上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ニカラグア:グラナダ(2009年8月)
Nicaragua : Granada (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



朝方はうっそうとした濃い緑を見下ろしていたが、

次第に軽やかな黄緑の草原が横に広がり始めた。

高原地帯にあるコスタリカの首都サン・ホセから

バスは山道を一気に下ってきた。



国境を越えニカラグアに入ると、

何十、何百という、白いスリムな風車が並ぶ先に

裾野の緩やかな曲線が美しい山が見えてきた。

アンデス山脈沿いに長くいたので、

久々に見る単独の山だ。

左右対称な裾野の前には大きな湖が横たわっている。

湖はその優美な山の姿を綺麗に湖面に映す…

というほどきれいな水ではないのが残念だが、

なかなか堂々とした景色が車窓に広がる。



中米最大の湖であるニカラグア湖の湖畔に、

目指す町グラナダはある。

グラナダは1524年、フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバ

という人により創設され、スペインの都市グラナダにちなんで名づけられた。

ちなみにニカラグアは、

当初はスペイン人征服者に対して抵抗運動を起こしていたが、

後にキリスト教に改宗して布教につとめたインディオの族長ニカラオの

名にちなんでつけられた(ニカラオの地)。



バスターミナルではなく、バス会社のオフィス前でバスは停まった。

周りを見渡すと低層の住宅が軒を連ねている。

どこにいるのか良く分からないので、

とりあえずセントロ(中心部)の位置を聞いて向かうことにする。

2つ3つ宿をあたり、中庭のハンモックが気持ち良さそうな宿に決める。

宿のおばちゃんに安くて美味しいオススメの食堂を教えてもらい、

そこに直行する。



もう昼時を過ぎていたので、店内は閑散とし、従業員も食事をとっていた。

カウンターに並んでいた料理の中からメインを選び、近くの席に着く。

「そこじゃなくて、こっちに来なさいよ」

と、おばちゃんがファンの真下の席を指差し、ファンのスイッチを入れてくれた。

上から若干温かみを帯びた風が吹き付ける。

やっとひと息つく。



ふうっ、それにしても暑い。

8月は雨季真っ只中。

高温多湿のこのまったりとまとわりつくような空気は、

高原都市のサン・ホセから来ると一層際立って感じられる。



nicaragua

メインの肉より付け合せのバナナの方が圧倒的に多かった昼食。



メルカド(市場)あたりをぶらついてみる。

暑く湿った空気のためか、人々に覇気のようなものがない。

町行く人もどこか気が抜けているような感じだ。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua

子どもは元気だけど。



nicaragua

中央の広場には木がうっそうとしている。

その足元には必ずといっていいほどベンチが置かれ、

人々がまったりと過している。



nicaragua

売り込みもしないで、来る人のみを相手にするおばちゃん。



nicaragua



nicaragua

昼下がりの住宅街は人もまばらでとても静か。



nicaragua

日本でいうと縁側のようなところかな。

暑い日中は風通しのよいところでのんびりっ。



nicaragua

昼下がりにはこのように昼寝している人が目に付く。

まぁその気持ちはよく分かる。



でも、郵便局は2時半で、博物館も4時で閉めるって…

仕事をする気が起きないのは分かるけど、

早すぎないか…



って思ったけど、この感じ…



うん、悪くない。

背伸びしない等身大の姿がそこにあるような感じ。

