上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ブラジル:サルバドール(2008年6月)
Brasil : Salvador (06/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



brasil-サルバドール



サルバドールは音楽で溢れている。

夜にはいくつかの広場で演奏が行われているし、

店からの音楽も路上に溢れている。



中でも一番気に入ったのが太鼓隊(?)による演奏である。

子供の太鼓隊、女の太鼓隊、男の太鼓隊が

リズムを刻みながら町を練り歩いていく。



brasil-サルバドール



brasil-サルバドール



brasil-サルバドール



和太鼓とは違い、ひとつひとつの音に重みというか響きに厚みはない。

軽快な音だけど、多くの音が一緒になることによって、

和太鼓とは違った類の音の重みが出る。



音楽の3要素で、これまではメロディを何よりも重視してたけど、

リズムというのもものすごいチカラをもった要素だと感じた。



リズムを刻まれると、自然と体を動かしたくなってくる。

そのリズムに釣られて、いつの間にか太鼓隊のあとにダンス隊が続いていた。



ダンス隊の先頭を切るのはロンゲの黒人。

その黒人の踊りに、地元民や観光客の老若男女が

見よう見まねで合わせてついていく。

次第にその数を増やし、太鼓隊と一体となり

狭い路地を観客の間をぬって進んでいく。



brasil-サルバドール



体を動かしたくなってきて、いつしかその列に加わっていた。

全身を使うような踊りなので、結構ハード。

ダラダラと体を動かすのではなく、

指先まで意識するような感じで体を動かしているからか、

かなり疲れるけど心地良い。



それにしても黒人のバネというか、身体能力は凄い。

もってうまれたリズム感、躍動感、しなやかさ。

汗で輝いている肉体は美しくもあった。



brasil-サルバドール


brasil-サルバドール



また会場とかでやるのではなく、町中でやるのがいい。

町と一体となり、町にリズムが刻まれて、その町に色をつけていく。

そして音楽が日常の生活の中に息づいていく。



サルバドールのカーニバルかぁ。

やっぱ参加してみたいなぁ。

今年のカーニバルを逃したのは痛かった…

来年のカーニバルは、ん~、ちと厳しいかな。



brasil-サルバドール


関連記事
スポンサーサイト
2008.08.20 Wed l 20:南米:ブラジル l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adaisuke.blog100.fc2.com/tb.php/102-7eb94cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。