上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ブラジル:マナウス(2008年6月)
Brasil : Manaus (06/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



マナウス、140万人を抱える大都市で、アマゾンの中心都市。

けど、アマゾンの町だからといってそれほど変わったところがあるわけではない。

市街地にはビルが建ち、道路も舗装されている。

brasil-マナウス



brasil-マナウス

他のブラジルの町と同じような感じである。

しかし、そのため暑いことこの上ない。



熱帯雨林のあるところでは、

森林が熱を吸収するためそれほど気温が上がらないのが普通である。

しかしこの赤道直下においてアスファルトとコンクリートで地面を覆っているし、

さらに自動車の排気ガスや工場、人口の集中、エアコンの普及。

これでは熱を吸収するどころか溜め込んでしまう。

う~む、暑さは進歩と発展、都会と文明の証かもしれない。



マナウスは海抜40m。

河口の町ベレンから1000km以上離れているのに、この海抜。

ということは、アマゾン川は非常に傾斜が緩やかということ。

そのため雨期には水位が上昇し平均で8~9m、多い年には10mを越えるという。

水位が高くなると小さい島や低地帯は水没し、陸地は極端に少なくなる。

川を遡ってきた6月下旬はかなりの高水位期。

乾期のアマゾン川も見てみたいものだ。



マナウス・モデルノ魚市場。

アマゾン川でとれる大小様々な魚が所狭しと積み上げられている。

brasil-マナウス

手前に見えるのがアマゾンナマズ、ピンタード。



brasil-マナウス

陽気な人が多い。



brasil-マナウス




brasil-マナウス




brasil-マナウス




市場の外では気軽に魚を味わえる。

brasil-マナウス


仕事の息抜きにビリヤード。

ビリヤードは南米のどこでも見かけることが出来る。

brasil-マナウス

とれたての魚たち。



brasil-マナウス






アマゾンでは上流部で天然ゴムが発見され、

19世紀中ごろから20世紀初頭にかけて多くの移民を受け入れゴム景気が到来した。

空前のゴム景気で大金を手にしたヨーロッパ人は

ヨーロッパの文化をアマゾンに持ち込んだ。

マナウスに残る立派な劇場や建造物はその当時の繁栄を今に伝えている。

brasil-マナウス

ドーム部分だけういているような気がするけど…



brasil-マナウス

何かあまり町に溶けこんでない気がするけど…



パリのオペラ座を模してつくられたアマゾネス劇場では、

欧州から一流の歌手を招いてオペラが上演された。

クーラーは、床下から通風口を通して人力で風を送っていたという。

ドームのタイルをはじめ、建築材は全てヨーロッパから輸入したもので、

内部もイタリア大理石の階段やオーストリア製のイス。

brasil-マナウス




brasil-マナウス




brasil-マナウス


ヨーロッパの劇場と比べて特に遜色はない。

けど、そんな完全に同じものつくらなくてもいいのに、とも思った。

アマゾン地方ならではの劇場というのも見てみたかった。



brasil-マナウス




brasil-マナウス




煙突博物館。

これを聞いて、なんだかいろいろ想像してしまって、

いったいどんなんだか楽しみにして行ったら。。。

横に煙突があるだけだった…

さらに14時closeということで、中はチラッとしか見れず…。無念。

brasil-マナウス




マナウス、何が一番良かったかって、それは人。

老若男女問わず、基本的に親切で優しい。



買い物をして会計を済ませた後の満面の笑みでの「ありがとう」

めちゃくちゃかわいいし、何より嬉しい。



商店街を歩いていると、若い女性の店員が腕をひぱってくる。

服屋とか靴屋など何件かで。

まあ強引っちゃ~強引だけど、笑顔でそれをしているので全然悪い気はしないし、

どっちかというと嬉しい勧誘。



「カモ~ン」ってな感じの指の動きで色っぽい誘いをしてくる女性も。



またこんなことも。

