上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
グァテマラ:サン・クリストバル国境 → グァテマラシティ
       → アンティグア → テクン・ウマン(2009年8月)
Guatemala : San Cristobal Frontera → Guatemala
       → Antigua → Tecun Uman (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



エルサルバドルのサンタ・アナを出発しグァテマラへ入る。

Guatemala

入国審査官もフレンドリーで、幸先よいスタートだ。



Guatemala

グァテマラは太平洋とカリブ海に面しているが、国土の大半は山地からなる。

グァテマラの語源は諸説あるが、有力なのはインディオの言葉で「森に囲まれた土地」



国境からバスでグァテマラシティに向かう。

車窓から長閑な風景を眺めていると、

向かっているグァテマラシティの治安の悪さが想像つかない。



グァテマラシティは、中南米でも治安の悪さで有数の都市である。

中米はどこも首都の治安が悪いが、ここグァテマラも例外ではない。

どこも内戦など状況が安定してない状態がつい最近まであったのだから、

困った人たちが大都市である首都に流れ込んでしまう。

グァテマラもつい10年ほど前まで内戦が続いていたようである。



さて、グァテマラシティに到着。

グァテマラはゆっくりと周りたいところだけど、

とりあえず今はアラスカに向かって先に進まねばならない。

治安の悪いグァテシティは避けて、

近くの治安の良いアンティグアへ向かうことにする。



何とかアンティグア行きの市バスに乗り込む。

夕方で、アンティグアに戻る人が多いのか、バスはかなり込み合っている。



ホッしてのんびりと外の景色を眺めていると、

「パンパン」と乾いた音が響いてきた。

もしや銃声?

周りの乗客の反応を見ていると、どうやら銃声のようである。

いくら治安が悪いって言っても、そうそう銃声なんて聞くものではない、よなぁ。

怖いところに長居は無用である。



アンティグアに到着したとき、あたりはもう真っ暗だった。

ちょっと不安だったけど、バスを降りてその不安は杞憂に終わった。

夜でも雰囲気がいい。治安が悪くないことが感じ取れる。

でもなるべく新しい町には明るいうちに着きたいものだ。



ペンション田代の様子。

Guatemala

快適な個室。LANケーブル付き。



Guatemala

屋上にあるキッチン。



Guatemala

壁には周辺の情報がたくさん。



Guatemala

屋上からの景色も良い(写真を撮ったときはたまたま雲ってたけど…)

