上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

日本:唐松岳(2011年5月)
Japan : karamatsu peak (05/2011)
(地図は右のルートマップを参照)



(まだアラスカ編の途中だけど忘れないうちに)

昨日公開の映画「岳」に惹かれて、というわけではないけど、

(漫画は以前読んだことあったが、映画の存在を知ったのは登山初日)

北アルプスは唐松岳に登ってきた。

ちなみに八方尾根は唐松岳から派生した尾根である。



友達と飲んでいるときに、

たまには山に行きたいね~ってことで行くことにした。

そして行き先も決まらぬまま出発前日を迎える。

「どうしようかねぇ」

「そうですね~」

「…」

とりあえず長野の山に行こうということで出発。

初日は安曇野で田園風景を満喫。



結局、八方池に映る白馬三山の景色に惹かれ、

初心者向けのルートでもあるということで唐松岳を選んだ。



GWの五月上旬はどこもまだまだ雪山。

冬山装備で行きましょうとのこと。

今年は例年より雪が多い。

ほぅ…

トレッキングや普通の登山経験は少しあるけど、

雪山登山の経験はないので、何とも判断しづらいところ。

判断基準となる経験がないのは辛いところだ。



行けるとこまで行こうということで出発。

無理そうなら引き返せばいいし。



japan-nagano

低い場所では所々地肌が見えているところもある。

連れのA氏。立っている姿がさまになりますなぁ。



japan-nagano

風もないこの日、谷にこだまするのは小鳥の鳴き声のみ。

こんな高い場所にも小鳥はやってくるんだなぁ。

でも声で判断できたのはホトトギスと雷鳥のみ。

鳥についてももっと知りたいな。



所々地肌が見えているところもあるけど、基本的に雪の上を歩く。

傾斜が厳しくなるにつれ、ツルツル滑り始めた。

アイゼンを装着している間に、スノーボーダーたちが通りかかった。

「カッコイイ靴ですね~、どこまで行くんですか?」

「一応唐松岳まで行こうかと」

「それで行くんですか?」

「ムリそうだったら引き返しますけどね」

「いや、それはカッコイイからきっと行けますよ(笑)」



…う~ん、やはり雪山にスニーカーはないよな…

靴はランニング用のプーマーのスニーカー。

アイゼンを借りておいて良かった。



とりあえずお手軽な八方池までは行けるだろうと思いやってきた。

そこから先、雪の量や状態によっては引き返そうと。

でも実はこの時点で八方池は通り過ぎていた…

雪に覆われて池に気がつかなかったのである。

池のある風景に憧れてやってきたのに、池を見逃すのなんて。

というかこの時期では雪だらけで池を拝むことはできなかったんだよね~



japan-nagano

稜線の道のり、ほとんどは雪に覆われている。



japan-nagano

風が強ければ、この稜線歩きも結構怖かったことだろう。

無風で良かった。。。



japan-nagano

道を踏み外したら下まで止まらないだろうなぁ…



japan-nagano

植物はほとんど雪に覆われていて、景色は岩肌と雪のみの構成だが、

それがまた雄々しくて素晴らしい。



japan-nagano

雲の高さまでやってきた。



japan-nagano

白馬村のある谷向こうには北信五岳などが広がる。



japan-nagano

頂を越えると、一気に視界が開けた。

この瞬間がたまらない。

疲れが吹き飛ぶ瞬間。

黒部峡谷越しに剣岳(一番高い山)が鋭い山容を見せる。

その横には立山連峰が連なる。



japan-nagano

右が今日の目的の唐松岳。頂上はすぐそこだ。

山荘に荷物を置いて一休みして、登頂だ。



japan-nagano

20分ほどで登頂。

足場は雪に覆われ、少し端の方にいくと、ズブズブと足が雪にめり込んでいく。

さすがに股まで埋もれたときは少しびびった。

コワイコワイ。



japan-nagano

高さが少しでも変わると見える景色もガラッと変わる。

この空と大地の広がり、気持ちいい。



japan-nagano

これは何て山だろうなぁ。

周りを雲海に囲まれ、また何かを囲い包んでいるようにも見えるその姿は圧倒的。



japan-nagano

鑓ケ岳へと歩いていくのもいいなぁ。

山頂にも関わらず風も穏やか。



japan-nagano

五竜岳。おぉ、惚れ惚れする姿だなぁ。

自然の造形力は凄い。



japan-nagano

頂上の景色を堪能して山荘に戻る。

剣・立山連峰を眺めながらワインを。

何とも贅沢なひと時。



japan-nagano

晴れやかな空の下、一日も終わろうとしている。



japan-nagano

夕日もバッチリ。刻一刻と変わる表情は見飽きることがない。



夕方から風が出始めた。

気温は氷点下3~4度、それにこの強風、

山荘の有難みが身にしみる。

テントも持ってこなかった(というか持ってない…)