組織に属する者も属さぬ者も。



単にゴロゴロしたいからゴロゴロしている、

ボーッとしたいからしているのかもしれない。



一見なまけているように見られるかもしれない。

なまけるというのは「すべきことをしないこと」。

彼らは社会的(勤勉な風潮が支配する社会)には

なまけてると受け取られるかもしれないけど、

自分(たち)のペースに従って自分なりに生きている。



となると、自分に対してはなまけていないんじゃない、とも思える。



もちろんこの町にも暑い中、勤勉に働いている人も見かける。

でも勤勉でなければならないというような、

ここの社会をひとつで覆っているような風潮は存在しないような気がする。

もちろん一介の旅行者に何が分かるってものでもない。

いろんな考えに基づいて生活してもいいんじゃんって、

単にそんな空気を感じただけ。



あまりにもバラバラだと社会は成り立たないかもしれないけど、

ある程度は容認してくれてもいいんじゃないかなぁ。



夕方、暑さが少し和らいでくると、広場や通りに人が増え始めた。

子どもたちの遊び声も大きさを増してきたような感じだ。

商店街にも屋台が並び始め、通りは活気を帯び始める。



さて、今日の晩飯は、っと。

中米にはGallo Pintoという豆と共に炊き込んだ赤飯がある。

中米ならではの料理だから食っておこうと頼んだら、

nicaragua

米とトルティーヤ(とうもろこしをすり潰してつくった薄焼きのパン)

う~ん、炭水化物に炭水化物かよ…

メインはどこいった~

「メインが肉や魚とは限らないぞ、米の場合もある」



いろんな考えがあるもんだ。



nicaragua


スポンサーサイト
2010.07.15 Thu l 28:中米:ニカラグア l COM(3) TB(0) l top ▲
ニカラグア:グラナダ(2009年8月)
Nicaragua : Granada (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



グラナダは前回も書いたようにスペインにより侵略された町。

そして町はインディアス法による都市計画に基づいてつくられた。

その計画とは、中央部に広場を配置し、

グリッドパターン(格子状)で街区を形成するというもの。

自分たちの文明・文化に絶大なる誇りをもっているのか、

その場所に合わせた都市計画をする暇や労力を惜しんだのか、

それとも単に面倒だったのかは不明だが、

この形態は中南米のいたるところで、ほとんど機械的といえるほどに採用された。



しかしスペイン本国の地中海性気候とは異なるこの地では、

そして、先住民のそれまで培ってきた文化を前にして、

何から何まで本国と同じようにつくることはできなかったのではないだろうか。



例えばカトリックの教会。

スペインと同様の石造りで開口部が多くない教会もあるが、

アドベ(日干し煉瓦)、セメントにスタッコ仕上げのものや、

屋根に木材を使用したものもある。

暑さのため開口部は多いし、窓も開けられる。

壁面と屋根のドーム部分の接合部には風通しのスリットも入っているし、

この土地で採れる材料、そして高温で高湿多雨の気候を考えれば、

このような教会が生まれるのは当然のように思える。

nicaragua



nicaragua






住宅に目を移すと、基本的にはスペインの都市部に見られるような

住居同士が壁面を繋げて街区をつくり、各住居が中庭をもつ形式である。

しかし、スペインではなかなかお目にかかれないような、

日本の雪国に見られるような雁木(ここでは雪よけ目的ではないが)

のようなものが目に付く。特に中心部近くにおいて。



雁木の場所は風通しもよく、日陰で過しやすいので、

(中にはさらにファンを取り付けているところもあるが)

