上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ニカラグア:グラナダ(2009年8月)
Nicaragua : Granada (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



朝方はうっそうとした濃い緑を見下ろしていたが、

次第に軽やかな黄緑の草原が横に広がり始めた。

高原地帯にあるコスタリカの首都サン・ホセから

バスは山道を一気に下ってきた。



国境を越えニカラグアに入ると、

何十、何百という、白いスリムな風車が並ぶ先に

裾野の緩やかな曲線が美しい山が見えてきた。

アンデス山脈沿いに長くいたので、

久々に見る単独の山だ。

左右対称な裾野の前には大きな湖が横たわっている。

湖はその優美な山の姿を綺麗に湖面に映す…

というほどきれいな水ではないのが残念だが、

なかなか堂々とした景色が車窓に広がる。



中米最大の湖であるニカラグア湖の湖畔に、

目指す町グラナダはある。

グラナダは1524年、フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバ

という人により創設され、スペインの都市グラナダにちなんで名づけられた。

ちなみにニカラグアは、

当初はスペイン人征服者に対して抵抗運動を起こしていたが、

後にキリスト教に改宗して布教につとめたインディオの族長ニカラオの

名にちなんでつけられた(ニカラオの地)。



バスターミナルではなく、バス会社のオフィス前でバスは停まった。

周りを見渡すと低層の住宅が軒を連ねている。

どこにいるのか良く分からないので、

とりあえずセントロ(中心部)の位置を聞いて向かうことにする。

2つ3つ宿をあたり、中庭のハンモックが気持ち良さそうな宿に決める。

宿のおばちゃんに安くて美味しいオススメの食堂を教えてもらい、

そこに直行する。



もう昼時を過ぎていたので、店内は閑散とし、従業員も食事をとっていた。

カウンターに並んでいた料理の中からメインを選び、近くの席に着く。

「そこじゃなくて、こっちに来なさいよ」

と、おばちゃんがファンの真下の席を指差し、ファンのスイッチを入れてくれた。

上から若干温かみを帯びた風が吹き付ける。

やっとひと息つく。



ふうっ、それにしても暑い。

8月は雨季真っ只中。

高温多湿のこのまったりとまとわりつくような空気は、

高原都市のサン・ホセから来ると一層際立って感じられる。



nicaragua

メインの肉より付け合せのバナナの方が圧倒的に多かった昼食。



メルカド(市場)あたりをぶらついてみる。

暑く湿った空気のためか、人々に覇気のようなものがない。

町行く人もどこか気が抜けているような感じだ。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua

子どもは元気だけど。



nicaragua

中央の広場には木がうっそうとしている。

その足元には必ずといっていいほどベンチが置かれ、

人々がまったりと過している。



nicaragua

売り込みもしないで、来る人のみを相手にするおばちゃん。



nicaragua



nicaragua

昼下がりの住宅街は人もまばらでとても静か。



nicaragua

日本でいうと縁側のようなところかな。

暑い日中は風通しのよいところでのんびりっ。



nicaragua

昼下がりにはこのように昼寝している人が目に付く。

まぁその気持ちはよく分かる。



でも、郵便局は2時半で、博物館も4時で閉めるって…

仕事をする気が起きないのは分かるけど、

早すぎないか…



って思ったけど、この感じ…



うん、悪くない。

背伸びしない等身大の姿がそこにあるような感じ。

組織に属する者も属さぬ者も。



単にゴロゴロしたいからゴロゴロしている、

ボーッとしたいからしているのかもしれない。



一見なまけているように見られるかもしれない。

なまけるというのは「すべきことをしないこと」。

彼らは社会的(勤勉な風潮が支配する社会)には

なまけてると受け取られるかもしれないけど、

自分(たち)のペースに従って自分なりに生きている。



となると、自分に対してはなまけていないんじゃない、とも思える。



もちろんこの町にも暑い中、勤勉に働いている人も見かける。

でも勤勉でなければならないというような、

ここの社会をひとつで覆っているような風潮は存在しないような気がする。

もちろん一介の旅行者に何が分かるってものでもない。

いろんな考えに基づいて生活してもいいんじゃんって、

単にそんな空気を感じただけ。



あまりにもバラバラだと社会は成り立たないかもしれないけど、

ある程度は容認してくれてもいいんじゃないかなぁ。



夕方、暑さが少し和らいでくると、広場や通りに人が増え始めた。

子どもたちの遊び声も大きさを増してきたような感じだ。

商店街にも屋台が並び始め、通りは活気を帯び始める。



さて、今日の晩飯は、っと。

中米にはGallo Pintoという豆と共に炊き込んだ赤飯がある。

中米ならではの料理だから食っておこうと頼んだら、

nicaragua

米とトルティーヤ(とうもろこしをすり潰してつくった薄焼きのパン)

う~ん、炭水化物に炭水化物かよ…

メインはどこいった~

「メインが肉や魚とは限らないぞ、米の場合もある」



いろんな考えがあるもんだ。



nicaragua


関連記事
スポンサーサイト
2010.07.15 Thu l 28:中米:ニカラグア l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
いつのまにやら還ってきてたんか^o^♪
しらんかったなーーー。

こないだタコスらしきものを日本で食べた、
何かが違うって思ったらトルティーヤだった。
やっぱりメヒコで屋台で食べたいと思った、
嗚呼あのサルサがやっぱり恋しい。
2010.07.15 Thu l まをぅ. URL l 編集
No title
雑然とした市場って好きだな~。旅してるって気分になる。

てかさ~プロフィールの写真ってどこ?
空が絵の具で描いたみたいで綺麗。
2010.07.17 Sat l なつみ. URL l 編集
No title
>まをぅさん
ただいま~、そしておかえり~
日本の生活には慣れたかな?
あの屋台のタコスは日本ではそうそうないんじゃない。
自作しようよ。英市くんたちが東京で店だしてくれればねぇ。

>なつみちゃん
雑然とした感じは日本では少なくなったから、
非日常感があるのかなぁ。
プロフィールの写真はブラジルのジェリコアコアラだよ。
2010.07.19 Mon l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/215-9c0c9a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。