上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日本:京都(京都府)、吉野(奈良県)(2011年4月)
Japan : Kyoto(Kyoto), Yoshino(Nara) (04/2011)
(場所は右のルートマップを参照)



japan-narakyoto

見事な桜のトンネル。京都は鴨川沿いの歩道にて。



桜を見たのは、2007年に旅立つ前にインド大使館に行った際に見た千鳥ヶ淵の桜以来。

ちと所用があり京都に行った際に、2~3時間ほど川沿いをブラブラしてみた。

町の中心部にこのような散策路があること自体が羨ましい。



japan-narakyoto

ええなぁ。。。

京都は町のスケールが程よくて、

市民が気軽に歩いて訪れる距離にこのような空間があるのが良い。

ちなみにここでいう京都は、いわゆる京都人の言う京都。

まぁ外部の人が言う広義(?)の京都でもそれほど広範囲ではないから、好きやけど。



japan-narakyoto

一年のうちわずかな期間やけど、ホントに爽快。



japan-narakyoto

また来年が待ち遠しいわなぁ。

そういう気持ちにさせてくれるのも、これまた嬉しい。



japan-narakyoto

川沿いにある植物園にも寄ってみた。



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto

写真だと分かりづらいけど、桜吹雪が見事やった。



japan-narakyoto

少し寝っころがって見てたけど、

視界いっぱいに桜の花が舞う様は、それはそれは素晴らしい光景。

でもじーっと見入っていると、次第に焦点もぼんやりしてきて、

その先にある空の存在も忘れて、何を見ているのか分からなくなってくる。

そして無数の花が散って舞うその瞬間の姿は

物悲しくもあるような感じがしてくる。

なんて、ちょっとセンチになっちったかな…



japan-narakyoto



japan-narakyoto

他にももっと行きたいとこあったけど、それはまた次回ということで。






さて、桜といえば吉野。

明治以降全国に広まった染井吉野はうちの近所やけど、その本家の吉野。

一度は行ってみたいと思いつつ、まだ行っていなかった。

行けるときに行っておこうと思い、

関西には行ったばかりやったけど…また行ってきた。



japan-narakyoto

街中や公園のさくらしか見たことがなかったから、自然の中の桜は新鮮やった。



japan-narakyoto

なるほど、これが吉野かぁ。

このスケール感ね~



地図や写真では見てたけど、どうも自分の中で吉野のイメージが作りきれなかった。

自分の中で、その場所の位置感覚やスケール感、構成などなどを把握しておきたい性格。

いったん把握してしまえば、あとはニュースやテレビ、写真などでその場所が出たときにも

おおよそイメージが掴めるので納得できる。

ってそんなこと言ってるから、世界中周らないと気がすまないんだよなぁ。。。



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto

上千本は満開はまだ先で、中千本が満開を過ぎたところ、って感じだったから、

時期的にはちょっと外したかなぁ。

山の上の方はまだ咲いてないし、下のほうは葉桜になってしまってたから。

それでも十分見ごたえあったわ~



夜はライトアップもされてるみたいやし、

奥千本の方に歩いていくのも楽しそうやし、

そのまま熊野までも行けるみたいなので、

次回は何泊かして吉野を満喫してみたい。



また来年!! にも来れることを願って。。。

関連記事
スポンサーサイト
2011.05.12 Thu l 41:アジア:日本 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

さ く ら
>イメージだけでは満足せず行って確かめる
>自分で見、知ってすべてを把握しないとって
わかります~ ww

花見せず歴15年目
諸事情で帰国は秋冬に偏っていて
今年こそ桜見るぞと計画を立てたら
3/11の大震災!!!

無理して行くなと周囲は言うしそれに従う
自分だから 今年も桜に縁がありません で、
写真を見て記憶と重ねあわせて。美しいですね。

ひらひらと風に舞う花片の薄さが
たよりなくて哀しい それが日本人の
心情にピタリとはまるのだろうと思います。



2011.05.15 Sun l yoko. URL l 編集
No title
桜があって、それを美しいと思うようになったのか、
そういうものを美しいと思う心があったから桜が広まったのか、
どちらか分かりませんが、今ではなくてはならないものですね。
来年はぜひ春に!!
2011.05.18 Wed l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/240-a1a3e466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。