上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペルー:ヤマナ(2009年5月)
Peru : Yamana (05/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



今回は前回の記事で少し触れた、捻挫の療養時に滞在していた山奥の村について。



ワラスからコレクティーボを乗り継いで、ヤマナという小さな村へ行くことにした。

車は途中、標高4000m後半の峠を越えることになる。

peru

峠を登りきった付近。

九十九折の道が凄い。

エンジンも休ませないいけないのでひと休み。



peru

そしてそこからは、Lago69に行ったときは見ることが出来なかった

ペルー最高峰のワスカランのツインタワー?を眺め、



peru

これまたLago69の帰りに行った湖を上から眺めることが出来る。






peru

峠を越え、しばらく行くと、

豊かな自然に囲まれ、ひっそりと佇むヤマナの村が見えてくる。



peru

こんな小さな村。






peru

そして宿のテラスからは、



peru

村を眺めることができる。



peru

何とも落ち着く景色。

まわりの自然の緑と屋根のオレンジが同調しているかのよう。



peru

そして遠方には雪を被った山々が。



peru

ん~~~、



peru

ゆっくりと寛ぐにはいい場所だ。






peru

アイスクリーム屋のおっちゃん。

写真を送ってって言われたから住所聞いたけど、住所はないって。

ヤマナという村の名前と、彼の名前だけで届くそうだ。

ホントに届いたのかな…



peru

村の広場。

大聖堂と呼ぶには程遠いけど、教会もしっかりある。

クスコの人々と同様、ただ空を眺めたり、

ただ道行く人を眺めたりしている人もいる。



peru

ふと、ここの人たちは何を楽しみにして生きているのだろうと思った。



peru

とにかく話す相手がいないのは寂しいことだ。



peru

そういえば娯楽って何なんだろう。



peru

「娯楽とは、生活のための労働や学業などの余暇に、

 気分転換をはかるために 遊びとして何かをしたり 見たり 聞いたり

 などして楽しむこと。(bookshelfより)」



peru

仕事、学業、余暇、遊び etc..

普段の生活そのような言葉でカテゴリー分けされている。



peru

「趣味を仕事にできていいね」

「趣味は仕事にするべきではない」

なども耳にすることがある。



peru

「仕事は仕事、遊びは遊び」

「仕事はつまらないもの、遊びは楽しいもの」

「仕事だから仕方ない」

でも仕事って、余暇って、遊びっていったい何なんだろう?



peru

生きていくには生産的な行為をしなければならないが、

その行為とそれ以外を分ける必要が果たしてあるのだろうか。



peru

言葉に囚われすぎているというか、

もっとそれらの言葉から自由になってもいいのではないか。

これまでの定義づけに囚われず、自分で考え直してみるのもいいのではないか。



peru

この村の人々の生活を見ていると(まあそんなに奥の方まで見たわけではないけど)

カテゴリー分けをして時間を過ごしているのではなく、

何かもっと渾然一体となっているような印象を受けた。



peru

こんなことは、

働きもせずフラフラと世界を遊びまわっている旅人の戯言に聞こえるかもしれない。

それに考え直してみても、劇的に何が変わるわけでもないだろう。

でも発想が自由になれば、これまでになかった発見があるかもしれない。



とまあ、上記のことはそのとき思ったことを書いただけなので、

後で読み返してみて、何て思うか楽しみでもある。

何を青臭いこと言ってたんだろうとか(笑

まあでもこういうのを記録として残しておくのも一興だろう。






さてさて、それはさておき、

朝方、日が昇る前から小鳥たちが鳴き始める。

いろいろな種類の小鳥がいるのだろう、

四方八方から様々な泣き声が聞こえてくる。

さながらコーラスのように。



そんな中、鶏のコケコッコーって泣き声はちょっとうるさい気がしなくもないけど…

鶏は腹の底からコケコッコーって叫んでいる。

そういえば声はよく聞くけど、初めて見たかな、叫んでる姿は。






peru

そんな心地よい声に導かれるように、

空が青みを帯び始めてくる。



peru



peru

そして今度は静かに山々が歌いだしたように、その表情を変化させ始めた。



peru

闇から開放されつつある空の青と、真っ赤に照らし出された雪山の赤の対比が見事。






小鳥たちだけでなく、声を発しないまわりの環境も含めて全てがコーラスのように

自分の目に耳に体に、心地よい見事な景色を届けてくれた。






先ほども書いたが、

娯楽とは、気分転換をはかるために何かをしたり 見たり 聞いたりして楽しむこと。

そういう意味では、このときの自分にとって

この明け方のコーラスはとても良い娯楽であった。

都会では味わえない、贅沢な娯楽。



peru

そしてこの村に住んでいる人にとっても、

慣れ親しんだ特別なものではないかもしれないけど、

これは娯楽のひとつなのだろう。

どこにでもある移動可能な娯楽の類ではなく、

ここだけでしか味わえない娯楽。

関連記事
スポンサーサイト
2009.08.17 Mon l 24:南米:ペルー l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

ひさしぶり♪
なんか、今回の日記、すごく考えさせられたよ。
だいすけ君に会って話したくなっちゃった。
うーん。。。。
2009.08.17 Mon l エリカ. URL l 編集
ボニートォ!
いやぁ~相変わらずだいすけ氏の写真は美しいねぇ~。。。題材はもちろん私も目にした風景だけど(ワラス周辺は空気が違うよね!)、構図にしても他人が見るとこうも違うんだな~~!!ところで最後の動物何?!鹿???
2009.08.17 Mon l Junko. URL l 編集
No title
以前、太陽の島の記事にコメントしたことがあります。こんばんは。
湖もとてもきれいなのですが、
村の景色に涙が出ました。なぜだろう・・・すごく感動しました。
来年、南米を旅するので行ってみたい土地になりました。
宿情報などまた連絡しますので、教えていただけたらありがたいです。
2009.08.18 Tue l ane. URL l 編集
No title
やっぱ、きれいですねー!!
これは絶対行かねば!!
山の景色も、カナダ、アラスカとは
ちょっと違った感じですね。
そして、そこにある小さな村。。。
チャリで行けるかな??
2009.08.19 Wed l ノブ. URL l 編集
No title
>エリカちゃん
も~少ししたら帰るのでお待ちを。。。
悩め悩め~、そして自分の思ったように!!

>じゅんこちゃん
どもども、お褒めのお言葉ありがとうございます。
あの動物ねぇ、実は分からない…
宿で飼ってたんだけど、ホントかわいいんだよね~
日本で飼いたいくらい。

>aneさん
見に来てくれてありがとうございます。
この村、僕も未だ理由ははっきりと分かりませんが、
いい感じだったんですよね。
情報は連絡頂ければお教えしますよ。

>ノブさん
チャリで… 微妙かも。
峠越えが辛いと思いますよ。
3000mから、峠が4700mくらいだったかな、この登りが…
でもこの辺りの景色は凄いです。
ぜひぜひ。ダメなら頑張ってバスで(笑
2009.08.20 Thu l 管理人. URL l 編集
お宿
こんばんは。
更新されていて無事でよかったです。

ところで、ここの宿情報を教えてください。
景色もよさそうですし、ここに泊まりたいと思って☆
2009.11.02 Mon l ane. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/183-c1e2d7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。