上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
パナマ:ポルトベーロ(2009年7月)
Panama : Portobelo (07/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



イタリア語で「美しい港」を意味するポルトベーロ。

というのも、コロンブス(イタリア・ジェノバ出身)が4回目の航海の途中、

ここに停泊して命名したからである。

新大陸の豊かな富をスペイン本国に運ぶための重要な港として発展していく。

ペルーなどからパナマシティに集められた金や財宝はポルトベーロに運ばれ、

ここポルトベーロから大西洋を横断してスペインに運ばれていった。

そしてスペインからの物資や人もこの港から新大陸へと運ばれていった。



panama

本当にスペインと新大陸との間の窓口だったのかと思うほど、

今では小さな小さな港町。



panama

かろうじて海賊の襲撃に備えた要塞が残っている。



panama

サン・ヘロニモ砦。



panama

17世紀に海賊の攻撃を受けているので破壊されている。



panama

いまではひっそりと佇み、子供たちの格好の遊び場になっている。



panama

こちらはサンティアゴ砦。






panama

民家にはいろんな絵が描かれている。



panama

何を表しているのか不明…



panama

他では見たことがないような絵ばかりだな。



panama

ちなみにパナマのバス。

恐らくアメリカのスクールバスのお古だと思うけど、

見事なデコレーション。



panama



panama



panama

いろんな絵があり、見ているだけでも楽しい。



panama

視界は狭くなるけど、それよりも飾りつけの方が大事なのだろう。






panama

港町らしく魚の定食。

シンプルだ。



panama

家の目の前が海なので、子供たちにとっても海はとても身近な存在。

幼子もボートに揺られて育っていく。



panama

遊びに行くのか、それとも何かを採りに行くのか分からないが、



panama

子供たちだけでボートを漕ぎだしていった。



すごいな。

自分の子供の頃の環境とは大違いだ。

目の前には海が広がり、

すぐ背後には森が広がっている。

このようなところで育った人たちは、

いったいどのような考え方をする大人になっていくのだろうか。



ポルトベーロはかつての大事な役目を終え、

いまではひっそりとしている。

これから再度歴史の大舞台に登場することはあるのだろうか。

う~ん、恐らくないだろう。

今のままでも子供たちにたくさんの遊び場を提供しているし、

村人たちもそのようなことは特に望んでいないような感じだ。



というのも、みんなのんびりとした生活のリズムに浸りきっていたから。

スポンサーサイト
2010.03.01 Mon l 26:中米:パナマ l COM(0) TB(0) l top ▲
パナマ:パナマシティ → ダビ → ボケテ(2009年7月)
Panama : Ciudad de Panama → David → Boquete(07/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