通りを歩いていると、突然若い女性が腕を組んでくる。

何だか良く分からないけど、その女性の笑顔を見ていると楽しくなってくる。

そのまましばらくデートのように話しながら歩いていると

店の前で止まって、「ちょっと中を見ていってよ」みたいな。

う~む、勧誘だったのはちょっと残念だけど、とても嬉しい勧誘の仕方だ。。。



商売がらみでなく声を掛けられることも何度か。

こちちらのポルトガル語がイマイチなため、簡単な話しかできず、

なかなか進展しないけど、楽しいひと時だった。



まあその他にもあったけど。。。割愛。



ブラジルは日本人がモテるという世界でも稀な国。

そのブラジルにおいて、中でもマナウスは

いろんな意味で頭ひとつ抜けていたかもしれない。



あっ、会話でほぼ100%話題に上がったのが、

髪と、髪につけているテレレ(正式名称は…?)

髪は旅に出てから一度も切っていないので、大分のびている。

ブラジルで長髪はモテると聞いていたけどホントだった。

テレレもかわいいと褒めてくれる。



みんなに共通していたのは笑顔が素敵だったこと。

ほんの少し笑顔を見せてくれるだけで、例え勧誘でもそれが嫌ではなくなり、

むしろこちらも幸せな気持ちになれる。

そう、ほんの少し笑顔を見せるだけで。。。

ブラジル、全般的にいい人が多く気持ちよかったけど、

ここの笑顔はホント印象的だった。


スポンサーサイト
2008.10.13 Mon l 20:南米:ブラジル l COM(4) TB(0) l top ▲
ベネズエラ:ギアナ高地・ロライマ(2008年6~7月)
Venezuela : Roraima (06~07/2008)
(地図は右のルートマップを参照)

ロライマ山トレッキング、1~3日目。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ







・ナミビアのナミブ砂漠

・ボリビアのウユニ塩湖(特に雨期)

・ベネズエラのギアナ高地

この旅で自然系の場所でどうしても行きたかった場所のトップはこの3つ。



ついにそのうちのひとつにやってきた。

「ギアナ高地」



10年以上前にその写真を見て、

またコナン・ドイルの小説「The Lost World」を読んで、

ずっと気になり憧れてた。



ギアナ高地はカリブ海の風とアマゾンの風がぶつかる場所のため

雲が発生しやすく、年中厚い雲に覆われている。

そのため飛行機からでも全貌を見ることができず

最後の秘境とも呼ばれている。



ここには「テプイ」と呼ばれるテーブル状の山がいくつもそびえ立ち、

その垂直にのびた山の標高差は1000mを越す。



その中でもロライマ山(標高2810m)は、頂上の面積が東京ドームが6000個も入るほどで、

かつ比較的登りやすいため、テプイに登りたい人はロライマ山を目指す。



しかし、ロライマとその隣にあるクケナンの二つのテーブルマウンテンだけは

テプイとは呼ばれていないようである。

何か特別な山なのだろうか。

ちなみにロライマとはペモン族の言葉で「偉大」を意味する。



サンタエレナ・デ・ウアイレンの町からツアーでロライマを目指す。

本来なら、荷物もポーターに持ってもらい、食事もガイドがつくってくれるという

All Includeの比較的楽なトレッキングになるはずだったのに、

闇両替のレートが悪く、ツアー代もあがっていたため、

荷物も自分でもつ(一部はポーターにもってもらったけど)

食事も自分でつくる普通のトレッキングになってしまった。

闇レートは3ヶ月ほど前は1ドル5000ボリーバルくらいだったのが、

いまでは3000。だからAll Includeだと350ドル以上もすることに…

う~ん、ついてない…



さらに出発の10分前ほどに、買物に行っている途中、

普通に歩いてたら突然腰に激痛が。

昔から腰は悪く多少クセになっていたんだけど、

こんなときに痛みがでなくてもいいのに…

しばらくしたら何とか歩けるようにはなったので、このまま行くことに。

う~ん、ホントついてない…



初日はグランサバナと呼ばれる丘陵地帯を歩き、ロライマに近づく。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

