上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ペルー:カハマルカ(2009年6月)
Peru : Cajamarca (06/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



インカ帝国最後の皇帝アタワルパが、ここペルー北部を代表する都市カハマルカで

温泉に入っているときにスペイン人フランシスコ・ピサロに捕らえられた。

皇帝は幽閉された部屋で壁に線を引き、解放してもうことを条件に、

その線の高さまで金や銀を集めることを約束したが、

結局は処刑されてしまった。

peru

ここが幽閉されていた部屋。

写真の左上に印がある。



peru

こんな感じ。



peru

そんな歴史的に有名なこの町は、アンデス山脈の穏やかな山々に囲まれている。



これらの山の上にパンパが広がっているところがあり、

その一部に石の森と呼ばれているところがある。

peru



peru



peru



peru

雨水による侵食や風化によって独特の表情を見せている。

長い年月を費やしてつくられた自然の造形。






peru

これはオトゥスコといって、紀元前1100年頃から紀元1200年頃まで、

穴のひとつひとつが墓として使用されていたらしい。

いまでは不思議な造形に見えるけど、

これも長年の侵食により少しずつ変化していった。



どちらも長年の風雨に耐え忍んできた姿ともいえよう。

ボロボロになりつつあるその姿には、

今後どうなっていくのか分からない儚さのようなものも秘めている感じで、

形の興味深さもさることながら、ある種の美しさをも感じる。






peru

さて、カハマルカはとても落ち着いた感じのする町である。



peru

町の中心のアルマス広場の周りでさえ、2階建ての住居群が並び、

教会以外にはこれといった建築も見当たらない。



peru

屋根はオレンジ色の瓦でほぼ統一されている。



peru

トルヒーヨとは異なり、家の壁面は白、もしくは白系統でまとめられている。



peru

屋根も壁面も風化により色あせ、歴史を感じさせる。

老朽化していると言ってしまえばそれまでだが、

あの岩々に感じたような思いにも共通するある種の美しさがあると思う。



新しいものにはない、歴史の味。



風化は長い年月の積み重ねがつくりだす意匠と言えるかもしれない。



町には多くの人が行き交い、ある程度賑わいもあるのだが、

風化した街並みが醸し出す雰囲気が、落ち着いた感じを与えているのだろう。

そんな街並みを歩くのは気持ちがいいし、

さらにこの町は気軽に立ち寄れる飲食店も多く、

(ちなみにこの町は乳製品で有名)

町の散策が楽しめるところだ。






peru

さてさて、そんな街歩きも楽しんで、その足で温泉へ。

アタワルパも度々足を運んだというインカの温泉。

海外の温泉はプール感覚なので、水着着用で温度もぬるく、

大体立ったまま入る感じのところがほとんど。

残念ながらこの露天風呂には浸かれないけど、

ここの温泉はなんと個室。

温度の調整も自在だし、座って入れるし、水着もつけなくていい。

ふぅ、やっぱ風呂はいいもんだ。



おまけ。

peru

教会で隠し撮りしたキリスト。

寝てるのか何か考えてるのか分からないけど、

こういうのがあってもいいよなぁ。

スポンサーサイト
2009.10.28 Wed l 24:南米:ペルー l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。