上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エクアドル:ガラパゴス諸島(2008年10月~11月)
ここです(地図)


10月末からガラパゴス諸島に行ってました。



アシカが遊んでくれたり、

ウミガメやサメと一緒に泳いだり、

様々な魚を目の当たりにしたり、

魚の大群が一斉に同じ動きをする様に感動したり、



さらに、

恐竜のようなアメリカグンカンドリの大空を自由に動き回る姿や、

凛々しいんだか間抜けなんだかよく分からない青足カツオドリくんの姿

に釘付けになったり。。。



とにかく大満足のガラパゴスでした。



写真を少々。

ecuador-ガラパゴス
一緒に泳いで遊んでくれたアシカくん



ecuador-ガラパゴス
いい表情をしてくれたさかなくん



ecuador-ガラパゴス
こんな色のさかなも。。。



ecuador-ガラパゴス
一斉に動く様は鳥肌モノ



ecuador-ガラパゴス
優雅なウミガメの泳ぎ



ecuador-ガラパゴス
一番のお気に入り、青足カツオドリくん



しかし、悲劇が。。。

最後のシュノーケリングに満足して、

ビーチでひと休みしようとして船から下りた瞬間、

意外に足場が不安定でバランスを崩してしまった。



手には愛用のカメラ。

タイタニックのように体が海に沈んでいく中、

カメラが海に沈まないように、

手を高々と掲げてみたものの、

一瞬海に浸かってしまったようである。(目撃者談)



だあぁぁぁぁぁぁぁ



一撃必殺。



これまで素晴らしい景色を収めてきてくれた

オリンパス1号くんが帰らぬ人となってしまいました…



さらに追い討ちをかけるように。。。



その夜、防水カメラのオリンパス2号くんも後を追うように

景色を映すことを拒否するように…

あ~、防水なのに内部に水がぁぁぁ



はぁ。。。



一度に2台のカメラを失い、意気消沈…



観光はほぼ終わっていたし、データは全部無事だったのが、

まあ幸いといえば幸い。



そんなこんなでブログを書く気も起きず、

ネットをする気も起きず、

今日に至りました。



修理もエクアドルでは部品がないため、

リマまで行かないと出来ないとのこと…



はぁ。。。



その後、理由は分からないけど、

オリンパス2号くんが復活しました。

またいつ機嫌を損ねるか分からないけど…



というわけで、やっと気分が旅モードになってきたので

近いうちにまた記事を更新したいと思ってます。

ガラパゴス編も後で書きます。



でわでわ。
スポンサーサイト
2008.11.15 Sat l 23:南米:エクアドル l COM(4) TB(0) l top ▲
コロンビア:ブカラマンガ→モンポス→カルタヘナ(2008年7月)
Colombia : Bucaramanga → Mompos → Cartagena (07/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



colombia-ベストジャーニー



コロンビアのあとエクアドルに抜けるため、まずは北を目指し、

そこから南下してエクアドルに入ることにする。

ブカラマンガからモンポスを経由してカルタヘナに抜けるルートは

コロンビアの中でも変化に富んだ景色が続く場所として知られている。

colombia-ベストジャーニー

コロンビアはこのような中型のバスでの移動が多い。センスが良いんだか悪いんだか…



まずはモンポスを目指す。

colombia-ベストジャーニー

緑豊かな穏やかな景色が続く。



colombia-ベストジャーニー

次第に湿地帯、そして川へ。



colombia-ベストジャーニー

バスごと船に乗せて対岸へ移動。



colombia-ベストジャーニー

木々や住居を見ていると、熱帯に来たことを実感してくる。



colombia-ベストジャーニー

特に絶景というわけではないが、長閑で心休まる風景が続く。

ロンプラには「風と共に去りぬ」やハックルベリーフィンの世界のような

光景と書いてあったけど、まあそう言われればそう見えなくもないって感じか。。。

何となく言いたいことは分かる。

樹木に囲まれた道とひたすら進むのだが、

その木々の隙間からは広大に広がる草原・湿原の中に大樹が点在し、

雄大だが親しみのもてる風景が広がり、

ゆったりとした気分に浸れる。



このあたりはバイクタクシーに乗りながら撮った写真だから、

シャッターチャンスは逃すは、まともに撮れないわ、で、いい写真が全然ありません。






colombia-ベストジャーニー

この川沿いにモンポスの町が広がっている。



colombia-ベストジャーニー

色鮮やかな花々や生き生きとした木々が目を楽しませてくれ、

また強烈な日差しを遮り、心地よい場所を提供してくれる。



colombia-ベストジャーニー

夕方になると屋台が出てくる。

このような軽食の屋台も多く、

みんな軽くつまみながら心地よい夕方の散歩を楽しんでいる。






colombia-ベストジャーニー




colombia-ベストジャーニー


日本とは家の中と外の感覚(内と外の境界線)が違うため、

イスを家の外に持ち出して寛いでいるこのような風景を良く見かける。



colombia-ベストジャーニー




colombia-ベストジャーニー




colombia-ベストジャーニー




colombia-ベストジャーニー

ホントにみんな外に出て過ごしている。

自分の町を楽しんでいる。






colombia-ベストジャーニー

割と壁面が多い壁の家々が立ち並び

(暑い地域なのに、意外と開口部が少ない。ということは湿気が少ないのかな)