人々がおしゃべりしたりする社交の場となっている。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua

これは中庭側だけど。



nicaragua

伝統家屋を改装したホステル。



このような文化があったから雁木のような形態が生まれたのか、

それともこのような形態からそのような文化が生まれたのか、

そういうことを推測することは楽しい。



東アジアの高温多湿の地域になると、

住居は基本的には東屋で、これを軽く仕切る形式となる。

日本の昔の住居もこの形式の流れにあった。

この前に訪れたパナマの沿岸部の高床式住居の方が

高温高湿多雨の地理的条件に対応した住居形式のような気がする。

しかしここでもこの半屋外の東屋のような明確な区切りのない場所が生まれていることは、

暑さや湿度と曖昧さの間には関連性があることを示していて興味深い。



雁木形態になっていなくても、

切妻屋根(屋根の形状のひとつで、ふたつの傾斜面が山形に合わさった三角形の屋根)で、

軒(屋根の外壁から外側に出ている部分)を取り、

強い雨や厳しい日差しを遮るようになっている。



中心部から離れるに従って、雁木は減っていくのだが

これは町の形成の進展と関係があるようだ。

nicaragua

色の濃い中心部分を除けば20世紀以降、

それも大半は(色の薄い部分と白い部分)ここ20~30年以内にできたもの。

近年、雁木はつくられていない。

それが独裁や内戦による影響なのか分からないが、

建築や街並みはその時代時代の姿を反映してもいるので、

このような光景は興味深い。






夕方、町の中心にある公園に戻ってきた。

カテドラルの前を通ると子どもが塔にのぼらないか、と声を掛けてきた。

値段を尋ねると、いくらでもいいとのこと。

う~ん、うまいね。

そういわれるとあまり少ない金額は出せない感じがする。。。

というか別に金に執着しているわけではなく、

何となく観光客に声をかけてみてるだけのような感じだ。



nicaragua

上からは多くの樹木に抱かれたグラナダの町が一望できた。

高温高湿多雨の気候のおかげで樹木の茂った大地が育まれ、

そこで心地良く暮らすシステムが生まれる。



nicaragua

風が心地良い。



気候と文化、街並みの関係。

そしてスペインの様式におさまりきらず、

その土地ならではのものが生まれてくるところに面白さがある。



先ほど下で声を掛けてきた子どもが上って来た。

壁に掛かっていたロープを取り外し、前後に動かし始めた。

鐘だ。

赤く染まった空に心地良い鐘の音が高らかに響き渡った。



nicaragua

2010.07.19 Mon l 28:中米:ニカラグア l COM(2) TB(0) l top ▲
ニカラグア:レオン(2009年8月)
Nicaragua : Leon (08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



nicaragua

中米の国々では、車のナンバープレートに国の形が描かれている。



ニカラグア第2の都市レオン。

こちらもグラナダ同様、スペインのレオンにちなんで名づけられた。



nicaragua

中米最大規模のカテドラル。

噴水の前にはライオンの像が4体。

レオンとはスペイン語でライオンのことだが、

スペインのレオンはライオンとは関係ないらしい…

「軍団」を意味する「レヒオン」が語源で、

それが訛ってレオンとなったようだ。


nicaragua

広場には緑があふれ、多くの人が利用している。



nicaragua

人々は木陰で休み、



nicaragua

おしゃべりを楽しむ。



nicaragua

メルカドには豚の貯金箱をはじめ、たくさんの野菜や果物がならぶ。



nicaragua

もちろん肉も。



nicaragua

外の仮設の売り場にもたくさんの果物がならぶ。



nicaragua

靴の修理をしているおっちゃんも、果物は大好きだ。



nicaragua

食堂街には海の幸や山の幸をふんだんに取り入れた料理がならび、

いい匂いをはなっている。



nicaragua

乗れる物には何でも乗り、



nicaragua

買い物に繰り出す。



nicaragua

このように他の都市と同じようにのんびりとした空気が漂い、

一見、特にこれといった際立った特徴はないような町だ。






しかし他の町に比べると壁画の多さが目に付く。

nicaragua

中でも革命関係が多い。

レオンは19世紀半ばまでニカラグアの首都として、軍事、文化、宗教の中心地として栄え、

先駆的な働きをしてきた。



20世紀後半に起こったサンディニスタ革命も例外でない。

nicaragua

サンディーノの理想を継承したサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)



nicaragua

アメリカ合衆国の侵略に対抗し闘ったアウグスト・セサル・サンディーノに因むもの。



コントラ戦争(日本では第二次ニカラグア内戦と呼ばれることも多い)は

サンディニスタ革命政権の政府軍とアメリカ合衆国が組織した反革命傭兵軍コントラが戦った内戦である。

ニカラグアの第二のキューバ化を恐れたアメリカ合衆国のレーガン政権からの敵視・干渉政策が原因。

争いにはアメリカの存在がよく見え隠れする。。。



ちょっとした広場の壁の2面を使って、ニカラグアの歴史絵巻のようなものが描かれていた。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua



nicaragua

これを見ていたら、おばさんが勝手に説明を始め、

終わったらガイド料を請求してきた…



nicaragua

最後になってようやく人の姿が出てくる。

多くの内戦や各国の干渉からやっと解放されたんだね。



伝統・伝説博物館にもいろいろ描かれていた。

ここは1979年のサンディニスタ革命までは監獄として使われていたようだ。

nicaragua

手づくり感満載の人形。


nicaragua

歴史的な衣装や風俗、生態系などの展示と、監獄の様子が一緒に眺められる。



nicaragua

すごい取り合わせだな…



nicaragua






革命関係以外も。

nicaragua

夜に通った食堂。



nicaragua

工事関係の道具屋さん。



nicaragua

歯医者さん。



nicaragua

宿の壁にも。



nicaragua

コーラ看板ももちろん手描き。



小物にも。

nicaragua

昼に通った食堂。



nicaragua

店への案内板。



nicaragua




nicaragua



そして、しばし見かけたのがこの車。

nicaragua



nicaragua



nicaragua



このような手描き、そして手描き風のものが町中で見ることが出来る。

手づくり感覚あふれる、よそよそしくないこの親しみやすさが

町との距離を縮めてくれるようだ。

2010.07.21 Wed l 28:中米:ニカラグア l COM(2) TB(0) l top ▲
ニカラグア:レオン → チナンデガ →
ホンジュラス:グアサウレ → エル・アマティージョ →
エル・サルバドル:サン・ミゲル(2009年8月)
Nicaragua : Leon → Chinandega →
Honduras : Guasaule → El Amatillo →
El Salvador : San Miguel(08/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



