカハイウェイ

どこまでも真っ直ぐなアラスカハイウェイ。

アルゼンチンのパンパを走っているときを思い出す。

変化に乏しくつまらないように思うかもしれないけど、

ここまでくると逆にその変化のなさが心地よく感じるときもある。



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ

こんな標識も。

バッファローに気をつけて。

轢かないようにではなく、轢かれないように・飛ばされないようにってとこが普通と違う。



アラスカハイウェイ

ついにアラスカハイウェイの終点であるデルタジャンクションに到着。



そのまま進んでフェアバンクスを目指すのではなく、

進路を南へ変更してリチャードソンハイウェイに入る。



アラスカハイウェイ

そこで見えてきたのは雪山。アラスカ山脈だ。

アラスカはまた違った姿を見せてくれる。

雪山をバックにした紅葉もまた素晴らしい。



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ



リチャードソンハイウェイからデナリハイウェイに入り、

その入り口の辺りで休憩をとった。

アラスカハイウェイ

旅行者とは明らかに違う人たちが談笑している。



Tokもそうだけど、この自然の厳しいところでも生活している人がいる。

なぜなんだろう。

もっと気候の穏やかなところで暮らせばいいのに…

などと思うのはきっと都会人の考え方。



中には出て行きたくても何かしらの理由により出て行けない人もいるかもしれない。

けれど、

山と共に、自然と共に生きていきたい、という想いが程度の差こそあれあるはず。



それは、東北の人たちの「海と共に生きたい」という想いと同じようなものかもしれない。

町の再建で「高台など津波のこない場所に移した方がいい」

という意見は都会人の論理だろう。

被災した漁師は「恐ろしかった」とは言うけど、

海への恨み言はなく、「海を見て暮らしたい」という人が多いようだ。

時には自然の脅威があることを承知の上で、

その土地の自然の恩恵を受けて生きてきた。



中にはアラスカパイプラインの管理とか、

工業に身をおいている人もいるかもしれない。

それでもこの土地で生活を続けている人は、

厳しいことも多いだろうが、

何かしらの自然の恩恵を受けていることだろう。



要は生き方。

どうやって生きていくか。



便利な生活がしたい、安全なところで生活がしたいとか、

仕事がどうの、プライベートがどうのとか、

そのような都会の人が考えるような次元のことではなく、

もっと根本的なところの、生に対しての信念のようなものかな。



都会以外の暮らしは自然と共にある。

そしてそこの人々は自然に対する諦念も持つ。

自然や天災の受け止め方が都会の人とは違う。

よって考え方も違ってくる。



世界には砂漠に住んでいる人もいるし、

人里離れた山奥に住んでいる人もいる。

多くの人が都会に出ていきたいというのに対して、

その土地に根を張る人もまた少なからずいる。



さて、どうやって生きていこうかな。

関連記事
スポンサーサイト
2011.08.16 Tue l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/244-7617684c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。