左がクケナンで、右がロライマ。



クケナンの奥にもテーブルマウンテンがいくつかある。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ


venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

噂通り、雲の多い地帯である。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

クケナン、斜めの角度で見えるからか、ロライマよりカッコイイかも。

(ロライマはずっと正面の姿を見せていた)



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

この川を越えて、初日のテントを張る。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

もう雨期に入り、水量も増え、流れも激しいので、渡るのもひと苦労。

緩やかなアップダウンだったとはいえ、腰の痛みがあったため

予想以上の疲れが…

そしてゆっくりと景色を楽しみながら寛ぎたいとこだけど、

そうも言ってられない。



この辺りには「プリプリ」と呼ばれる体長1mmくらいの蚊のような虫がうじゃじゃ。

歩いているときにはそれほどは気にならないんだけど、

止まると、あっという間に群がってきてウザイ。

ホントにウザイ。ウザ過ぎる。

刺されると血が出てきて、腫れてくる。

帰るころには目の周りは腫れてるし、足は刺された跡だらけで大変だった。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

2日目、晴れてはいるけど、山の周辺は雲だらけ。

これが秘境と言われる所以か。。。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

でもこれはこれで凄い景色。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

2日目はひたすら上り。

それほど傾斜のきつくない上りだけど、とにかく体力を奪われた。

3日目の山登りより正直疲れた。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ


venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

2日目は山の麓でキャンプ。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

3日目、起きるとそこには姿を現したロライマが。

今日は山頂を目指す。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

木々を掻き分けて山に近づく。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

垂直にそそり立つ岩壁。

ここから山登りである。

といってもこの壁をよじ登るわけじゃないけど。

そんなロッククライミングのようなことはできません…



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

滝の下をくぐり抜ける。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

朝は晴れていたけど、天気は目まぐるしく変わる。

びしょびしょになりながら山頂へ。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

ついに山頂!!



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




ギアナ高地の地質は20億年前のものと言われており、

地球上で最古の部類に属する岩石で出来ている。

それが長い年月を経て、風雨で軟らかい岩石がなくなり、硬い岩盤のみが残り、

こうしてテーブルマウンテンとして姿を残している。



地球はパンゲア大陸というひとつの大陸で出来ていた。

その後大陸分裂でいまの6大陸(?)に分かれたのだが、

そのとき分裂していくときの回転軸のような場所がこのギアナ高地であったため、

ここは移動することなく留まった。

そのため他の大陸は移動中に気候変化の影響を受けたが、

このギアナ高地だけは熱帯地域に属し、大きな変化を受けなかった。

ここはパンゲア大陸時代の姿を今もとどめている場所なのである。



垂直に伸びた1000mもの岩壁が自然の城壁となり、

山頂はいわば陸の孤島であり、そこの植物はロライマにのみ生息する固有種が多い。
(以上、ガイドブックより抜粋)


venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

キャンプ地に向かう途中、一気に雲が晴れてきた。

半洞窟のようなところがキャンプ地。



テントを張り、頂上を散策することに。

ロライマ山の頂上(と言っても山頂で他よりちょっと高いところ)を目指す。

一時は晴れたものの、山頂もまた雲に覆われてきた。



ロライマ山頂について不思議なことが起こった。

何と痛めていた腰の痛みが急に引いてしまった。

体も軽くなり、飛び跳ねるようなステップさえできるようになってしまった。

何かここに不思議なパワーでも宿っているのだろうか。。。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

山頂に着き、霧で覆われた辺りを見渡していると、突然前方の雲が晴れだし始めた。

おーっ、もしかすると、と期待を込めて見ていると

きた! きた!! きた!!!

