上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
コロンビア:サンタ・アナ、カルタヘナ近郊トトゥモ火山の泥温泉(2008年8月)
Colombia : Santa Ana, El Volcán del Totumo(Cerca de Cartagena) (08/2008)
(地図は右のルートマップを参照)

ペレイラ近郊のサンタアナ温泉と、カルタヘナ近郊のトトゥモ火山の泥温泉に訪れる。






サレントからペレイラに行き、さらにバスを乗り換えて、

サンタ・アナという小さな町に向かった。

この町自体にはこれといった見所はないんだけど、

ん?

いや、そんなことはない。

ここはメデジンをも上回る美人の町だった。

人口こそ少ないけれども、美人率でいえばダントツでコロンビアNo.1の町である。

隠れた名所である。



さて、目的は美人探しではなく、温泉である。

サンタ・アナ近郊に温泉があるというので行ってみた。



バスに揺られること数十分。

温泉に到着。

colombia-サンタ・アナ

入口で料金12ドルを払い(高けぇ!! しかしここまで来て入らないわけにはいかない)

川沿いに進んでいく。

外国の温泉にしては風情がある。

さすが12ドルもするだけある…



colombia-サンタ・アナ

温泉にも期待が高まる。



colombia-サンタ・アナ

これが温泉。

まあこっち(南米)の温泉はほとんどがプール形式。

で、大抵がぬるい。日本人にはちと物足りない。

たぶん温泉での目的が少し違うんだろうなぁ。



colombia-サンタ・アナ

でもここのは一味違った。

端っこの方はぬるめなんだけど、真ん中の温泉が湧き出しているところは、

熱くて気持ちいい。



colombia-サンタ・アナ

古代ローマの温泉を思わせるつくり。。。

っていうのは大袈裟だけど、雰囲気は悪くない。



colombia-サンタ・アナ

温泉の横には滝まである。

エクアドルのバーニョスの温泉にも横に滝があるが、

それよりも素晴らしい。

周りの素晴らしい景色を楽しみながら、ゆっくりと温泉に浸かる。

いい誕生日になった(ちょうどこの日が誕生日だった)



colombia-サンタ・アナ

いくつかプールがあり、深さが異なるので、

深い方にいけば、うるさいガキどももいなくて落ち着ける。



colombia-サンタ・アナ

うっすらとお湯が張られている場所もあり、横になって温泉に浸かれたり、

ちょうど水路のようなところで、ちょっとした個室状態のところがあったり、

バリエーションにも富んでいた。



colombia-サンタ・アナ

夜になると、みんな飲食を楽しんでいる。

まあ夜にならなくても、飲み食いしてるけど。

カップルで来ている人もいるけど、家族連れのような大人数が多い。

場所を変えて家族の団欒を楽しむという感じかな。






おまけに、カルタヘナ近郊にある泥温泉(2008年7月)

Volcan de Lodo El Totumoといい、へぇ、火山のところにある泥温泉かぁ

評判もいいし、行ってみた。



しかし、そこで見た火山というのが、これ…

colombia-カルタヘナ

か、火山なのか、これは???

高さは15mほどだろうか。

人工に作ったように見えてしまうのは気のせいか…




colombia-カルタヘナ

火口部分には板で囲まれた泥温泉が!!



colombia-カルタヘナ

火山だろうが何だろうが、もう何でもいいや。

とにかく気持ちい~

立っていようと思えば立っていられるし(足はもちろんついてないけど、直立の姿勢)

横になっていようと思えば、何の苦労もなく真横になって浮いていられる。



帽子をかぶった人たちがマッサージをしてくれる。

泥パックの効果があるのかは分からないが、

顔にも髪にも塗り捲る。



最後は海(?)に入って、泥を落として、

はい、お仕舞い。ちゃんちゃん。


関連記事
スポンサーサイト
2009.01.10 Sat l 22:南米:コロンビア l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

本格的ですね
温泉、本格的ですね。

いいな~

南米はいつ位まで居るのかな?
2009.01.11 Sun l failstail. URL l 編集
No title
>failstailさん
まぁ日本の温泉の方がいいと思うけど…
ここは海外にしては良かった~
南米は、う~ん、4月末までかなぁ。
5月には中米に入りたいんで。
2009.01.12 Mon l 管理人. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/131-be9dc426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。