登山初心者の我らは山荘でストーブを囲む。



この日の宿泊者は我々以外に5人。

GWにも関わらずこの少なさ。

実は翌日からスキー場のゴンドラが止まるので、

ほとんどの人は今日までに帰ってしまった。



アットホームなこの雰囲気がまたいい感じ。

山岳マラソンをしている人たちや、日本や世界の山を歩きまわっている人など、

自分の知らない世界の話はとても興味深い。






4時半に起床。東の空は明るくなり始めていた。

japan-nagano

谷には霧が立ち込め、所々山々が顔を出し、幻想的な雰囲気。



強風が吹き荒れる中、日の出を待つ。

手袋も持っていないので手はかじかむし、顔面は冷たすぎて痛い。



japan-nagano

そんな中、やっと顔を出した。



japan-nagano



japan-nagano







japan-nagano

風が弱まるのを待って下山開始。

ゴンドラが止まっているので新たな登山者もいないし、

宿泊客の中でも最後に出発し、まさに八歩尾根貸し切り状態。



japan-nagano

山の魅力って何だろう。

厳しくも美しい世界。



japan-nagano

朝方、強風が吹き荒れていたが、結局下山時にはまたもや平穏な天候。

今年のGWは天候が不安定だったらしい。

登頂前日も強風が吹き荒れていたらしいし、

下山した日の午後も天候は崩れていた。

上り下りの2日とも快晴&無風。本当に天候には恵まれた。

まだまだ晴れ男健在。






さて、本来ならスキー場はゴンドラで降りるのだが、

点検のため一週間運休に。

何もGW中にやらなくてもいいやん…

まだ土日が残ってるのに~



japan-nagano

そんなこんなで、コブの斜面を時に走り、時に滑りながら疾走する。

これが思いのほか楽しい。

たまに調子に乗って転ぶけど…

スキー場を走って降りることもそうそうないだろうなぁ。



japan-nagano

雪がある部分はまだ良かったけど、

一番大変だったのが、この雪のない部分。

草や何かの葉などが滑るわ滑るわ。

スニーカーの本領を一番発揮して(笑)一番転んだルート…

そして一番筋肉を使ったルート…

おかげで筋肉痛やねん。



大満足の初雪山登山。

天候に恵まれて良かったけど、今度からは装備をきちっとしていこう。

自然を甘くみちゃアカンです。

それにしても雪山もいいわ~

今回は山の厳しさをほとんど知ることなく、

良いとこどりのような感じだった。

もう、ただただ素晴らしい、美しい、かっこいい。



漫画「岳」より。

「みんな(山に)来ればいいのに」

「また山においでよ~」



そうだよね~

行っちゃうな~

次はどこ行こうかな~

無理せず少しずつ山の世界を知っていこう。



とりあえず、映画「岳」でも見に行こっかなっ。
スポンサーサイト
2011.05.08 Sun l 41:アジア:日本 l COM(2) TB(0) l top ▲
日本:安曇野(長野県)(2011年5月)
Japan : azumino (nagano) (05/2011)
(場所は右のルートマップを参照)

安曇野の大王わさび農場、青鬼集落訪問。

summary
I have been to Azumino, nagano prefecture, central japan. It's has a vast WASABI farm. WASABI is a plant for food, Japanese origin. It's has a strong stimulation of the unique flavor with a native Japanese spice. We can see the Farm as a landscape. The Landscape is a view of collaborative work, nature and human. It is also a sign of wisdom of getting a life. The landscape was not intended to be made, is the landscape as a result. We see it, feel comfortable and relax.



japan-nagano



唐松岳に行く前に安曇野に寄った。

安曇野といえば「わさび」

ということで大王わさび農場へ行ってみた。



それにしても「大王」ってネーミングがイマイチ…

なんちゅう陳腐な名前なんやろ。

実は「大王」というのはわさび農場の守り神で、

農場には名前の由来になった「魏石鬼八面大王」が祀られている。

と納得したはしたけど…やっぱイマイチだなぁ。



japan-nagano

穂高駅前で自転車を借りて、安曇野の田園の中を走る。

陽気もほどよく、気持ちいい。

この先に農場がある。



近づくにつれ、車が並んで停まっているのが気になった。

何十台もほとんど動かずに待っている。

農場手前では、違う道にもずら~っと車が並んでいる。

これって、もしかしてわさび農場の駐車待ち???