colombia-ベストジャーニー

このような装飾があまりないシンプルな玄関と窓の連続によって、

モンポスの町は成り立っている。



colombia-ベストジャーニー

入口を入るとまずはリビング。

この家はそこそこ経済的に余裕があるのか、調度品もそれなりのクオリティ。

その程度の差はさておき、入るとまずリビングがある。

道路に面して壁面が多いため、内側は外に対して閉ざされた印象をもつ。

しかし扉は大抵開け放たれていて、リビングの様子が外から見て取れる。

そのため、散歩をしていると、リビングで楽しそうに家族でおしゃべりしている姿、

心地良さそうに昼寝をしている姿、イスに揺られて読書している姿を見ることができる。


colombia-ベストジャーニー

奥の扉の先には光に満ちた空間が。



colombia-ベストジャーニー

リビングと中庭の接点に設けられたテレビを見る場所。



colombia-ベストジャーニー

そして中庭。この構成は日本の町屋にも通じる仕組み。

狭い敷地を効率よく使うための工夫。

この中庭に面して個室が並んでいる。

この中庭、面積的に仕方なかったのかもしれないけど、

機能としては通路としてのみとなっていてもったいない。



colombia-ベストジャーニー

例えばこのように、ここにもイスを持ってくることができれば、

単一の機能に留まらない豊かな空間になったのに…



colombia-ベストジャーニー

そして中庭の奥には、ダイニングとキッチン。



colombia-ベストジャーニー

そしてダイニングの奥には、小さい中庭とそれに面した個室が。

この家はここの通路にもテレビが置いてあった。

程度の差こそあれ、モンポスの家の基本的な構造はこのようになっている。



暑い気候のためか、中庭に面した個室以外の場所は全て繋がっている。

風が通り抜け心地よい。

家の至るところにイスが置いてある。






colombia-ベストジャーニー




colombia-ベストジャーニー

この町は、どの通りも人で賑わっている。

街並み的に特に整備された町ではないけど、

この町は歩いていてホントに楽しいし、飽きない。

人々の振る舞いが町を彩る。






さて、モンポスを後にしてカリブ海に面した町カルタヘナへ向かうことにする。

公共の交通手段は乗り合いタクシーのみ。

意外と早く人数は集まり、好調にスタート。

と思ったのも束の間、やはりそう上手くはいかず、お決まりのようにパンク…



colombia-ベストジャーニー

緑のトンネルというわけではないが、

陽の光を浴びて生き生きとして、元気に色づいている木々の間を走るのは気持ちいい。



colombia-ベストジャーニー




colombia-ベストジャーニー

途中でボートに乗り換え、マガンゲの町へ移動する。



colombia-ベストジャーニー

こんな感じでスピードを出していくので、気持ちいい~



colombia-ベストジャーニー

で、マガンゲに到着。



colombia-ベストジャーニー

アジアの町のように混沌としている。

しかし流れている音楽はコロンビアらしく、サルサ。

ここからバスでカルタヘナへと向かい、コロンビアの旅が始まった。
2008.11.21 Fri l 22:南米:コロンビア l COM(0) TB(0) l top ▲
11月26日で南米に来て一年。

イスタンブールから飛んできたときは中南米で6ヶ月くらいって考えてたけど、

南米は広かった。

まだ一周できてないないなんて。。。



今年中に一周をって思ってたけど、

どうやらそれも叶わなくなってしまいました。



先週末、エクアドルはクエンカ近郊のカハス国立公園をトレッキング中に

左足首の骨を負傷。きれ~に縦にヒビが入り全治2ヶ月…

さらにその2日後、左手首じん帯を損傷。全治2~3週間…



ecuador-クエンカ



ecuador-クエンカ


これまで病気知らず・怪我知らずで来たのに、

よりによって旅行中に初体験。



もうボチボチ南米脱出してもよさそうな時期だったのに、

またもや滞在延長。

南米から逃れられない(笑



状況がこれより悪化すれば日本への帰国も検討するけど、

ここで(寂しく?)クリスマス&年越しを迎えることにします。

もっと南下して真夏のクリスマスとか体験したかったのになぁ。

残念。



でも、今いるクエンカという町はとても居心地の良いところ。

気候は常春。

暑すぎず寒すぎず、穏やかな気候が心地よい。

眼下にはオレンジ色の瓦屋根が広がり、

その背後には緑の木々に覆われた山々の連なる稜線が素晴らしい。



北側のテラスからは、クエンカの旧市街の街並みを見渡し、

南側のテラスからは、真下を流れる芝生に包まれた川の歌を聞きながら

新市街を眺められる。

出歩くことはままならないけど、この眺めは素晴らしい。



まっ、こうなってはどうしようもないので、

この状況を楽しむことにします。

ひとつの町で長居もしてみたかったし。



ブログもこれを機に何とか追いつくように頑張ります。

いま4か月分も遅れてるし。

あっエクアドルに来たらクエンカに寄って下さいな。



でわでわ。



P.S.
これを機にいろいろな調べものもしようかと。

その際には質問でメールやSkypeすることもあるかと思いますが、

そのときはどうぞよろしく。

この宿、たまにWiFiをGetできるんで。



ecuador-クエンカ
宿のテラスにて、日本を出発して初めての散髪。

って言っても痛んでいるところを少し切っただけだけど。

こうして見るとずいぶん伸びたな…

2008.11.28 Fri l 23:南米:エクアドル l COM(10) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。