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

雲の合間に隣のクケナンが姿を現した。

ホントにも~感動的な出現。

雲があることがかえってその姿を幻想的に見せてくれる。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

横を見ると、1日目、2日目と歩いてきたグラン・サバナも姿を現し始めた。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

もしやと思い、移動して反対側に行ってみると、

こちらもスーっと雲が移動して、きた~ロライマの岩壁。

そう、これだよ、これ。

これを見るためにやってきたんだよ。

2008.10.14 Tue l 21:南米:ベネズエラ l COM(2) TB(0) l top ▲
ベネズエラ:ギアナ高地・ロライマ(2008年6~7月)
Venezuela : Roraima (06~07/2008)
(地図は右のルートマップを参照)

ロライマ山トレッキング、4~6日目。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ







4日目、起きてみると青空が広がっていた。

急いで崖の方に行ってみると。。。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

そこには雲海と隣のクケナンが!!



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

雲海に浮かぶクケナン



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

雲の上を歩いているみたい。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

荒涼とした山頂。

4日目は山頂をいろいろ散策する。





長い年月がつくりだした天然の彫刻

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

真ん中の白い部分はクリルタル。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

このようなクリスタルのある場所が山頂にいくつか。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

3ヶ国国境地帯。

ここはベネズエラ、ブラジル、ガイアナの国境が交わるところ。

この周りを一周すれば10秒足らずで3ヶ国を移動したことに。。。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

オリオフリネラというカエル。跳ぶことも泳ぐこともできないらしい…

この姿からは想像しづらいけど、体内に毒をもっていて、

触ることはできるけど、食べることはできない。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

ここに挙げた写真だけだと天気が悪かったみたいだけど、

晴れたり曇ったり、相変わらずその繰り返し。



5日目。昨日に引き続き山頂の散策。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




そしてついに下山。

2日目、3日目と登ってきたルートを1日で引き返す。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




最初はそこそこ晴れていたが、一気に曇ってきた。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

でもこれぞロライマって光景だ。



venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




滝の下を抜け、上を見上げると、そそり立つ岩壁の先はもう霧の中。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




グラン・サバナが見えてきた。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ

カリブの風とアマゾンの風が出会うこの場所で、

ロライマの存在が雨雲を発生させ、その風雨によって削られて残ったのが今のロライマ。


まるで神話のよう。。。

カリブの神とアマゾンの神が交差するこの場所で

ロライマがうまく2人をひきあわせ、

そのお礼にロライマを神化させる。



本当に雲をまとったロライマは神秘的であり、美しさが際立つ。



正直、この素晴らしさを形容するうまい言葉が見当たらない。

でも神秘的とか神々しいとか、神に例えたくなるほど素晴らしい。



このような姿を見ていると、大自然の循環を目の当たりにしているようだ。

全ては連鎖している。



2日目のキャンプ地で昼食を取り、ロライマを後にグラン・サバナを引き返す。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ




川を渡り、テントを張る。

またしてもプリプリの世界に戻ってきてしまった。

ロライマ山頂にはプリプリはいなかったので快適だったのに…



6日目。ひたすらグラン・サバナを歩く。

venezuela-roraima, ベネズエラ, ギアナ高地, ロライマ


5日目に一気に2日分下ったので、結構な筋肉痛。

足は痛く、相変わらずプリプリはウザイけど、

何度も何度も振り返り、ロライマを眺めながらひたすら歩く。



ロライマ、雨期にしては天気に恵まれていたと思う。

晴れ男軍団の勝利か。



憧れの地だったということもあるけど、

ここを上回る絶景はあるのだろうか。

雨期のウユニ塩湖でも越えられないような気がした

個人的な意見で、ウユニを見てみないと何とも言えないとは思うけど、

それほど圧倒的だった。



レンソイスも確かに絶景で、違ったタイプの凄さがある。

南米大陸の北東部は凄まじい。



ロライマ、その名の通り、偉大な山だった。

間違いなくこの旅でのハイライトとなり、期待を裏切らなかった。

南米に来てもブラジルやベネズエラに来る人はあまりいないけど、

是非とも寄ってもらいたい所である。

2008.10.16 Thu l 21:南米:ベネズエラ l COM(6) TB(0) l top ▲
ベネズエラ:エンジェルフォール(2008年7月)
Venezuela : Salto del Angel (07/2008)
(地図は右のルートマップを参照)