GW真っ只中とはいえ、これほどまで混むとは…

いやはや、自転車で来て良かった。



待っている車を横目になんなく入園。

japan-nagano

見事なわさび田が広がっている。

ここには東京ドームを11個分に相当するわさび田が広がっている。



japan-nagano

歩き回る前に腹ごしらえ。

わさび丼とわさびそばのセット。

わさび丼は、ホカホカご飯の上にかつおぶしと青ねぎが乗っていて、

そこにおろしたてのわさびをたっぷりと乗せ、

しょうゆをたらしてよくかき混ぜるというシンプルなもの。

しかしこれは本物のわさびだからこそできる芸当。

わさびの香りが口いっぱいに広がり、程よい辛みがいいアクセントになる。

チューブの練りわさびでは、ちょっと厳しいかなぁ。

あれは西洋わさびとカラシを混ぜた全く別のものだし…



そしてわさびそば。

そば自体にわさびが練りこんであるようなのだが、これは何とも微妙…

そばの香りわずか、わさびの香りわずかで、相殺されたようで何か物足りない。



japan-nagano



japan-nagano

年間を通して平均12~13度という北アルプスの湧水が、

毎日12万トンも畑全体から湧き出してくるという。

この安曇野の豊かな自然こそが、わさびを生み出している。



japan-nagano

わさびの花。



japan-nagano

植える前の田の石をバーナーで焼いている。

恐らく滅菌のためだと思うけど。。。



japan-nagano

わさびは約2年の歳月を経て出荷される。

上部の黒い布は日除けのためにあり、

陽射しによる葉の変色を防ぐため5月上旬から10月上旬まで覆われる。

もう少し後に来たら、この農場もまた違った光景になっていただろう。



japan-nagano

水は本当にきれい。

ここの湧水は日本名水百選にも選ばれている。



余談だけど、安曇野の水を生かした特産品がわさびの他にもある。

それは「信州サーモン」

安曇野で近年、力を入れている新商品。

信州でしか味わえない、

信州ならではの食材で訪れた客を迎えたいという思いのもと、

長野県水産試験場が約10年もの歳月をかけて開発した魚。

虹鱒のメスとブラウントラウトのオスを交配し、

両者の良いところを受け継いだ信州サーモン。

銀色の体がサーモンを思わせることから名づけられた。

ってサーモンやないねんな…

マスやん。南米旅行者にとっては「トゥルーチャ」の方が馴染みがあるかもしれへん。。。



ニジマスの強みは育てやすいこと、そして肉質がよいこと。

ブラウントラウトの強みはウイルス性の病気に強いこと。

う~ん生産者にとって都合がいいだけ???って思ったけど、

卵を持たないため、産卵に要するエネルギー(栄養)がそのままうま味となり、

いつでも美味しく食べられるとのこと。

なるほど!

解説に「トロリとろける美味しさ。そして安全、名前自身がブランド」

ってあったけど、名前自身がブランドって、

何でも「信州」ってつければいいってわけじゃないぞ。。。



まっ何だかんだ言っても美味しかったからいいけど。

確かにサーモンではなかった。トゥルーチャやった(笑

安曇野市内の約20店舗で扱っているみたい。



さて、わさび農場の方でもいろいろとわさび関連商品が出ていた。

わさびソフトクリーム、わさびコロッケ、わさびカレー、わさびビール、

お土産には、わさび漬けをはじめ、さわびのり、わさび味噌、

わさびなめたけ、わさびふりかけ、わさびマヨネーズ、

わさびソーセージ、わさびちくわ、etc..

もっとたくさんあったけど、やり過ぎじゃないっすか…

で、お土産に買ったのは、わさび酒とわさびワイン。

わさび酒はまぁ美味そうな気がするけど、

わさびワインは微妙…でも気になってしまったので買ってしまった。



それにしても農場の風景は素晴らしかったなぁ。

自然と人間の共同作業のような風景。

自然からいろいろもらったりして生活しているうちに出来上がってきた風景。



japan-nagano

この安曇野の田園風景もそう。

生活をしてくための知恵の結晶としての風景。

意図して作られた風景ではなく、自然と人の営みの「結果として」出来た風景。



大渋滞で待ってまでも行きたいっていうのは、

単にわさびが欲しいだけではなく、

単にわさびソフトクリームが食べたいだけでなく、

手付かずの大自然にはない、心が和むような、

ホッとする風景を求めに来ているのかもしれない。



そして作物が作られている光景、

ここでは最初の石を焼くところから、

きれいな湧水の元、時には日除けのお世話にもなり、

2年もの歳月をかけて出来上がるという一連の光景が、

わさびを手にしたときにふと思い浮かぶかもしれない。

そういう背景を知っていると、わさびもまた一味違ったものになるだろう。



japan-nagano

そして後日訪れた、青鬼集落の棚田の風景もそう。

(安曇野より北にあるためか、まだ田に水は張られていなかった)



