上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
インドを1ヶ月半、休みなしで駆け抜けてきて、
そうとう疲れがたまっていた。肉体的にも精神的にも。
特に後半は、インドが6月15日から夏休みに入ったので、
観光地にはいつもよりインド人が多くなり、
インド人に埋もれているという状況に。
ただでさえインド人を相手にするのは疲れるのに、
行くところ行くところインド人だらけで、あーーーーっ。

休むことなく毎日観光ばかりしていると、見るものも同じに見えてきたり、
次第に好奇心がなくなっていることに気がついてくる。
旅の最中に好奇心がなくなってくるというのはマズイ傾向だ…

とりあえずインドまでを旅の第一章として、
これからのイスラム圏を第二章と考え、心機一転することにした。

で、パキスタン最初の都市ラホールではのんびりと。
いわゆる観光は半日くらいしかしてないかも。
宿が居心地いいこともあり、あまり宿から出ることもなかった。
近場を散歩するのが日課になっていた。

pakistan-ラホール:モスク

pakistan-ラホール:モスク内部

pakistan-ラホール:`旧市街

町を歩いていると、イスラム圏に入ったんだということを実感。
みんな同じような白っぽいダボダボの服を着ているし、
モスクもそこら中にあり、アザーンが良く聞こえるし、
食堂とかいくと男だらけの世界にどっぷりと漬かれるし。

そう、パキスタンは中学か高校の男子校のような国なのです。
女性はあまり外歩かないし、とにかく男が目立つ。
インドからの入国審査でも、女性関係のことしか聞かれなかったし。
これは聞いた話なんだけど、
とある男の人が電車内でウトウトしていて(車内は空いていた)
気がつくと、パキスタン人の見知らぬ男の顔が股間のところにあり
喰われてしまっていたと…
うっかりウトウトできませんね。。。

ラホールといえばスーフィーナイトらしいということで見に行ってきた。
スーフィーとはイスラム神秘主義のことで、毎週木曜に聖者廟で
スーフィーの儀式が行われている。
といっても詳しいことは全然分かりません…
結構前から続いているようです。

行くと、聖者廟の中庭のようなところに大勢の人が集まっている。
とりあえずハシシが回ってくる。で、とりあえず一服。
しばらくするとおっさんが歌を歌い始めた。どうやら始まりのようである。
2人の太鼓奏者が登場。
そうすると演奏の場をつくるために、その場にいた観客を追い出しにかかった。
それも結構強引に。
なんとかステージ?もできて、2人の太鼓奏者の演奏が始まった。
同じようなリズムで演奏は続くのだが、聴いていて中々気持ちいい。

そしてメインのダンスが始まる。
ダンサーが登場すると、またしてもステージ確保のために人を追い出し始める。
「お前帰れ!」みたいな感じで、ひっぱって突き飛ばしてる。
なんちゅう計画性のなさ… 最初から空けとけよ。。。

ダンスは圧巻だった。太鼓奏者の音楽にあわせて
基本的にはとにかく首を振り続ける。ひたすら激しく振り続ける。
パキ人には珍しい長髪が振り乱れている。
足を振り上げる者もいるし、回転し続けている者もいるし
休むことなく、1時間以上は踊っていただろう。

でも踊るのはダンサーだけなんだよねぇ。
観客の中には首を振りまくっているひとも入るけど、基本観るだけ。
どうせなら一緒に混じりたいとも思うけど、
それだと趣向が変わっちゃうか…

途中で、サックスも登場してきた。
イスラムにサックス??? なんか微妙な取り合わせだ。

見ている間もハシシは回ってくるし、甘いお菓子は回ってくるし、
炊き立てのビリヤニ(炊き込みご飯)も回ってくるし、至れり尽くせり?です、ハイ。

この儀式の目的は、トランスすることによって神との一体化を図るようだ。
たぶん、当初は申請な儀式でだったのかもしれないけど、
時代の変化とともに、ハシシ吸って、首振りまくって、とにかくトランス状態になる
という風に変わってきちゃったのかもしれないなぁ。
pakistan-ラホール:スーフィーナイト

pakistan-ラホール:スーフィーナイト

pakistan-ラホール:スーフィーナイト

まっ、とても楽しめました。
これらの写真では暗くて全然分からんでしょうが…
動画がUPできればいいんだけどなぁ。

路上でマッサージをやってもらいました。
頭に謎のオイルをかけて、ぐちゃぐちゃボキバキと。
これで体の疲れも取れ(たような気がする)、いざ出発!!
関連記事
スポンサーサイト
2007.07.09 Mon l 04:アジア:パキスタン l COM(5) TB(0) l top ▲

コメント

お久しぶりです!
お久しぶりです!
無事に旅を進められてるようで、何よりです。
ブログを始められてたんですね~初めて見に来ました。
まさに異文化コミュニケーションというか、凄く素敵な体験をされてますね。

ところで、こちらの近況ですが、いろいろあって高知に帰ることになりました。
人生またしても回り道をしてしまった感があります・・・(苦笑)
でも、頑張ります。

それでは、お気をつけて!
これからはmixiから見に来ることも多くなると思います。
次の更新、楽しみにしてます☆
2007.07.09 Mon l ふじえだ. URL l 編集
無題
トランスの儀式、羨ましいです。
僕もハシシ吸ってみたい。
神秘主義という割にはオープンなのですね。

更新があると、いつも食い入る様に読んでます。
そして、簡潔にその場の空気を伝える文章力に毎回感心させられます。
かなり達者な書き手だったんですね。
時代がもっと昔なら、旅行記を出版して話題になれたかも、、、と思います。

旅先でも昨今の異常気象の影響が出ていたりしますでしょうか。
お体に気をつけてエンジョイして下さい。
2007.07.10 Tue l 田舎モノ. URL l 編集
インドからイスラム圏、全く雰囲気変わるよね!
トランスの儀式、めっちゃ気になる。
写真を見ているだけで、興奮してきちゃいます。

写真は縦に保存してからUPすればいいのでは・・・
でも、ネット店でソフトがあるのかな?
2007.07.10 Tue l nico. URL l 編集
パキでもスーフィーやってるんだね!!
女性でも入れそうな感じ??
2007.07.11 Wed l ファーティマ. URL l 編集
>ふじえだくん
ども、お久しぶりです。
きっと人生はなるようにしかならない(?)ので、
もしかしたら回り道なんてないのかもしれませんよ。
あまり気にせず前に進んでいきましょう。

>田舎モノさん
書き込み&お褒めの言葉、どうもです。
異常気象かどうか分かりませんが、とにかく暑いですよ。
あっ、でも先日ラホールで50度超えたのは異常気象のせいかもしれませんね。
ちなみに・・・どちらさまでしょうか?
さすがに誰だか分かりません。すみません・・・

>nicoさん
食べ物とかは似たようなものもあるけど、
やはりインドとは違いますね。
こっちの方が過ごしやすいかな。
儀式の雰囲気は動画だともう少し伝わるんだけど・・・。いずれ機会があればUPします。

>ファーティマさん
おっ、スーフィーは他の国でもあるんですか?
女性も大丈夫ですよ。パキ人の女性はさすがにいませんが、外国人の女性はいましたし。
2007.07.15 Sun l 管理者. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/19-a7536c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。