世界の十字路に位置するパナマ。

その中でも南北アメリカ大陸をつなぐ陸地が最も狭まった地域に

つくられた町がパナマシティである。

スペイン植民地時代から、

アメリカとヨーロッパを結ぶ交通の要衝として重要な役割を果たしてきた。

1914年、人類史上最高の土木工事と言われたパナマ運河が完成し、

その重要性はより一層高まった。



panama

暑い暑いパナマシティ。

どこにいってもカキ氷は大人気。



panama

個性に少し乏しい新市街は建設ラッシュ。



panama

町と海を隔ててしまっている道路。



panama

旧市街に行けばのどかな雰囲気は残っている。



panama

町と海は一体となっており、

海とともに生きている庶民の暮らしがそこにある。



panama

廃墟と化した建物は今では子供の遊び場。



panama

アメリカの影響で英語もよく見かけるし、よく通じる。

中米の国々ではアメリカ合衆国の影をちょくちょく垣間見ることになる。



panama

パナマ運河の全長は約82km、幅30mほどの船がここを通過していく。



panama

少しずつ水位を下げていき、



panama

太平洋と大西洋の水位の差、また内陸部との差を調整していく。



panama

大西洋から来た船が太平洋へと。



panama

船はひっきりなしにやってくる。



panama

建設にあたった人たち。

運河の設計者などが脚光を浴びるが、この人たちの存在を忘れてはいけない。

彼らがいなければ、何も生まれないのだ。

ほんの一部を撮っただけだけど、よく見るといろいろな人種がいるものだ。






パナマシティからバスで第3の規模を誇る町ダビを目指す。

パナマの気候は高温多湿の亜熱帯気候。

狭い国土ながら国土の多くを丘陵や山地が占める。

そのため車窓には緑豊かな山地がどこまでも広がっている。

またこの時期は雨季のため、

雨は降っては止んで降っては止んで、ということを繰り返す。



車窓からの景色が闇に完全に覆われた頃、

バスはターミナルに滑り込んだ。

適当に宿を見つけ、夕食を取りに外に出る。

しかし店がほとんど開いていない。

開いているといえば寂れたBarのようなところか

高そうなレストランくらいだ。

Barも少し入ってみたい気もするけど、

あまりにも薄暗いのでちょっと怖い…

まだそれほど遅い時間でもないのに、随分と夜が早い町だ。



町の中央のセルバンテス公園のほとりにホットドッグの屋台を見つけた。

絶え間なく人が寄っていく。

地元の人にとってもここくらいしか食べるところがないのだろうか。

食べ終わって金を払うと、屋台の兄ちゃんは

「ありがとう」と日本語でお礼を言ってきた。

なぜこのような観光地でもないような場所で。。。

でもそのひと言で、何だかとても嬉しくなる。

雨と町の寂しい雰囲気で気持ちは曇りがちだったけど、

少し晴れ晴れとした感じになった。

う~ん、結構単純な性格だな。



翌朝、朝から強い日差しが差し込む。

町も昨夜とは打って変わって、大勢の人で賑わっている。

所々人だかりがあったので何だろうと覗いてみたら

宝くじだった…

ラテンアメリカの国々では、どこも宝くじが人気だ。



ダビからボケテ行きのバスに乗り込む。

町中を少し走り乗客を集めると、バスはボケテに向けて走り出した。

次第に家が少なくなり、家々の間隔が広くなってくる。

家の前の庭には少しながら花が咲いている。

少しの花でも、あるのとないのとでは車窓のからの楽しみは違ってくる。

所々木々が連なり緑のトンネルをつくりだしている。

昨夜の雨がまだ葉の上にのこっており、

それが日差しを浴びて生き生きと輝いている。



panama



次第に空気がひんやりしてきた。

徐々に標高が上がってきているのが実感できる。

エアコン完備のバスではなく、

窓を全開にして風を感じることができるバス。

ローカルバスのこの速度は何ともいえず気持ちいい。

人の乗り降りが多いから、それほど速度を出すこともないので、

流れ行く車窓もじっくりと味わえるし、

バスが止まると、「誰々乗ってる?」と声を掛け、

荷物を渡していく人がいたりして、

地元の人たちの生活の一部を垣間見れるようで楽しい。

旅の速度はこのくらいが一番いい。



遠くの山の裾野まで緑が広がっている。

見上げれば青い空に雲が泳いでいる。

あ~、なんて気持ちいいんだろう。

楽しくて仕方ない。

こんなワクワクした感じで移動しているときに、

旅をしているという実感が湧いてくる。



panama



ボケテは標高1000mほどで、山岳リゾートとしても有名らしい。

「花と永遠の春の谷」とも呼ばれているらしいが、

雨季のためか若干天気がわるい。

地形的に午後からは曇りがちになってしまう。

でもまたそんな霧に包まれた町もなかなかである。



panama



川沿いを散歩したり、

山道を登ったり降りたりして汗をかいたりして

ボケテでの数日を楽しんだ。



panama

2010.03.03 Wed l 26:中米:パナマ l COM(0) TB(0) l top ▲
パナマ:ボケテ → アルミランテ → ボカス・デル・トーロ
     → グアビート → シクサオーラ(2009年7月)
Panama : Boquete → Almirante → Bocas del Toro
     → guabito → sixaola(07/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



