上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
次もまた勧められたところ。
例によってシェアジープでの移動となる。
この地域での移動はなぜか早朝である。
早朝以外では極端に交通手段がなくなる(場所によるけど)
そしてまた例によって人を詰め込む…
最前列に4人座ってたときは、ドライバーの体の3分の1は外にはみ出していた。

Tashidingに到着。ここも標高1470mの山間の村。
0505Tashiding全景

まずは宿探し。
30秒ほど歩くと声がかかった。どうやら宿のおやじである。
名前を見ると「Hotel Blue Bird」
韓国人の彼女から聞いていた宿である。
中を見せてもらうと、
2階のオープンエアーのリビング(その周りに部屋がある)に
鳥の巣があり、ちょうど外に羽ばたいていったとこだった。
それを見て何だか気に入った。

下に降りると、おやじが5ルピー貸してくれと言う。
昨日飲みすぎて、奥さんに怒られ財布を取り上げられて、
頭痛薬を買うお金がないとのこと。
まあ断る理由もないので貸してあげた。

小学校があり寄ってみた。始業は10時っぽい。
朝は4時半頃にアザーンじゃないけど、仏教の何かが始まって
だいたいみんな目が覚めているのに、なぜか遅い始業。
トイレは全て外。適当に校庭の端の方でしてる。
女子が数人こっちをみてる。何かなーって思ってたら、
どうやら居た場所が彼女らのトイレの場所だったみたい。
ごめんなさい邪魔して。。。
授業の前にまずは掃除。それにしても汚ねぇな。
ゴミ箱という概念はないのか。全て床に捨てているようだ。
0505Tashiding学校

0505Tashiding学校

0505Tashiding学校

この村には村民の数の割には警官の数が目立ったけど、
ゲームしたり、昼寝したり、職務はかなり適当である。
0505Tashidingゲーム

ここでは「すること」というのは特にない。
村の人々はおしゃべりを楽しんでいる。
ここでは家族や友人との会話が生活のかなりの比重を占めている。
やはり会話が楽しみの基本かな。

子供が多く、一緒に遊んだり写真を撮ったりする。
0505Tashiding

0505Tashiding

ひとりすごくかわいい子がいて、
源氏の君が紫の上を引き受けたときのような
心境になってしまった(笑)
成長したらどんなにきれいな人になるのだろうか。。。
関連記事
スポンサーサイト
2007.05.17 Thu l 02:アジア:インド l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/12-c221f256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。