上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エクアドル:オタバロ、ペグーチェ、サン・パブロ・デル・ラゴ(2008年9月)
Ecuador : Otavalo, Peguche, San pablo del Lago (Sep/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



オタバロとその周辺の村々には、改装したアシエンダをはじめ、

個性的な宿が点在している。



ちなみにアシエンダとは、ラテンアメリカのスペイン領植民地だった地域で

17世紀以降に成立した伝統的な大農園のこと。

大土地所有制に由来する不平等や非効率の問題は解決されないまま残され、

現在に及んでいるようだが、ここでのテーマではないので割愛する。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ







colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

山の斜面に建てられたカラフルな宿。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

部屋や機能毎に色分けされている。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

シャープな直線はほとんどない。

丸みを帯び優しい印象を与える。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

テラスに置かれていたガスストーブ。

これ以降所々で見かけたけど、ここで初めて見た。

そこまでして外にいたのかなぁって思ったけど、

居心地はそんなに悪くなかったな。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

ただ明るくすればいいというのではない。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

照明計画も大事。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

ペグチェの町を見下ろす。






湖の近くにあるアシエンダ。

colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

廊下という概念に納まらない空間。

お茶も用意されているし、廊下もひとつの部屋。

いたるところに人々がくつろげる場が設けてある。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

暖炉が家の中心になる、

と言っていたルイス・カーン(建築家)の言葉に納得。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ

スタンドの明かりが部屋の中にもうひとつの空間を作り出す。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



う~ん、どこも凝っているし美しい。

とても落ち着くし、いつまでもいたくなるような場所だ。



でも建築的に外光の取り入れ方や部屋の配置などに特別な妙があるわけではない。

どちらかというとこれらの空間の質を形成しているのは、

様々な家具の質や配置の仕方、そして見せ方によるところが大きいだろう。

椅子や机をはじめ、カーテンや棚や照明、そして手すりに至るまで。



それに従業員の人たちは掃除もよくするし、ものを大切に扱っている。

昔からのものをいまでも大事に使っている。

そして客に対するもてなしの心も嬉しい。

ちょっとした気遣い、常に気にかけてくれている様子が伺われる。

それもさりげなく。



そうした全ての環境がこのような居心地の良さを生み出しているのだろう。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ



「きれい」とか「美しい」というのは、

その状態を差すのはもちろんだが、

むしろ、そうなろう・しようとする行為、

そしてそれを維持しようとする行為のことを

言うのではないだろうか。



colombia-サン・パブロ・デル・ラゴ


関連記事
スポンサーサイト
2010.02.09 Tue l 23:南米:エクアドル l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
何この宿ー!!
めっちゃ癒される( ̄▽ ̄)
いくらくらいで泊まれるの?
2010.02.12 Fri l のん. URL l 編集
素敵ですね
この、まったりゆったり出来そうな空間。
素敵ですね。

やさしくあたたかいかんじが、
とても伝わってきます^^

2010.02.12 Fri l ひろみ. URL l 編集
No title
>のんさん
前2者が50ドルくらい、
最後のが80ドルくらいだったかな。
エクアドルの物価からするとめちゃ高いけど、
ヨーロッパとかと比べたら、ね。

>ひろみー
こういうまったりとできる場所も必要だよね。
たまにはリラックスしないと。
2010.02.21 Sun l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/202-a672014e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。