ボケテからダビまで引き返して、アルミランテへ向かう。

ダビは太平洋に程近い町。

そしてアルミランテはカリブ海に面した町。

中央山脈を越えて、一気に太平洋からカリブ海へと向かうことになる。



アルミランテへのミニバスは冷房完備。

う~寒い…

窓開けて風を感じようよ。。。



最初は平野をひた走る。

車窓には水田が広がり、のどかな雰囲気だ。

そして一気に山越えとなる。

山は木で覆われており、日本の山のようだ。



峠に差し掛かかると遥か前方にカリブ海がちらっと見えた。

お~

別にカリブ海を見るのは初めてではないけど、

妙に興奮してしまう。



やはり移動は楽しい。

旅の醍醐味は移動にあると言ってもいいくらいだ。

地図で見ていた地形が、

目の前に3Dで臨場感をともなって景色として迫ってくる。

そしてまだ見ぬ土地へ連れて行ってくれる。

この期待感、そしてときには多少の不安に伴う緊張感とともに、

バスに揺られている瞬間は心地いい。



panama



峠を越えると景色は一転して熱帯に。

このバスも途中での人の乗り降りは結構激しい。

その停車中に物売りが乗り込んでくる。

この路線で多かったのは野菜売り。

きゅうりや熟したトマト、ピーマン、タマネギ、パイナップルなど、

獲れたての色とりどりの野菜が目を楽しませる。



この物売りという仕組みは、

売る方にとても買う方にとっても都合がいいように思う。

都合のいいときに店を開くこともなく売ることができるし、

買いに行く手間を省いて新鮮なものを得ることができる。



若者が挨拶をしながらバスに乗り込んできた。

礼儀のいいやつらだ。



そういえば同じラテンアメリカでも

バスを降りるときの掛け声は国によって結構違う。

(同じ国でも地域によって違うこともある)

ペルーでは「vajo」(意訳:おりるよっ)

ボリビアでは「voy a vajar」(意訳:おりま~す)

エクアドルでは「Gracias」(意訳:とめて~、ありがとう)

パナマでは「parada」(意訳:とまって~)

