上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パラグアイ:エンカルナシオン(2009年2月)
Paraguay : Encarnacion (02/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



2008年4月以来2度目となるパラグアイ。

今回の訪問はブラジルビザ取得のため。



そこでまずやってきたのはエンカルナシオン。

宿は前回お世話になったところ。

奇遇にも前回と同じ部屋に。



日も暮れてきたが、町をブラついてみる。

paraguay

この町は店が開店するのは8時頃と早いのだが、

閉店するのも早い。18時を過ぎればシャッター通りと化す。



そしてそこに残されたのは大量のゴミ。

この後、清掃作業員がきちんと掃除をしてくれるので、

翌日にはきれいになっているのだが…



ゴミをゴミ箱に捨てる習慣がないから清掃作業員が必要になったのか、

それとも清掃作業員がいるからゴミを道路に捨てるのか、

どっちだろう。

人件費がかかるとも見れるし、雇用につながるとも見える。

まあでもとにかく、この光景はあまり好ましくないなぁ。



アルゼンチンとの国境となっている川へ。

paraguay

いい感じに雲が出ていた。

光は被写体があってこそのもの。



そんな中、川辺にちらほらと人が集まってきた。

みんな釣具を持参して。

paraguay

釣りが数少ない娯楽のひとつなのだろう、年齢層も幅広い。



paraguay

対岸はアルゼンチンのポサダス。

エンカルナシオンとは対照的に高層ビルも多く、

それに伴い光の量も多い。

国境の町とはいえ、ここにはパラグアイならではのゆったりとした空気が流れる。



夕食は前回と同じく日本食料理屋「ひろしま」

paraguay

まずは冷奴。夏はこれに限りますな。



paraguay

そして前回も堪能したスキヤキ。

今回は一人寂しく二人前を平らげた。

白米を頬張りつつ、そして〆にはうどんを入れて。

そして前回と同様、会計金額の計算間違えで、

ビールをタダで頂いたことに。



翌日、ブラジル大使館にてビザ申請。

相変わらずここの大使館の対応は良い。

横柄な態度もなく、フレンドリー。

申し込み用紙にさっと記入して、2~3時間後には受領。



しかし停電のアクシデントで若干待たされることに。

その間、同じくビザを申し込んでいた日本人と話す。

アジアにいたとき共通の友人と出会っていることが判明。

ある程度長く旅をしている人とは、大抵共通の知り合いがいるものである。

本当に旅行界は狭い。



エンカルナシオンとその近郊には日本人移住者がいて、

商店に行けば日本食材も手に入る。

そういう背景もあってか、町の中心の広場には日本庭園も設けられている。

paraguay

まあ質は大したことないというか、

これが日本庭園なのかという気もするが… 

このような心遣いは嬉しいものである。

Av.JAPONという通りもあった。



エンカルナシオンにはこれといって見所はない。

ちかくにトリニダー遺跡ちうものがあるが、前回見てしまっている。

ビザを取得したのだから、もう用はないのだが、何となく離れ難い。

そう、そんな居心地のよい雰囲気がここにはある。

そこでもう一泊することにした。



気の向くまま、気になる方へ。

そうこうしている内に、町外れまで来た。

paraguay

その先には豊かな緑の中に点在するオレンジ色の屋根。

気になるので足を進めることにする。

でも午後の日差しは強烈で喉もカラカラ。

となると、ビールでしょう。

昼ビール。幸せな瞬間。



paraguay

暑い夏の時期、この緑は視覚的に涼しさを演出するし、

涼しい木陰を提供する。

またアスファルト舗装が少ないので、地面がさほど暑くならないし、

熱を溜め込むこともない。



各家の軒先は広くとられており、

そこに揺り椅子が置かれ、そこが昼の居間となる。



子供は外で元気にサッカーなどをしているが、

この炎天下、心地良いのは、

日陰でユラユラ揺れながらそよ風にあたること。



家の窓は全開。ドアも開けっ放し。

そうすることにより、自然の風が家を通り抜ける。

開口部を締め切って冷房をつけるよりも自然に優しいし、

そよ風が何とも心地良い。



夏は暑い。

その事実をそのまま受け止め、夏を感じ、夏を楽しむ。

暑い最中の時折の心地良さ。

メリハリがある方が、その瞬間をより一層心地良く感じさせる。






首都のアスンシオンにバスで移動。

この辺りは丘や山の類はなく、地平線まで放牧地、田畑が広がる。

車内にはパラグアイの軽快な音楽が流れる。

それに耳を傾けながら、車窓に広がる大空と草原を眺める。

雲は風に身を任せ自由に動き、

牛たちも広大な敷地の中をゆったりと歩き回ってる。

それらを眺めていると、気分が開放されてくる。

何か考えることをやめ、風景に身を任せる。



時折現れるオレンジ色の屋根の民家が、広大な自然の風景にアクセントを加える。

大抵の家の前にドラム缶型のアサード用コンロ?

(バーベキューセットのようなもの)が置いてある。

週末は家族でアサードを楽しむのであろう。



車内にはいろいろな物売りが乗り込んでくる。

パラグアイの国民的な食べ物であるチパ(中がモチっとしたパン)や

ミラネサ(衣つきの薄切り肉のサンドイッチ)をはじめ、

ガム・クッキー・ジュースなどの軽食類、

絞りたて、かどうかは分からないけどフルーツジュース、

さらにはCD、カメラ、マテ茶グッズ、アクセサリー、時計、財布、香水、

などなど、わざわざバスで買わなくてもいいだろうと思うようなものまで。

夜行バスでは毛布も(南米のバスは冷房をガンガンに効かせるため)



そんなこんなで6時間ほどバスに揺られ、

アスンシオンのバスターミナルに到着した。

関連記事
スポンサーサイト
2009.04.10 Fri l 19:南米:パラグアイ l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
いいなぁ~パラグアイ。
昨日まで北京に行ってたけど、そちらとは正反対。
北京ダックは劇的美味だったけど。
田舎の空気で安らぎたいなぁ~~
2009.04.10 Fri l . URL l 編集
No title
パラグアイいいですね。

こちらも旅再開しました。
日本を出てハワイで1週間過ごし、今はN.Y。
来週にはカリブにいる予定。
でも来月頭にはもうヨーロッパに抜けます。

どこかで会えるかな?
2009.04.17 Fri l failstail. URL l 編集
No title
>failstailさん
あら、また長期の旅ですか?
そういう人生のスタイルいいですね、憧れます。
う~ん、欧州の方にはいかないので、
またアメリカ大陸に戻ってきて下さい。
お願いします。
2009.04.28 Tue l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/156-c9dfd316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。