上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペルー:チャチャポヤス(2009年6月)
Peru : Cahchapoyas (06/2009)
(地図は右のルートマップを参照)

チャチャポヤス近郊のカラヒア遺跡を訪れる。



peru






チャチャポヤス。

このかわいらしい響きは、ケチュア語で「雲の上の人々が住む地」を意味する。

このあたりは雲霧林の地域である。

雲霧林とは、熱帯・亜熱帯地域の山地で霧・雲が多く

湿度の高い場所に発達する常緑樹林である。

世界でも珍しい生態系、最も生物多様性豊かな森である。



ペルーは西から東へ移動すると、海岸、高原、アンデス山脈、

そしてアマゾンと多様な気候が広がっている。

海岸部のチクラヨからアンデスを越えると、そこはアマゾンの気候。

だからチャチャポヤスは標高が2000mを越えているけれども、アマゾンの一部である。

高地だけど熱帯、気候的には屋久島のような感じである。

チャチャポヤスの町はその名のように雲霧林の上に位置している。



南米に到着してすぐにイースター島に行きモアイを見たのだが、

その頃、ペルー北部に偽モアイと呼ばれているものがあると聞いた。

チャチャポヤスに来た目的のひとつは、その偽モアイを見るため…



その偽モアイはカラヒア遺跡という。

カラヒアの語源は、カララハという鳥がこの周辺にたくさんいたからで、

カララハが転訛してカラヒア遺跡となった。



カラヒアに行く途中に「Pueblo De Los Muertos」というところに寄った。

「死者の村」みたいなところである。



peru

車を降りると壮大な風景が広がる。

チャチャポヤスの町から一旦谷まで降りて、また上って来た。

Pueblo De Los Muertosに向かって歩き始めるとすぐに、目に入ってきたものがあった。



ゴクタの滝。

ベネズエラのエンジェルフォール(979m)

南アフリカのチュンゲラフォール(948m)

に次ぐ771mの世界第三位の滝である。



peru



もう少しアップにすると、

peru

って、2段じゃん。。。

何かズルイ気がしなくもないが、確かに凄い。

でもこの時期は雨季も終わりの頃で水量が少ない。

行こうと思えば滝の真下まで行けるのだが、かなり歩くらしいので、パス…

遠くからでも見ることができたので、とりあえずよしとする。



peru

このあたりの山々はテーブルマウンテンのようでもあり、

べネスエラのギアナ高地に緑を多くしたような感じである。

垂直に切り立ったような迫力は若干劣るものの、この辺りの景色は圧巻である。



peru

Pueblo De Los Muertosはこの崖にへばりつくようにある村のようである。



peru

見上げればこんな感じで、このようなところにどのように村があるのか想像がつかない。



peru

まず目に入ったのは、崖の先の方にある土のつくりものである。

崖の裂け目に顔が付いた像のようなものがいくつも並んでいる。



peru

そしてついに到着。

崖にへばりつくように家の残骸のようなものが並んでいる。



peru

壁は崩れているが、一部部屋のようなところも残っている。



peru

部屋の中からは周りの山々が見渡せる。



peru

道はすぐ横は崖。一歩間違えれば即死だろう。



なぜこのようなところに村をつくったのだろうか。

部屋のようなものがあるから、単なる墓ではなさそうだ。






そして次はカラヒアへ。

畑の横を通り過ぎ、坂をしばらく下ると、目の前に深い谷が現れた。

その手前の岩壁の中ほどに、お目当ての偽モアイが6体並んでいた。

peru

2体の頭上には、シャレコウベが乗っている。

腹の部分には埋葬品と一緒に死者が入れられていたそうだ。

老若男女問わず、死んだらこうして祀られたという。



peru

偽モアイというか、モアイとは特に似てもいないような感じである。

顎を尖らせたこの像は様々な顔をしており、なかなかかわいいものである。

イースター島のモアイは部族闘争の末にほとんどが倒されてしまったが、

これらは墓なので、埋葬品の盗掘が後を絶たなかったようである。



peru

反対側から見るとこんな感じ。

Pueblo De Los Muertos同様、なぜこのように高い位置に墓がつくられたのだろうか。

これだと地に帰るというよりは、空を目指しているようでもある。

顔も何となく上を向いているようにも見える。

天へ。

魂は天へ昇る。

これはそのための天と地とを結ぶ役目をしているのかもしれない。



peru

ちょうど真ん中あたりに6体が並んでいるのが分かるだろうか。

カラヒアはモアイの偽者でもなく、ここならではの文化の証であった。

関連記事
スポンサーサイト
2009.11.03 Tue l 24:南米:ペルー l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

No title
へぇ面白いね、
そんなのあるの知らなかった。

かわいい。
2009.11.03 Tue l sonoko. URL l 編集
No title
>sonokoさん
歩き方には載ってないからねぇ。
情報ノートにはたまに載ってたよ。
ペルーは奥が深い。
2009.11.11 Wed l 管理人. URL l 編集
No title
ここ、ずいぶん前に俳優の中村トオルさんが行ったのをTVで見てすごく気になってました。
歩き方に載ってないんだねぇ。
もったいない。
2010.01.14 Thu l ファーティマ. URL l 編集
No title
>ファーティマさん
へぇ、日本のテレビでも取り上げてたんだ~
さすが日本というべきか。。。
ペルー北部は南部にも負けずに見所が多いのに、
なんで載らないんだろう。不思議だ。
2010.01.19 Tue l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/188-daded562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。