上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペルー:チクラヨ(2009年6月)
Peru : Chiclayo (06/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



ペルー北部の海岸沿いの砂漠地帯にあるオアシス都市チクラヨ。

この周辺にはモチェ、シカン、チムーといった文化が栄え、いまでも遺跡が残っている。

この北部海岸辺りでは、砂金を集め、固め、黄金の文化が続いた。

それらの博物館も充実しており、いくつか見て周った。



peru

これはとある埋葬の様子。

なぜか逆さにして埋葬されている。



peru



peru

そしてこのように一緒に金の装飾品が置かれる。



peru

部落の中でも上に立つ人たちの絵。

頭の上に金の大きな装飾、体には金の装飾が施された防具。



peru

とにかく金が多く使われ、服や冠にもデザインが施されている。



peru

大きな金のピアス。





このように「飾る」のは何も体だけではない。

peru

町の壁面に絵を描かせている様子。



peru

こんなキャラをたくさん。



peru

生活で使う土器も同様に装飾が施されている。



peru



peru

魚、カニ、人の顔、鳥、犬、アヒル?など、いろいろな土器がある。






人はなぜ装飾を施すのだろうか。

上の写真のように、大きなピアスや冠は、生活において絶対必要なものではないだろう。

権力の誇示、などの理由はあるにせよ。

動きづらいだろうし、戦闘用の防具だとしたらそこに金は使う必要はないだろうし。



土器にしても同様。

使う用途だけを考えれば、それに人の顔を描いたり、魚の顔をつけたりする必要性は感じない。



「装飾」とは、何かを加えることによりそのものの値打ちを引き立たせること。

だから必要ないといえば必要ない。



でも「装飾」という概念からは逃れられないのではないだろうか。

差別化を図るには、大抵は装飾で差をつけるのだろうし、

装飾をしない、ということは装飾を意識していることだし、

装飾をしないという装飾ともいえるし(人によってはそれが装飾に見える)、

「もの」というか「ものづくり」というか、それに関わると「装飾」というものと

関わらざるをえないだろう。



人には根源的に装飾をする動物なのだろう。

少しでもよりよく見せたいという願望が潜んでいるのだろう。

それは髪型にしても服装とかをとっても分かる。

まったく無頓着なひとも少しはいるかもしれないが、

程度の差こそあれ、それを意識しない人はいないだろう。



20世紀以前の支配者階層や裕福層は、服装においては装飾だらけの衣服を身に着けていた。

特にヨーロッパ。

アジアやアフリカでも、程度の差こそあれ同じだろう。

また小さな田舎の部族とかでも、それを意識していないことはないだろう。



必要最低限の要素、つまりそれに必要な機能だけを考える、機能主義。

でも機能的ということは装飾を廃することではないし、

装飾を廃すれば機能的ということでもないだろう。






何かこれを考えてると、メビウスの輪のような思考に陥っていく。。。



このことに関してはそのとき考えていたことをメモしていたのだけれども、

紛失してしまったので、うまくまとめられなくなってしまった。

まぁ結論とかはでなかったんだけど。

なので、今回の記事は、これ自体がメモ書きのようなものになってしまったけど、

ここで考えて止まってしまうと、このブログも先に進まないし、

とりあえず載せてみました。

(現在地と掛け離れてしまったから、更新を急がないと)



これはもういちどじっくりと考えないとなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
2009.11.02 Mon l 24:南米:ペルー l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
ここら辺の土器やらに描かれた顔のヘタウマな感じは
ほんまに味がありますねー。

ほんであくまで専門的知識をもたないど素人の私見ですが
ヒトの「飾る」という行為には「名付ける」という行為との
関連があるような気がします。
2009.11.03 Tue l ゆいち. URL l 編集
No title
>ゆいちさん
ホント、この辺りの土器は面白かったですね。
「名付ける」こととの関連ですか。
人間の思考と言語は関連があるし、
なるほど、興味深い示唆ですね。
2009.11.03 Tue l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/187-0994599e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。