上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペルー:ワカチナ、ナスカ(2009年1月)
Peru : Huacachina, Naska (01/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



骨折も治り、リハビリも終えて、エクアドルはクエンカを出発。

国境に着くまでに大半の人が降りてしまい、バス内はアットホームな雰囲気に。

ペルーの人も好意的。第一印象は上々だ。



山道をひた走る。

次第に稲田が目立ち始める。

段々になった稲田は、稲に包まれているようで見ていて心地よい。



途中には泥水の川で洗濯している人たちも。

水道は通っていないのだろうか。

泥水でも洗った方がマシなのか。

少し移動しただけでも生活環境はガラっと変わる。



温和な雰囲気の国境を越え、ペルーへ。

同じ天候でも次第に暑くなってきて、標高が下がってきているのが実感できる。

北部のピウラという町に到着。



雑踏する通りが多く、アジアっぽい雰囲気。

いや、これは表現として良くない。

ここにも独自の文化があるのだから、~風と括るのは良くないだろう。

説明しやすいからつい使ってしまうけど。



数百キロ移動しただけで、人柄が大分変わった。

エクアドルも決して人が悪いわけではないけど、

ここの人はみんな気さくで、対応の後には必ず笑顔がある。

このような雰囲気は心休まる。

いろいろ声を掛けられるけど、全然嫌な気がしない。



国が変わるだけでこうも変わるものだろうか。

それも大して距離が離れているわけでもない。

気候のせいかもしれない。

この暑くて開放的な気候がこのような人柄を生んだのかもしれない。






北部の遺跡群には目もくれず、

美しい山々を抱えるワラスを素通りして、

リマに到着。

peru

人口700万を抱えるペルーの首都。



peru

泊まった宿の部屋の天井。何と小さい塔のようなものが付いていた。



peru

気さくなあんちゃん。



途中で一緒になった中国人と、中国での暦の大晦日と正月を盛大な料理で祝い、

早々にリマを出発。






そしてワカチナのオアシスに到着。

peru

人々(って言っても日本人かな)が抱くオアシスに近い構図。

パッと見はいいけど、湖畔はコンクリートで舗装されていたり、

観光地化されてしまったような…



peru

でも地元の人はそんなことお構いなしに、水遊びに興じている。



peru

大人も童心に帰ったように。

みんな人懐っこく、人々の心は観光地化されてなかった。



peru

奥には見事な砂漠が。

UpDownが激しいので、ここでサンドボードで遊ぶ。

こりゃなかなか楽しい。






そして、地上絵で有名なナスカへ。

かつては凄く興味があったが、正直今ではそれほど興味があるわけではなかった。

何となく流れで見に行くことに。

peru

ナスカ周辺は荒涼した土地が広がる。



peru

地上絵の線の他にも、雨水の流れによる線(なのかな?)が多く、

地上絵の存在が分かり辛くなっていた。



peru



peru



peru

百メートル以上ある絵もあるのだが、上空から見ると意外と小さかった…






ペルー第2の都市アレキパへ。

peru

到着後、そのままバスを乗り継ぎ、



peru

ペルー、そして南米のハイライトとも言われているマチュピチュには目もくれず、



peru

チチカカ湖畔の町プーノに到着。



晴れの日のチチカカ湖は深い青を湛えているが、

曇りの日のチチカカ湖はただの湖だった。

チチカカ湖に浮かぶ島々を横目にボリビアへ向かった。



こうして、さくっとペルーの旅が終了した。。。


関連記事
スポンサーサイト
2009.02.17 Tue l 24:南米:ペルー l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
ペルー、飛ばしまくりだね!!笑

ペルー、私も好きだったけど、
やっぱりちょぴっと観光地っぽかったな。

女性も、『南米女性はキレイ!』と言われるが、
ペルー女性はちょぴっと質が違った気が・・笑

2009.02.19 Thu l のん. URL l 編集
No title
ペルー、早っ!

さくっとしすぎじゃね?

アレキパでは、コンドル見なかったの?
2009.02.20 Fri l くろべー. URL l 編集
No title
>のんさん
まぁカーニバルに間に合うためには仕方なかったので…
でもペルーの人柄はすごく好印象。

>くろべーさん
なんせ一週間かかってないですからね~
とりあえずコンドルはフィッツロイで見たんで。
でも北上するときにまた少し寄りますよ。
これじゃさすがに短すぎ(笑
2009.02.21 Sat l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/149-6501b9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。