上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アメリカ:エルパソ ~ フラッグスタッフ(2009年8月)
United States of America : El Paso ~ Flagstaff (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



メキシコのシウダーフアレスのバスターミナルから、

アメリカのバス会社「グレイハウンド」のバスが

アメリカのエル・パソのバスターミナルまで運行していた。

それに乗り国境へ。

メキシコのイミグレで出国スタンプを押さなければいけないので、

乗り過ごしてしまわないように、注意深く車窓を眺める。

が、それらしき建物はなく、バスが停まったのはアメリカ側のイミグレ。

乗客が全員降りる。みんな毎日行き来している地元民なのだろう、

これといったチェックもなくアメリカ側に入っていく。

自分ひとりだけ、手続きのため取り残された形だ。



陸路でのアメリカ入国は結構厳しい審査が待っている。

それも出国の航空チケットをもっていないならなおさらだ。

入国拒否されることも珍しくはないようである。

係員は入国審査はあっちだ、といって指を差した。

なるほど、カウンターがたくさんあり、大勢の人が並んでいる。

しばらく様子を見ていたが、う~ん、これに並んでいたら1~2時間はかかってしまいそうだ。

それに日本人ならすっと通過できるはずである(空路入国なら)

面倒なので、先ほどの係員にどこでどうすればいいのか尋ねてみる。

すると、少し待っていなさい、と言い、他の入国待ちの人を相手にする。

それらみんなが通過すると、

並んでいる人たちを横目に、カウンターまで一緒についてきてくれた。



カウンターの人にならやら言い、

ここで手続きして、終わったらあっちでお金を払えばOKだよ、それじゃ良い旅を、

と言い去っていった。

ラッキー。並ばずに済んだし、入国もあっさりOK。

入国審査が困難になることが目に見えていたので、

予定表を作ったりして準備していたのだけど、それも使わずに済んだ。

このためにパスポートも増補ではなく、新しいものに切り替えておいた。

イスラム圏のスタンプとか含め、いろいろな国のスタンプがあると面倒だからね。



会計でしばし待たされる。

後ろの待ち合い室のようなところには多くの人がいる。人種も様々だ。

アメリカに働きに来た人たちだろう。みんな入国できるのだろうか。

働くための入国待ちのためか、みんな一様に表情が暗い。

これから先のいろいろな不安があるのだろう。



入国税?を払い、無事入国を果たす。

しかしメキシコの出国手続きをしていないのが気になる。

アメリカの入国が済んだのだから普通ならもう要らないのだが、

またメヒコには戻ってくるので、再入国の際にもめるかもしれない。

そこで橋を引き返し、またメヒコに戻る。

こちら側にはメキシコのイミグレはないので、

車線を越えてメキシコの入国の方のイミグレに向かう。



しかし即刻兵隊さんに呼び止められる。

そりゃこんなところでうろちょろしていれば当然だ。

事情を説明し解放してもらう。

そして少し進むと、また兵隊さんに捕まる。

また事情を説明して解放してもらう。

残念ながらイミグレはすでに閉まっていた。

が、警備員に事情を説明して、係員を呼んでもらった。

係員によると、あら出国手続きはいらないわよ~と笑顔。

若干不安は残ったが、まあそういうことならいいだろう。

外見や話し方からして、しっかりしている印象を受けたので、信頼しよう。



乗ってきたバスはとっくにバスターミナルに向かってしまった。

歩いてバスターミナルまでどのくらいかかるか聞くと、1時間くらいとのこと。

時間は夜12時近い。

昼間ならともかく、国境付近をこの人気のない暗闇を1時間も歩くのは、自殺行為だろう。

アメリカでタクシーなんて使いたくないが仕方ない。

15ドル払い、バスターミナルへ。



グレイハウンドの2ヶ月間乗り放題のフリーパスを買う。

これはアメリカ、カナダ、そしてメキシコの一部で利用可能なので、とても便利。

バスチケットは早割りで最大50%OFFで買えるのだが、

3週間前に予定を決めなければならない。

そんなのは無理である。もはや事前に予定を決めるような旅は出来なくなっている。

そのときそのときで行きたいところに行く。



アメリカはやはりこれまでのラテンアメリカとは雰囲気が違った。

まだ入国したてで慣れていないせいもあるだろうが、緊張感を必要とする。

ホームからアウェイに突入した感じだ。

別に悪人なわけではないのだけど、発する雰囲気が違う。

またカナダとの国境ではなくメキシコとの国境の町ということもあるだろう。

様々な人が出入りしているところである。



始発のくせにバスは1時間半も遅れてやってきた。

朝、アルバカーキで乗り換える。

しかし予定時刻を大幅に過ぎてもバスはやってこない。

同じ列の人に行き先を確認しているから、乗り場を間違えたわけではない。

しばらくしてアナウンスが入った。

それにしてもネイティブの英語ははっきり言って何を言っているのかさっぱり分からない…