honduras

ニカラグアのレオンからホンジュラスを目指す。



チナンデガでコレクティーボを乗り換える。

honduras

チナンデガからグアサウレへのコレクティーボのチケット。

乗る前にチケット係のおっちゃんから購入して出発前に回収される。

使いまわせていいね。



グアサウレに着いた。

運ちゃんには国境に行きたいと言っておいたので、適当なところで降ろしてくれた。

それにしても何とも辺鄙なところだ。

本当にここでいいのか不安になってくる。



中米を旅行する人の多くは、国際バスを利用する。

隣国の首都間や主要都市間を結ぶバスがあるので、

乗り換えをしないで楽をしていける。

手続きも乗務員が手伝ってくれるので、

手数料は取られるらしいが、便利なことこの上ない。

主に旅行者用なので、値段設定は高めだが、

治安があまり良くなくて見所も多くないと言われる中米は

それを利用してサッと済ませようということだろうか。



国際バスをなぜ利用しないかというと、この方が楽しいから。

地元の人に交じりながら国境を越えていくというところに、

旅をしてる実感を味わえるから。

労力がかかって大変だけど。



金銭的には、直通のバスを利用するより、乗り継いだほうが高くつく場合もある。

例えば、乗り継ぎが上手くいかず1泊しなければならなくなるとか、

国境近くの町から国境までの公共交通機関がない場合など。

後者の場合、タクシーなどを利用するしかなく、

歩いていく以外それしか行く方法がないため、タクシーの運転手も強気に出て、

高額をふっかけてくる。

だいたい国境付近にはろくな奴がいないというのが相場だ。

こちらが何も知らないことをいいことに、あの手この手で金を巻き上げようとする。



コレクティーボを降りると、ここでもお決まりのごとく人が近づいてくる。

自転車タクシーの運ちゃんだ。

コレクティーボの運ちゃんに確認すると、それに乗っていけという。

言っている国境までの距離が正しいのか分からないけど、

料金は70円ほどだと言う。

コレクティーボの値段と比べても、特別にボッているわけでもなさそうだ。

まっ、金は回りものだ、少しくらいならいいか、と思いそれに乗る。



世間話をしながら自転車に揺られていると、ほどなくしてイミグレに着いた。

まあ歩けない距離ではなかったけど・・・

荷物を持って係りの人のところまで案内してくれて、

「それじゃ」って去っていった。

ほぉ普通にいい人だった。



honduras

川を渡ればホンジュラスだ。

川が国境となるケースは多い。



honduras

橋の手前にあった、まるでホンジュラスと日本の国境のような表示。

恐らく橋を含めたこの辺りの整備を日本が行ったのだろう。



歩いて橋を越えると、ホンジュラス側のイミグレがあった。

ニカラグア側もそうだったけど、人が少ない。

旅行者らしき人は他にいないし、頻繁に通っているトラックの運ちゃんが数人。

橋を越えているときもトラックが並んでいただけで、

他に人はいなかった。






国境は場所により異なった様相を見せる。

同じ国でも接する国が異なれば様相も異なる。

これはコスタリカ・ニカラグアの国境。

honduras

食べ物や土産物などの売り子も多く、多くの人で賑わう。

いわゆる旅行者の数が多いわけではない。

地元の人らしき人が大半だ。

それだけニカラグアとコスタリカでは人やモノの交流が盛んなのだろう。



honduras

何と免税店まであった。

陸の国境で免税店はほとんど見た記憶がない。

品揃えは空港の免税店と大差ない。酒やたばこといったものが多い。






さて、イミグレの入国側の窓口へ行く。人は誰もいない。

声を掛けると、近くに座って会話をしていたおっちゃんが来た。

時折笑顔も見せるフレンドリーな対応。

こういう対応で入国できると、その国に対しての第一印象はグッとよくなる。



無事にホンジュラス入国を済ませ、しばらく歩く。

ニカラグア側とは違い、軍服を着た人の姿が目立つ。

「どうしようかなぁ」

実はこのとき、一ヶ月前にホンジュラス国内でクーデターがあり、

国内情勢が不安定だった。

陸路で通ることができるかどうか不安だったけど、

実際来てみると、多少警備が厳重っぽいけど、

それほど変わった様子はない。



ホンジュラスではカリブ海側に行きたいと思っていた。

カリブ海側にはガリフナと呼ばれる

独自の文化を守りながら生活している民族がいるからだ。

ガリフナ族は他に隣国のグァテマラやベリーズにもいる。

そのためにまずは近い首都を目指すか、

それとも状況の不安定なホンジュラスは素通りして、

一気にエル・サルバドルに抜けるか。



9月にアラスカに行くことを決めているので、

中米には戻ってくることになる。

でもホンジュラスまで戻ってくるかといえば、う~ん微妙…

それに国内もクーデターで平穏ではないので、いつ何が起きるか分からない。

何かに遭遇する可能性は低いけど、

急いでいるときに限って遭遇するものだし。。。



と、歩きながら考えていたが、これといった決定打がなかったので、

結局、最初に見つけたバスに乗ることにした。

それがテグシガルパ(首都)行きなら、そのままカリブ海側へ、

それともエル・サルバドル行きなら、今回はホンジュラスは素通りすることに。



ほどなくして、わき道からコレクティーボが出てきた。

アシスタントの人がこちらの姿を見つけ、どこに行くのか聞いてくる。

それには答えずに、逆にどこに行くのか聞き返すと、

エル・サルバドルだという。



というわけで、エル・サルバドルとの国境である、エル・アマティージョへ向かった。