って感じか…

訳って難しいな…

言ってた人の言い方で訳をつけてしまったような気が…

あまり的確な訳ではないけど、まぁ違いがあるということで。



panama



所々に民家が見える。

農家の人の家だろう。

どの家も高床式のつくりだ。

恐らく湿気対策だろう。

もしかしたら洪水対策でもあるかもしれない。。。

昼間は軒下が家の居間と化している。

ハンモックに揺られたり、

この暑い気候の下、とても気持ち良さそうだ。



気候が変われば家のつくりも変わる。

気候に適したつくりが、その場所ならではの景色をつくる。



アルミランテに到着。

とはいえバスターミナルでもなんでもなく、ただの道の途中。

タクシーが待ち構えている。

車掌の若者が荷物を降ろすのを手伝ってくれ、

これにのって港まで行くようにとタクシーを指差す。

値段も教えてくれ、笑顔で足早に去っていった。



特にボルこともなく適切な値段でボート乗り場に到着。

ここからボカス・デル・トーロという島に向かう。



panama

モーターボートに乗り込んで、水上家屋の間を抜けていく。



panama

沈没しているタンカーや、

地元の人たちのボートを横目にスピードを上げていく。



panama

ボートは水面を軽く跳ねるように滑っていき、

まわりの景色が足早に去っていく。

沖に出て、前方にいくつか島が見えてきた。



panama

ボカス・デル・トーロはアルミランテ湾にある小さな町。



panama

高床式の木造家屋が並ぶ。



panama

どこの国でも通りは遊びの場。



panama

水辺の家は水上家屋。

家の先には船着場もあり、ここでも海と生活が密接している。



panama

水上ハンモック。

海の心地よい風を浴びてゆ~らゆら揺れるなんて何て気持ちいいんだろう。



panama

ちょっとした空いている場所があれば

パナマでもやはりサッカーは人気。



panama

飛行場兼野球場。

飛行機はそんなに頻繁に来るわけではないので、

来るときだけ気をつければいいとのこと。



panama

一本の木の下に、老若男女が集まる。

木を中心に、ひとつの空間が出来上がっている。

中心を固定すること、囲いを確定すること、が空間を生み出す基本。

原始的で、囲いは物理的なものではないけれど、

見事な空間が出来上がっている。



panama

海辺の町はどこもゆったりとした空気が流れている。



panama

ボカス・デル・トーロからコスタリカを目指す。

ボートでアルミランテまで戻り、国境の町グアビートへ。



panama

パナマ・コスタリカ両国の国境は川の真ん中。



panama

昔の鉄道線路跡を歩いて渡る。

いざコスタリカへ。

2010.03.04 Thu l 26:中米:パナマ l COM(0) TB(0) l top ▲
コスタリカ:カウィータ(2009年7月)
CostaRica : Cahuita (07/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



パナマ国境にも近いカリブ海に面した町カウィータ。

町の横にはビーチとジャングルからなるカウィータ国立公園が広がっている。



Costarica



Costarica

ジャングルの中のトレイルを歩いていると、

足元にはハキリアリや色鮮やかなカニが、

少し目を奥にやると世界一美しいトカゲと言われるグリーンバシリスクが、

目を上にやるとサルが木々の間を飛び回っている。

時折鮮やかなブルーのモルフォ蝶が自分の周りをひらひらと飛んでいく。

その他名前も知らないような虫とかがけっこうたくさん。



Costarica

突然アライグマがやってくることも。

最初は向こうも驚いてたけど、なぜだか近寄り始めた。

このときはまだ何者か分からなかったけど、

触れる範囲に近づいたときに爪を見て、

「うおぉ」と、びびってしまったら、向こうも驚いて逃げていった…



Costarica



Costarica



Costarica

丸一日歩いて十分満足した。



今日はだいぶ歩いたのでとても疲れた。

ちょっと早いけど寝てしまおう。

ウトウトしているうちに他の旅行者が帰ってきた。



それにしても暑くて、寝苦しい夜だ。

ぐっすりと眠ることはできず、たまに目を覚ましてしまう。

気がつくとドアのところに人が立っている。

ん、誰か出かけるのか、こんな夜中に。

ん~、眠い。



寝返りを打つときになんとなく目を開けたら、

ベッドの後方に人影が見えた。

ん、なんだ?と思ってちょっと見てみると、

その人影の手が伸びてきて、

自分のベッドの上に置いてあったショルダーバッグを盗ろうとしていた。

反射的にバッと起きて、バッグを確保した。

その人影は突然の動作にとても驚いたようで

飛び跳ねるようにして後ろに引き下がった。



「なにやってんだ?」と聞くと、

「ドアがどうのこうの」とわけの分からない説明をし始めた。

視線をベッドの下に移すと、

あっ、ない。

おれのサブバッグが。

おれがそれに気が付いたのと同時に、

その泥棒たちは逃げ出した。

体は自然と奴らを追いかけ始めていた。



ここの宿は、建物の入口を通ってから部屋に入るのではなく、

個々の部屋がそれぞれ外部との出入り口をもっている。

まあ海辺の宿っぽいといえばそうなんだけど、

簡単に外部の人が侵入できてしまう。

そういえば後から帰ってきた他の旅行者が鍵をかけなかった気がする。

暑いからドアを開けて寝ようとか言っていたくらいだからな…



部屋を出て、庭を通り抜ける。

庭先のドアが開いている。

ここのドアも開いてたのか…

なんちゅう宿だ。まるで危機管理がなってない。

外に出て砂利道を追いかける。

裸足で飛び出したので、足の裏の痛いこと。

300mくらい走って、2人組みの犯人は二手に分かれた。

もちろん追いかけるのは、サブバッグを持っているほうだ。



ほどなく追いつくことができた。

片手におれのサブバッグ、そしてもう片方には、

今まで暗くて見えなかったけど、棒に釘を何本も刺したようなものをもっていた。

そんなもんつくってくるなよ~

奴の攻撃を避けつつバッグを奪い返さなければならない。

う~ん、とりあえず捕まえた瞬間にぶちのめせば良かった。

失敗だ!!