どうやらバスは違うプラットフォームにいたらしく、もうアルバカーキを出発してしまったらしい。

アナウンスが出発ゲートを言い間違えたのかは分からないが、

バスを待っていた人全員が乗れていないのだから、グレイハウンド側のミスだろう。

エルパソからのバスの遅れといい、

グレイハウンド、ダメじゃん。

united states

ちなみに車体の質もさほどではない。ラテンアメリカ諸国の中程度のバス並み。



しばらくしてバスは戻ってきた。

united states

バスはアリゾナの大地を西に進む。

西部の開拓、フロンティアスピリット、ゴールドラッシュ etc..

もうそんな時代はとうに過ぎ去ったわけだが、

何となく西へ進むことにある種の意味のようなものを感じる。

アメリカの言う「フロンティア」とは実際には「インディアンの掃討の最前線」であったようだが…



ちょうどアルバカーキからフラッグスタッフは、現在では廃線となっているが、

南西部の発展を促した重要な国道ルート66の通り道である。



united states

この辺りは19世紀半ばまでメキシコ領だった。

しかし、昨日通ってきたメキシコとは風景が違う。

このあたりは連続している地形なので、自然風景は似通っているのだが、

インフラの質も違うし、車や家屋も違う。



united states

大陸を行きかう列車は何十両も連ねる。



united states

途中休憩で立ち寄る店は、ほとんどがセルフサービス。

しかしさすがアメリカと言っていいのか、ホットドックは美味かった。



united states



目的地フラッグスタッフに到着。

この町自体はこれといって何があるわけではないのだが、

グランドキャニオンやセドナへの拠点となる町である。



united states

芝生はきちんと整備され、フィットネスのために人々が集まっている。

それにしても現代というか都市では汗のかき方が昔とは違ってきたものだ。

昔、ほとんどの労働は汗を流すことだった。

しかし今では労働は時間を費やすことに変わり、

健康維持のために都会ではフィットネスが行われている。

身体活動量の少ない生活は心身の状態を悪くし病気を発生しやすくする。

様々な発展により、いろいろな作業が効率よくなり軽減されたが、

そのために新たな作業を必要としている、何とも皮肉な話だ。

労働の種類や内容が昔の方がいいというわけではないが、

そこにはもう少しバランス感覚が必要だろう。



united states



united states



united states



united states



united states

車道も歩道も整備され歩きやすい。街灯のデザインや広告の扱いにも関心が払われている。



united states

なぜここに…



united states



町全体にのんびりとした雰囲気が漂っている。

それほど大きくない町だが、この町では忙しなさとは無縁のような感じだ。

居心地のよい町だ。

人々の気持ちがゆったりしていれば、それは行動にも表れる。

例えば道路を渡ろうとすれば車はほとんどが止まってくれる。

大都市だとそうそう止まってはくれない。

うまく会話が進まないときでも、伝えよう、聞こうという意思が伝わってくる。

大都市だと「なんだ英語話せないのかよ」って感じで嫌な表情をされる。

もちろん一概に大都市では、とは言えないけど。

ちなみにラテンアメリカではこちらの言うことを聞こうとしてくれる人が圧倒的に多い。

少しでも話せれば「お~スペイン語うまいな」って感じだ。



人が町の雰囲気をつくる。

町の雰囲気が人を育む。



united states



united states



united states



united states



united states


多くの家に屋根のある玄関(ポーチ)がある。

アメリカの住宅のポーチは入口であるだけでなく、居間の延長のような働きをしている。

居間から外に出て通りや庭を眺め、あるいはのんびりと過すことが主目的である。

そしてアメリカでも西部にいくに従って、

ポーチは人の待つところでもあり、人と出会うところでもあるようになる。

アメリカの民謡で遠い西部の地を放浪する若者が歌うのは、

ポーチに座って自分の帰りを待っているであろう母親の姿だそうだ。



ポーチにはイスやテーブル、ベンチがある。

このベンチのついたポーチは、

アメリカの西部開拓時代が終わり、フロンティアが消滅した時代に、

郊外住宅、あるいは週末住宅として好まれた。

そこにはフロンティア、大自然への憧れがある、と歴史家は見ているようだ。



united states



united states

ちなみにユースホステルへの送り迎えはこのアメ車。

こんな車でアメリカを飛ばすのも悪くないな。

関連記事
スポンサーサイト
2010.09.23 Thu l 33:北米:アメリカ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/222-9d70fc3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。