上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペシャワールは居心地の良い町であるが、ここは危険な場所でもある。
到着した日には中国人が3人殺されたようだし。
まあまともなことをしている人たちではないようだけど。

ペシャワールの別の側面をのぞいてみた。
ババジイというおじいちゃんと一緒にいろいろなところに行った。

まずはアフガンバサールへ。
ここはみんなアフガニスタン人が運営していて、
ペシャワールが国境の町だということを実感させられる。

アフガン難民キャンプを横目にしながら(もうここにはそんなに住んではいないようである)
難民キャンプ
次は、朽ち果てたビルへ。階段を上り、黄ばんだ背表紙のビデオが
1000本くらい棚に並んでいる小さな部屋に通された。
カウンターに隠れるように男が一人(別に隠れていたわけじゃないけど)

まずは偽札を見せてくれた。
アメリカドルに、パキスタンルピー。
良く見ると若干印刷がにじんでいるような感じ。
100ドルを2000円で買わないかと言われたけど、これだとちょっとバレそうだよ...
次はヘロイン。1kgがパキスタンでは3000ドル、それをアメリカにもっていくと
50000ドルになるようだ。ボロ儲けだね。
ここでは他にも、クレジットカード、パスポート、学生証など、いろいろ作っているらしい。
何か欲しければ2時間で作るよ!って。
さすがに作っているところは見せてくれなかったけどね。

銃の工場へ。アメリカ製の銃を手作りでコピーしている。
みんな黙々と手を動かしている。
こーいう技術力を他のところで生かせばいいのに…なんていらぬことも考えてしまう。
でもこのとき頭の中はもう銃を撃つことで一杯。
銃工場

銃工場
で、早速撃たせてもらった。
まずは拳銃。テレビの刑事ドラマのように片手ではちと無理。
両手でしっかり押さえてたけどかなりの衝撃。
的には当たらず…
次はレミントンのようなライフル銃。
ずっしりとしたライフルを構えると、おーーー何だか気分が高ぶってくる(マズイマズイ)
これまたすごい衝撃だった。残念ながら弾は的のわずかに上。

ギンギラバスをつくっている工場へ。
パキスタンではこのような派手なトラックやバスがたくさん走っている。
なんでこのような装飾をしているのかは不明。
聞いたけど「好きだから」みたいなことを言っていた。。。
ギンギラトラック

ギンギラトラック

自転車まで…
ギンギラ自転車
関連記事
スポンサーサイト
2007.07.28 Sat l 04:アジア:パキスタン l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/21-b4361a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。