ギアナ高地のアウヤンテプイにある
エンジェルフォール(アンヘルの滝)をボートと徒歩で訪れる。



venezuela-エンジェルフォール







ロライマ山トレッキングの拠点だったサンタ・エレナ・デ・ウアイレンから

世界一の落差を誇るエンジェルフォールツアーの拠点、シウダー・ボリーバルへ移動。

ここでも闇レートの悪さに泣かされ、泣く泣く大金を叩くことに…

ちなみにエンジェルフォールという名は「天使」とは一切関係なく、

この滝を発見したアメリカ人Angelさんの名である。



venezuela-エンジェルフォール

シウダー・ボリーバルの空港からセスナに乗り、カナイマを目指す。

カナイマは陸の孤島で、セスナなど飛行機による移動が一般的。

オリノコ川を越え、湿地帯に入って行く。

さらに川を越え、ジャングル地帯へ入っていく。ギアナ高地だ。



venezuela-エンジェルフォール

テプイの間を抜けて、カナイマに到着。



1日目はカナイマ周辺の観光。

venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール

ジャングルに生い茂る植物から出るタンニンが雨水によって川に流れ込み、

このように赤く見える。



ここには滝がいくつかあり、そのうちのひとつエル・サポの滝を見学する。

venezuela-エンジェルフォール

この滝は裏側を通ることができ、その迫力はかなりのものである。



venezuela-エンジェルフォール




イグアスの滝で、ボートで滝に突っ込んだことがあったけど、

それよりも迫力があり、大興奮。

イグアスも悪魔の喉笛に突っ込めばなぁ。。。

(ってあんなのにボートで突っ込んだら死ぬか…)



venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール

ホントに間近で楽しむことができる。



2日目はお目当てのエンジェルフォールに向かう。

venezuela-エンジェルフォール

アウヤン・テプイ。

ギアナ高地にある100以上あるテプイのうち、最大規模を誇るのがこのアウヤン・テプイ。


カラオ川をボートで遡る。

雨期のこの時期でも川の水量がさほどないので、

船頭さんがオールで底の深いところへ進路を変えながら進んでいく。

venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール




テプイも様々に形を変えて目の前に現れ、

ボートからの景色は見ていて飽きることはない。

テプイからはいくつも滝が流れ落ちていて、

世界の滝の10指に入るのではないかと思うような滝がいくつもあった。

venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール




そしてカナイマを出発して4時間ほど、ついにエンジェルフォールが姿を現した。

venezuela-エンジェルフォール


キャンプ地でボートを降り、歩くこと小一時間、

エンジェルフォールの真下に到着。

落差979m。しかしそういわれても、実際目の当たりにすると、

その大きさは実のところよく分からない。

基準となるような物差しがなく、

壮大な大自然は人間のスケール感を狂わせてしまうのかもしれない。

venezuela-エンジェルフォール

地上に届く前に霧状になってしまうため、ここには滝壺がない。

この時期は雨期だが、思ったより水量は少なかった。

ベストの滝を見るのは難しく、

雨が降った直後だと水量が多すぎて、滝には近づけなくなる。

でも4日もすると水量は大分減ってしまう。

どうやら雨が降った2~3日後に来るのがBESTのようだ。



翌朝、再度エンジェルフォールを見に行く。

生憎の空模様だが、これはこれで雰囲気がある。

venezuela-エンジェルフォール




そしてしばらくすると、霧の中から姿を現し始めた。

venezuela-エンジェルフォール




反対側にも壮大なテプイが。

venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール




ボートでカナイマへ戻る。

このボート、スピードも結構出すし、周りの景色は素晴らしいし、

下手な遊園地のアトラクションより断然楽しめる。

venezuela-エンジェルフォール




川を疾走し気持ちよくなっていたのはいいが、

まさかと思っていたことが突然やってきた。

船頭さんのオールさばきが間に合わず、何と座礁にぶつかり転覆。

venezuela-エンジェルフォール

完全な転覆は避けられたものの、

90度近く船は傾き、ボート内に水も結構入ってしまった。

まあ川の底は浅いからこれといった被害はなかったのが幸い。

なかなかスリリングでこれまた楽しかった。



滝。

単に水が流れ落ちるだけだけど、これほどまで人をひきつけるとは。。。

イグアスに引き続き、水のチカラを見せてもらった気がする。



カナイマからセスナでシウダー・ボリーバルへ。

venezuela-エンジェルフォール




venezuela-エンジェルフォール


セスナより最後のテプイの姿を目に焼き付ける。

これにて憧れのギアナ高地の旅が終わった。



2008.10.19 Sun l 21:南米:ベネズエラ l COM(4) TB(0) l top ▲

ベネズエラ:メリダ(2008年7月)
ここです(地図)



シウダー・ボリーバルから一気にメリダへ。



ベネズエラのバスはあることで有名である。

それは、冷房の効きすぎ…

最初は持っている服を全て着込み耐えて(?)いたんだけど、

ついに我慢できなくなって寝袋を出す始末。

これで何とか寒くなくなり、夜行バスでもそこそこ快適に眠ることができた。



いったいなぜここまで冷房を効かすのか。

決して地元のベネズエラ人が暑がりだからとうわけではない。

ベネズエラ人も寒がっていて、冷房対策で毛布やらを持ち込んでいる。

ではなんのため?

冷房を効かすのがサービスだと思っているのか。

結局分からずじまいだった…

ホントにワケ分からん、ベネズエラ人。



アンデス山脈の北端にメリダは位置している。

venezuela-メリダ




venezuela-メリダ




ここメリダは2つのギネスレコードホルダー都市である。

1つは、アイスクリームの種類世界一である。

venezuela-メリダ

分かりやすい表示。



venezuela-メリダ

壁にかけられたアイスの品目の数々。その数およそ800。

でもそれが全て店頭に出ているわけではなく、

1日あたり100種類ずつくらい出しているようである。



venezuela-メリダ

その中でチョイスしたのは、アトゥン(まぐろ)と牛肉。

かつてイースター島で「アトゥン王子」と呼ばれていたからには、この選択は必至。

さて、お味の方はというと。。。

う~ん、不味くはないけど、決して美味いというほどのものではない。

アイスに細かいまぐろが混ざっていて、味はもろマグロ。



一緒にいった友人にハンバーガー味とチーズを一口もらったけど、これはなかなか。

ハンバーガーは、本当のハンバーガーをミキサーで細かく砕いて、

それをアイスに混ぜたような感じ。



翌日は、アホ(にんにく)とスパゲッティ(チーズ付き)

これはなかなか。



venezuela-メリダ

これはアイスとは関係ないけど、プリン味の飲み物。



もうひとつのギネスは、テレフェリコと呼ばれるロープーウェイ。

世界で最も長く、最も標高差の大きいロープーウェイ。

高度1577mから高度4765m、標高差は実に3000m以上、

12.5kmの道のりを1時間半で上るというもの。



ただ乗っているだけで、富士山より高い4700mの世界に連れて行ってくれる。

これは乗らないわけにはいかない。

venezuela-メリダ

しかし結果的には乗れなかった…

これが意外に(?)人気で、朝並んでいたら、

どうやらその日のチケットは売切れてしまったらしい…

かといってそのためにもう1日いるにはすることないし、

なにより金がなくなっていた。

ベネズエラはカードのスキミングが有名だし、

カードでおろすと正規レート(闇の2/3)になってしまう。

ということでテレフェリコは諦めて、コロンビアに向かうことにした。

(テレフェリコがどんなだったか気になる人はこちらを参照して下さいな)


2008.10.21 Tue l 21:南米:ベネズエラ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。