上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ニカラグア:レオン(2009年8月)
Nicaragua : Leon (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



nicaragua

中米の国々では、車のナンバープレートに国の形が描かれている。



ニカラグア第2の都市レオン。

こちらもグラナダ同様、スペインのレオンにちなんで名づけられた。



nicaragua

中米最大規模のカテドラル。

噴水の前にはライオンの像が4体。

レオンとはスペイン語でライオンのことだが、

スペインのレオンはライオンとは関係ないらしい…

「軍団」を意味する「レヒオン」が語源で、

それが訛ってレオンとなったようだ。


nicaragua

広場には緑があふれ、多くの人が利用している。



nicaragua

人々は木陰で休み、



nicaragua

おしゃべりを楽しむ。



nicaragua

メルカドには豚の貯金箱をはじめ、たくさんの野菜や果物がならぶ。



nicaragua

もちろん肉も。



nicaragua

外の仮設の売り場にもたくさんの果物がならぶ。



nicaragua

靴の修理をしているおっちゃんも、果物は大好きだ。



nicaragua

食堂街には海の幸や山の幸をふんだんに取り入れた料理がならび、

いい匂いをはなっている。



nicaragua

乗れる物には何でも乗り、



nicaragua

買い物に繰り出す。



nicaragua

このように他の都市と同じようにのんびりとした空気が漂い、

一見、特にこれといった際立った特徴はないような町だ。






しかし他の町に比べると壁画の多さが目に付く。

nicaragua

中でも革命関係が多い。

レオンは19世紀半ばまでニカラグアの首都として、軍事、文化、宗教の中心地として栄え、

先駆的な働きをしてきた。



20世紀後半に起こったサンディニスタ革命も例外でない。

nicaragua

サンディーノの理想を継承したサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)



nicaragua

アメリカ合衆国の侵略に対抗し闘ったアウグスト・セサル・サンディーノに因むもの。



コントラ戦争(日本では第二次ニカラグア内戦と呼ばれることも多い)は

サンディニスタ革命政権の政府軍とアメリカ合衆国が組織した反革命傭兵軍コントラが戦った内戦である。

ニカラグアの第二のキューバ化を恐れたアメリカ合衆国のレーガン政権からの敵視・干渉政策が原因。

争いにはアメリカの存在がよく見え隠れする。。。



ちょっとした広場の壁の2面を使って、ニカラグアの歴史絵巻のようなものが描かれていた。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua

これを見ていたら、おばさんが勝手に説明を始め、

終わったらガイド料を請求してきた…



nicaragua

最後になってようやく人の姿が出てくる。

多くの内戦や各国の干渉からやっと解放されたんだね。



伝統・伝説博物館にもいろいろ描かれていた。

ここは1979年のサンディニスタ革命までは監獄として使われていたようだ。

nicaragua

手づくり感満載の人形。


nicaragua

歴史的な衣装や風俗、生態系などの展示と、監獄の様子が一緒に眺められる。



nicaragua

すごい取り合わせだな…



nicaragua






革命関係以外も。

nicaragua

夜に通った食堂。



nicaragua

工事関係の道具屋さん。



nicaragua

歯医者さん。



nicaragua

宿の壁にも。



nicaragua

コーラ看板ももちろん手描き。



小物にも。

nicaragua

昼に通った食堂。



nicaragua

店への案内板。



nicaragua




nicaragua



そして、しばし見かけたのがこの車。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



このような手描き、そして手描き風のものが町中で見ることが出来る。

手づくり感覚あふれる、よそよそしくないこの親しみやすさが

町との距離を縮めてくれるようだ。

関連記事
スポンサーサイト
2010.07.21 Wed l 28:中米:ニカラグア l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
イイネエ!手描きの看板
思想的なペイント群
うちの塀の外に時々描かれてしまうストリートギャングの落書きは
迷惑だけど こういのが当然のように消されずに残っている社会っていい。
金をかけただけの詐欺的なコマーシャルよりも、こういう人々の生活する温度を感じる社会であって欲しい。
子供の頃には東京にも こんなのがありました 『貸間あります』『仕立て物いたします』って。
2010.07.27 Tue l yoko. URL l 編集
No title
>yokoさん
いいですよね~、何だか伝えようという気持ちも伝わってくるし。
上手くて見栄えがよければいいってものでもないですよね。
人々の生活する温度を感じる、まさにそうですね。
2010.07.28 Wed l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/217-df55e6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。