途中2度ほど軍の検問があって止められたが、

エル・アマティージョには2時間ほどで到着。

イミグレは目の前だ。

しかしこのまま抜けてしまっては、ホンジュラスで何もしていないことになる。



まずは郵便局探し。各国からエアメールを出しているので、

わずかな滞在ながらここでも出しておこうと思った。

ちょうど近くに日陰で涼んでいるおっちゃんたちがいたので郵便局の場所を聞いてみると、

この町に郵便局はないとのこと…



ないのでは仕方ないし、腹も減っていたので昼飯にすることにする。

ついでにオススメの食堂を尋ねて、行ってみた。

いくつか料理が並んでいる。

ホンジュラスらしい料理を、と思ったけど、特に目新しいものはなかった。

食文化的にはまわりの国と似ているのだろう。

値段を確かめてからミートボールを選んだ。



しかし盛られたミートボールの姿を見て唖然とした。

「えっ、それだけ…」

米がちょこんと少し盛られた横に小さいミートボールが2つ。

こんなに少ないとは思わなかった。

幼稚園児のご飯並の量だ。

値段は特別高いというわけではなかったけど、コストパフォーマンスが悪すぎ。

慌ててキャンセル。



店の外に出て、他の食堂を探す。

次に見つけたのは小さな家族経営の食堂。

おばあちゃんとおばちゃんと小さな男の子がひとり。

honduras

選択肢はなく、運ばれてきた料理。

先ほどよりは少し増えているけど、

ラテンアメリカ内ではたぶん一番量が少ない気がする。

2軒続けて量が少ないということは、

ホンジュラス、もしくはこの地域の平均的な量なのだろう、

と納得して頂くことにした。



腹も落ち着いて、出発前にトイレを借りようとすると、ここには無いという。

おばちゃんが子どもを呼んで、連れて行くように言った。

彼は向かいの商店に連れていき、帰りもきちんと送ってくれた



おばちゃんもおばあちゃんと世間話を少しして、

そろそろ行くね、と言うと

彼女たちは満面の笑みで見送ってくれた。

そして男の子はサブバックを持って送ってくれるという。



honduras

イミグレの手前まで送ってくれて、男の子は家に帰ろうとした。

善意でやってくれると、嬉しくて御礼がしたくなる。

でも適当な品がなく、調度ホンジュラスの通貨があまっていたので、

お金をあげることにした。

ジュースが一本買えるくらいだから、調度いいだろう。



わずかに3時間というホンジュラスの滞在だったけど、

出会った人は、みんな気持ちのいい人だった。



イミグレで手続きを行おうとしてもどこにいっていいのやら分からない。

尋ねても「行っていいよ」みたいに先を指差す。

中米の4カ国、グァテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアでは、

4カ国合わせて90日間の滞在ができる。

つまり最初と最後の国でスタンプをもらえばいいので、

ここでは特に手続きはいらないということなのだろうか。



honduras

ホンジュラス側のイミグレを抜けると、普通の通りに出た。

商店があり、店の前ではおばちゃんたちがくつろいでいる。

本来ここは、両国間の緩衝地帯のようなもののはずだが…

何とも緊張感のない国境だ。



honduras

ここでも国境は川だ。



honduras

橋の先にはエル・サルバドル側の建物が見える。



橋を渡り終えようとしたとき、

橋の手すりに腰掛けていた2人の制服を着たおっちゃんたちに呼ばれた。

行ってみると、「パスポート」と。

実はこの2人、ホンジュラス側とエル・サルバドル側の役人たちだった。

仲良く談笑している姿からは、両者の関係はまったく想像できなかった。

ホンジュラス側の役人にパスポートを手渡すと、ページをパラパラとめくり

ニカラグア入国時の入国スタンプを確認する。

それが終わると、横に座っているエル・サルバドル側の役人にパスポートを手渡し、

彼も一応そのページを確認する。

「ようこそエル・サルバドルへ」

時間にしてわずか数秒。これまでで最速の国境審査だった。



橋付近の緩衝地帯ののんびりとした雰囲気といい、

彼ら役人どうしの友達みたいな関係といい、

こんなに緊張感のない国境は初めてだ。



honduras

国境から出ているバスに乗り、サン・ミゲルという町を目指す。



日本の路線バスは乗務員は運転手のみということが多いが、

世界では運転手と料金徴収の人の2人体制のところが多い。

運転手はもっぱら運転に集中し、残りの仕事はもうひとりのアシスタントに任せる。

客の呼び込みに始まり、荷物の出し入れ、料金徴収などなど。



乗り降りの激しい路線ではバスの扉は開けっ放しのところが多い。

このバスも同じで、開けっ放しにしていて、

アシスタントは盛んにドアのところから行き先を叫んで呼び込みをする。

そしてたまに、普通に50~60kmの速度を出して走行している最中に

ドアから身を乗り出して、体いっぱいに風を感じ、声をあげていた。

そして運転手に向かって

「気持ちいい~」みたいなことを叫ぶ。

honduras

推定年齢30代後半の彼。



日本なら、危険だからやめろとか、

いい大人がなにやってんだとか、

そういうことを言われそうな気がする。



いくつになっても楽しいことをやって、ときにはバカなこともする。

そういう風に日々過している彼らの世界の雰囲気が何とも心地良い。

2010.07.28 Wed l 29:中米:ホンジュラス l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。