japan-nagano

白馬近郊の青鬼集落は棚田百選だけでなく

重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。



japan-nagano

手付かずの大自然をバックに、

人の手のはいった田舎の自然の景色と民家、

そんな景色だからこそ人々は惹かれて、スケッチをしにやってくる。



満足してわさび農場を後にすると、

まだ車の渋滞は続いていた。

もう閉園の時間だというのに、この渋滞は…

閉園時の渋滞は延べ2.5km以上、

ということは昼間はもっと大渋滞だったんだろうなぁ。

地元民にはいい迷惑や…

それにしても、この田園地帯にずら~~~っと車が渋滞している

あまりにもミスマッチな景色は、

「ナニコレ珍百景」に出してみたくなるようなものだったな。。。






おまけ

旧篠ノ井線の廃線敷を歩いた帰りに明科駅近くで祭りがやっていた。

japan-nagano

船を神社まで運んでいくというもの。



japan-nagano

移動中、ろうそくの火は絶やしていけない。消えてもすぐに灯す。



japan-nagano

目的地の神社では、バナナのたたき売りをして待っている人たちを楽しませる。



japan-nagano

2時間近くかけて神社までやってくる。

その道中には田園が広がっているので、蛙の大合唱が聞こえる。



japan-nagano

最後の100メートルくらいはラストスパートのように猛烈な勢いで神社に突っ込んでくる。



武将とかの人形は、年によってテーマが変わるらしく、

今年は武田信玄と上杉謙信の戦いって言ってたような気がする。

この辺りで戦いがあったのかな。



どんな地域にもそれぞれ固有の伝統に根ざした祭りがあるもんだ。



第2部では、演歌歌手の奉納コンサートが開かれたようである。。。



おしまい。

japan-nagano
2011.05.10 Tue l 41:アジア:日本 l COM(5) TB(0) l top ▲
日本:京都(京都府)、吉野(奈良県)(2011年4月)
Japan : Kyoto(Kyoto), Yoshino(Nara) (04/2011)
(場所は右のルートマップを参照)