釘付きの棍棒が気になって、膠着状態になってしまった。

そうこうしているうちにもうひとりが戻ってきて、

後ろから首を絞めてきた。

完全に決まっていたわけではないけど、倒されてしまった。

その隙にバッグを持った奴が逃げていった。

しばらくして首絞め野郎も手を離し逃げていった。



振り返ると、2人ともまだ20mほど先に居る。

追いかければまだ追いつける距離だ。

しかし棍棒の他に何か持っているかもしれない。

ナイフや拳銃が出てきたら最悪だ。

それにベッドの上に放置中の貴重品が気になる。

2人組みもこちらがどういう行動に出るか気にしている。

やむをえず宿に戻ることにした。



宿に戻るとみんな寝ていた。

何が起こったかも知らずのん気なもんだ。

お前らのせいで部屋に泥棒が入ってきたのにぃ~(怒



とりあえず宿の人に連絡して、意味はないけど警察に行った。

どうやら隣の宿で少し前に拳銃強盗があったようだ。

被害額は100ドルくらいらしいけど。

コスタリカは中米では一番治安がいいらしいけど、

この町は黒人も多く、ふらふらしているような奴も少なくない。

2人組の泥棒も黒人。



部屋に戻ると、宿の人から事情を聞いたのだろう、

入口の自分とは反対側にいた女性が

ありがとう、あなたはヒーローだとか言ってきた。

まあ確かにあそこでおれが気が付かなければ、

他の人のものも盗まれていただろう。

案の定、後で帰ってきた奴らは部屋の鍵は閉めなかったようだ。

ごめんとは言ってきたけど、

どうしようもすることができないもどかしさだけが残る。



盗まれたものは、

メインカメラ、寝袋、専門書数冊、

写真などのデータが入ったポータブルディスク、などなど。

そして何より痛かったのが南米からの日記とアドレス帳。



mixiやfacebookで繋がっている人は連絡は取れるけど、

それらをやっていない人や、

そこまで親しくなかったけど、

後で連絡はとろうと思っていた人のアドレスが消えた…

facebookは前からやっていたわけではなかったので、

特に外国人のアドレス損失が大きい。



日記も痛い。

幸い日記用のメモは残っているけど、

それかといって全部書いてあるわけではないし。



でもきっとこれまでのことは覚えてるはず。

ただ思い出せないだけで。

思い出すきっかけさえあればきっと思い出せるだろう。

そのきっかけはきっと、

これまで出会った旅行者との再会時の会話だろう。

南米では多くの旅行者と出会い、多くの時間を共有してきた。

彼らとまた会って、いろいろ話していれば、

きっと。。。



不幸中の幸いで、寝る前にPCをちょっと使っていたので、

PCだけは枕元にあり無事だった。

写真もパナマまでのは取り込んであったし、

データに関してはほぼ無事だ。

他の音楽などのデータに関してはまた貰えばいいし。



そして怪我も頭から少し血を流したくらいで済んだ。

(釘がいつの間にか当たっていたのだろう)

拳銃やナイフを持ってたら、

あの追いかけていった行動は間違いだっただろうし、

まあしょぼい泥棒で良かったと思って納得するしかない。



日記はどうしても取り返したかったので、

翌日、張り紙をつくり、少年探偵団を結成してみた。

犯人たちにとっても日本語の本や日記は不要なもののはず。

きっとそこら辺に捨てているだろうと思ったのだが…

結果は見つからず。



コスタリカは入国でももめたし、どうやら呼ばれていないようだ。

こんな国はさっさと退散しよう。

首都のサンホセで当座必要なものを買い揃え(なかなか見つからず苦戦した)

次なる国、ニカラグアへと進んだ。



あ~それにしても自分の不注意から起こったことならまだ納得もいくけど、

そうじゃないだけに腹立たしい。



って半年も前のことだけど、書いてると思い出してきて腹立ってきた(笑

2010.03.28 Sun l 27:中米:コスタリカ l COM(11) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。