火山の噴煙の様子も見えた。






Guatemala

アンティグアの象徴(って勝手に思ってる)アグア火山。



Guatemala

植民地時代の建物も多くの市民に使われ続けている。



Guatemala

道は広く、建物も低層(平屋が多い)なので、空が広々と見える。



Guatemala



Guatemala

中央公園はたくさんの人で賑わう。



Guatemala

中央の噴水… 真面目なんだかふざけてんだか。



Guatemala

欧米人ツーリストは日向を好み、地元の人は日陰を好む。



Guatemala

グァテマラというと鮮やかな民族衣装を思い浮かべるが、



Guatemala

人口の6割を占めるラディーノ(ヨーロッパ系と先住民の混血)やヨーロッパ系は洋服。



Guatemala

市場付近はいつも込み合っている。



Guatemala

アンティグアには雰囲気の良いカフェが多い。

多くの欧米人旅行者向けに開いたのだろう。



Guatemala

ケーキも美味しい。



Guatemala

決して安いわけではないが、このあたりではかなりのレベルなので、ついつい…



Guatemala

カラフルな市バス。



Guatemala

カラフルと言えば、フライドポテトのソースも。。。






Guatemala



Guatemala






さて、時間がないので先に進むことにする。

目指すはメヒコ。

国際バスが手っ取り早いけど、やはりローカルバスを乗り継いでいく。

まずはグァテシティに出て、一気に国境の町を目指す。



いきなりグァテシティで変な所で降ろされる。

本当にこんなところでバスターミナル行きのバスが拾えるのか、

って思ったけど、案の定拾えなかった。

幹線道路上でバックパック持ったままうろちょろしたくはない。

昼間といえどもグァテシティは油断がならない。

とりあえず近くのショッピングセンターらしきところに逃げ込む。

尋ねたところ、どうやらタクシーしかなさそうである…



バスターミナルに着くと、一台のバスが出発しかけていた。

国境に行くのかと聞くと、行くという。

念のため近くの人にも聞くと、それに乗れという。

何となく客引きの雰囲気がイマイチ信用できなさそうな感じではあったが…

えいっ、乗ってしまえ。



おんぼろのバスは停車を繰り返しながら、国境の町へ向かって走り続けた。

いつ着くのか良く分からなかった。



日が暮れた頃、バスの客引きが何か言うと、急に乗客が慌しくなりはじめた。

一斉に乗客が降り始めたりして、急に状況が変化したような感じを受けた。

尋ねると、今日は○○に行かなくなった、と。

「えっ、要は国境には行かないってこと?」

「そうだ、ここで降りてバスを乗り換えろ」



さすがラテンの国だ。理由はさっぱり分からん。

急いで降りる。

ここがどこの町かも分からない。

「ここで待ってればバスは来るよ」と言い残し、バスは去っていった。

確かにたまにバスは通るが、どのバスも国境へは行かないという。

道行く人に尋ねても、答えはてんでバラバラ。



目の前の、客がひとりもいない中華料理屋に入る。

バス乗り場を訪ねると、確信はないけど、あっちだと思うという答えが。

「ちなみに、このあたりは危険?」と尋ねると、

「うん、少しね」と何故か笑顔で答えた。

うん、じゃね~だろ。でも冗談でもないらしい。



こういうとき、ひとりだと心細いものだ。

とりあえず言われた通りに行ってみる。

途中で屋台のタコス屋を発見。メヒコに近づいたってことかな。

食えるときに食っておこうと思い注文する。

う~ん、イマイチ…

早く本場のタコスを食いたい。



店の人にバス乗り場を聞くと、2ブロック先の交差点あたりで待ってなよ、とのこと。

同じような答えが続くと信憑性が出てくる。



本当にこんなところに来るのかなぁと思いつつ、しばし待ってみる。

あまり明るくはないけど、人通りも多少はあるし、まあそんなに危険でもなさそうだ。

でもバスは一向に来ない。

数ブロック先にはたまにバスが通り過ぎる姿が見えるんだけど。

う~ん。



しばらくすると近くに一組のカップルが来た。

ひとりはスクーターをもっているけど、

どうやら彼らもバスを待っているような雰囲気。

仲間だ!!と思い、バスを待っているのかと尋ねてみると、

そうだという。そのバスは国境に行くのかと聞くと、行くという。

いや~地元の仲間もできたし、これでひと安心。

とうやらここで良さそうである。



でも一向にバスは来ない…

突然、彼らが動き始めた。

「どうしたの?」

「あっちだ。あのバスだ」って。

どうやらここで待っていてもダメで、

先ほどから何台か見えていたバスに乗るようだ。

彼らはスクーターで向う。

こちらも置いて行かれまいと懸命に走る。



何とかバスに乗り込み、運ちゃんに行き先を聞く。

国境だ。ふ~、良かった。

カップルも男の人だけがバスに乗りこんでいた。

そして真っ暗な道をバスは進んでいった。



町には21時過ぎに到着した。

もう国境は開いてないかもしれないし、何より、町に人気がない。

ここで泊まろうと思い、運ちゃんに宿はどの辺か尋ねると、

「彼のところが宿だよ」と近くにいた人を指した。

客引き?っぽくはないけど、客引きなのかな。

値段もそう高くはなかったので、付いて行くことにした。



部屋にはテレビがあったのでつけてみると、

インディージョンズが、続けてバックトゥザフューチャーをやっていて

つい見てしまった。

寝不足のまま朝を向かえ、国境に向かった。






Guatemala



出国の際に、係員が「10ケツァール」と言ってきた。

「何のお金?」

「タックスだ」

「大使館に聞いたら、何も払う必要がないって言ってたよ」

(実際は聞いてないけど)

「・・・ もういい。行けっ」って感じで手を動かした。

な~んだ、やっぱ賄賂か。

値段にしたら1.5ドルくらいだけど、必要ないものは払いたくない。



Guatemala

メヒコとの緩衝地帯。この橋を渡ればメヒコだ。



Guatemala

ここも国境は川だ。

でもここに住んでいる人たちにとってはほとんど国境なんて関係ないのだろう。



Guatemala

さっ、ついにメヒコだ!!

スポンサーサイト
2010.09.19 Sun l 31:中米:グァテマラ l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
WOO, お祝いの言葉ありがとう
そしてだいすけ君もおめでとう!
今年は、みんなに祝ってもらえたでしょうか
日本はどこに行かれたのですか、こちらは海外なので
国内での旅の成果も楽しみにしていますが
職活の準備も がんばって下さい。

グアテマラ横断はサスペンスぽくって次に何が起きるのか、、!と、
ドキドキしながら一気に読んでしまいました
(何もなくって良かったんですけどね ホントに)
初めての土地で一人というのは考えだすと怖い妄想がわいてきそうですが
人っていろいろな土地でどんな環境にでも適応できるのだなって思いました。
2010.09.19 Sun l yoko. URL l 編集
懐かしい感覚
こんな移動の感じ、懐かしいです。
訳の分からないところで降ろされたり、それでまた、周りの人も当てにならなかったり・・・
2010.09.19 Sun l なへむら. URL l 編集
No title
>yokoさん
国内は北関東と東北です。できれば西も行きたい。。。
事前になんだかんだ考えていても、行っちゃえば何とかなるし、ある環境にしばらくいれば、その環境が特別なものではなくなりますよね。
複数人いれば何とかなるということもないけど、気持ちの問題ですね、心細いとそれが行動にも影響しちゃうし。

>なへむらさん
事故の傷は回復したのでしょうか。
そういえば一緒だったイシク・クルでももめましたね(笑
2010.09.20 Mon l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/220-5221b199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。