japan-narakyoto

見事な桜のトンネル。京都は鴨川沿いの歩道にて。



桜を見たのは、2007年に旅立つ前にインド大使館に行った際に見た千鳥ヶ淵の桜以来。

ちと所用があり京都に行った際に、2~3時間ほど川沿いをブラブラしてみた。

町の中心部にこのような散策路があること自体が羨ましい。



japan-narakyoto

ええなぁ。。。

京都は町のスケールが程よくて、

市民が気軽に歩いて訪れる距離にこのような空間があるのが良い。

ちなみにここでいう京都は、いわゆる京都人の言う京都。

まぁ外部の人が言う広義(?)の京都でもそれほど広範囲ではないから、好きやけど。



japan-narakyoto

一年のうちわずかな期間やけど、ホントに爽快。



japan-narakyoto

また来年が待ち遠しいわなぁ。

そういう気持ちにさせてくれるのも、これまた嬉しい。



japan-narakyoto

川沿いにある植物園にも寄ってみた。



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto

写真だと分かりづらいけど、桜吹雪が見事やった。



japan-narakyoto

少し寝っころがって見てたけど、

視界いっぱいに桜の花が舞う様は、それはそれは素晴らしい光景。

でもじーっと見入っていると、次第に焦点もぼんやりしてきて、

その先にある空の存在も忘れて、何を見ているのか分からなくなってくる。

そして無数の花が散って舞うその瞬間の姿は

物悲しくもあるような感じがしてくる。

なんて、ちょっとセンチになっちったかな…



japan-narakyoto



japan-narakyoto

他にももっと行きたいとこあったけど、それはまた次回ということで。






さて、桜といえば吉野。

明治以降全国に広まった染井吉野はうちの近所やけど、その本家の吉野。

一度は行ってみたいと思いつつ、まだ行っていなかった。

行けるときに行っておこうと思い、

関西には行ったばかりやったけど…また行ってきた。



japan-narakyoto

街中や公園のさくらしか見たことがなかったから、自然の中の桜は新鮮やった。



japan-narakyoto

なるほど、これが吉野かぁ。

このスケール感ね~



地図や写真では見てたけど、どうも自分の中で吉野のイメージが作りきれなかった。

自分の中で、その場所の位置感覚やスケール感、構成などなどを把握しておきたい性格。

いったん把握してしまえば、あとはニュースやテレビ、写真などでその場所が出たときにも

おおよそイメージが掴めるので納得できる。

ってそんなこと言ってるから、世界中周らないと気がすまないんだよなぁ。。。



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto



japan-narakyoto

上千本は満開はまだ先で、中千本が満開を過ぎたところ、って感じだったから、

時期的にはちょっと外したかなぁ。

山の上の方はまだ咲いてないし、下のほうは葉桜になってしまってたから。

それでも十分見ごたえあったわ~



夜はライトアップもされてるみたいやし、

奥千本の方に歩いていくのも楽しそうやし、

そのまま熊野までも行けるみたいなので、

次回は何泊かして吉野を満喫してみたい。



また来年!! にも来れることを願って。。。

2011.05.12 Thu l 41:アジア:日本 l COM(2) TB(0) l top ▲
アメリカ:テーラーハイウェイ(アラスカ州)(2009年9月)
United States of America : Taylor highway (Alaska) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)



alaska-taylor-アラスカ-テーラー



「秋」

それはアラスカで最も短い季節であり、そして最も色彩豊かな季節でもある。

アスペンの木の葉が黄金色に輝き、ツンドラが真っ赤に染まる。



アラスカに入ると、まずはタイガと呼ばれる地帯が我々を迎えてくれる。

タイガとは、ロシア語でシベリア地方の針葉樹林の意味。

今では高緯度地域の針葉樹林帯という意味も含み、北方林とほぼ同じ意味で使われている。

樹木の種類が極めて限られているのが特徴。

木々は厳しい気候条件のために枝を横に伸ばすことができず、

どの木も空に向かって針のように成長している。

北アメリカのタイガはモミ属、トウヒ属を中心とした常緑針葉樹林である。



alaska

このタイガ一帯はムースの生息地であり、

たまに道端で出会うことがある。

ムース。日本名はヘラジカ。ヨーロッパではエルクと呼ばれている。

夏は単独もしくは数頭の群れで生活するという。

角がないから雌だろう。



alaska

アラスカハイウェイをいったんそれて寄り道をすることにする。

テーラーハイウェイを通って、再びカナダのユーコン準州を目指す。



alaska



alaska

アスペン(広葉樹)とスプルース(針葉樹)が入り混じった森



alaska

途中であたり一面焼け焦げたような場所に出くわす。



alaska

アラスカでは定期的に山火事があり、

山火事自体は自然のサイクルの一部の出来事なのだが、

温暖化の影響でか、近年ではその発生頻度が多くなっている模様。



alaska

起伏が連続する道を高速で走る感じは、

ちょっとしたジェットコースターのようなもの。



alaska



alaska



alaska

森の木々が急に低くなる。やがてまばらになり、

樹木の育たないツンドラ地帯が出現し始める。



アラスカの大地はタイガであり、あと大部分は人間を寄せ付けないようなツンドラである。

ツンドラとは、「木のない平原」を意味するサーミ語に由来し、

地下に一年中溶けることのない永久凍土が広がる降水量の少ない地域のことである。

永久凍土といっても夏の一時期に表面の土壌だけは溶け、

コケ植物、地衣類や草本類、灌木などの植物が繁栄するところもある。

遠目には普通の草原に見えるが、

一歩足を踏み入れるとクッションのようにふかふかとしている。



ツンドラにも、北極ツンドラ、南極ツンドラ、高山ツンドラとあり、

この辺りはまだ高山ツンドラといったところか、もしくは

森林地帯とツンドラの間の移行帯における低木林かな。



alaska

同じ山の斜面でも僅かな標高の違いで植生が変わる。

この辺りが植物にとって生き延びることができる最後の場所だということを

その僅かさが示しているようでもある。



alaska

タイガとツンドラの移行帯ならではの光景が視界いっぱいに広がる。

北上するにつれ、また標高が上がるにつれ、

植生が変化していくさまがはっきりと見て取れるのが面白い。



alaska

スケール感はこんな感じ。



alaska

次第に景色がツンドラの絨毯のようになり始めた。

さらに北に向かい、少しずつ標高も上がっていくと、

そこにはまた別の世界が広がっていた。
2011.05.18 Wed l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。