上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パナマ:サン・ブラス諸島(2009年7月)
Panama : Archipielago de San Blas (07/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



panama

パナマ北東部のカリブ海沿岸からコロンビア国境にかけて、

350以上の島々が散らばっている。

5万人ほどのクナ族が住んでいるサン・ブラス諸島である。



panama

このような小さい島がいくつもある。



panama

島いっぱいに家が立ち並ぶ。



panama

中には家が2軒だけとか、



panama

こんな小さな島もある。



panama

マンガに出てきそうな感じの島だ。






panama

海もきれいで、透明度もなかなかのものである。



panama

いろいろな魚が泳いでいる。



panama



panama






panama

もちろん漁は盛んで、

今日はこれだけ採れたんだと、多くの魚や蟹、ロブスターなどを見せてくれた。



panama

そんなわけで夕食はもちろんロブスター。






panama



クナ族は何者からも干渉を受けず、島々と本土にも土地をもち、

350の島の内、実際に人が住んでいるのは40あまりという。

ほとんどの島には電気も水道もなく、

料理や洗濯に必要な真水は本土の川まで汲みに行くという。

この本土の土地には畑や墓地もつくられていて、交替で世話をしにいく。

島には墓地はつくらないそうだ。



panama



panama



panama



クナ族の女性が複雑にステッチした鮮やかなモラと呼ばれるタペストリーがある。

正確にはクナ族の女性の伝統衣装のブラウスの胸と背中の部分のことのようである。

16世紀にスペイン人が到着する前からパナマに住みついていた先住民族のクナ族は、

独自の文化を大切に守ってきた。

チブチャ語とクナ族の芸術的な技術の伝統は世代から世代へと受け継がれている。






panama



panama

家も住民がみな手伝いあって完成させる。

材料はもちろん現地調達。






panama

雨季ということもあり天候はそれほどよくなかった。

でも自分のいる島の上だけはなぜか晴れていた。

本を読んだり、海に入ったり、島内をブラブラしたりして、

ゆったりとしたときの流れに身を任せた。



ここでは文明の力をほとんど必要としないで生活が営まれている。

衣食住、ほとんどのものが現地調達。

ほんの数日間の滞在なので、何か分かったようなことは言えないけど、

帰るときにこう思った。



また来よっと。

関連記事
スポンサーサイト
2010.02.28 Sun l 26:中米:パナマ l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

いいねぇ~
久しぶりです、クエンカでなんちゃってアヤワスカ&サンペドロを共有したじゅんこです。10月くらいにカリブ、中米、ギアナ高地に行く予定です~。ダイビングメインで考えてたけど、島もよさそうだねぇ~~~!こないだ渋谷でボーズと飲んだんだけど、だいすけ君の話も出ましたw 
2010.03.07 Sun l nya guevara. URL l 編集
No title
>じゅんこちゃん
10月かぁ、その頃はまだ雨季だね、きっと。
11月くらいにずらした方がいいんじゃない?
やっぱ島とかは晴れてないとね~
サンブラスは良かったよ~
ボーズ・・・、相変わらずボーズなのかな。
2010.03.28 Sun l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/207-da0aa169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。