上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アメリカ:マイアミ
      キーウェスト(2007年11月)



寒くなったアジアを脱出して、アメリカはマイアミへ。

あ~暖かい。陽射しが恋しかったので、この気候はホントありがたい。



いわゆるリゾート地は初めて。

マイアミはこれから本格的なシーズンを迎える。

青い空に白い雲。そしてエメラルドグリーンの海。

miami4

いや~、リゾート地っていいもんですね。

のんびりと浜辺で昼寝が気持ちいい。

このようなゆったりとした時間をもてるというのは素晴らしいもんですね。

こりゃ結構はまりそうです。



マイアミから少し足をのばして、

アメリカ合衆国最南端のキーウエストにも行ってみた。

多くの島々を42もの橋でつないであり、

道の両側が海なので、所々、水面上を走っている気分になる。

なかなか気持ちいい。

miami4

海に面した家もある。なんという贅沢さ。

このあたりの海はホント穏やかで、波がほとんどない。

この海の先はキューバ。はやく行きたいな。。。

miami4

海の中で飲酒。う~ん、贅沢。

miami4

でもリゾート地はそれなりに金をもってこないと思いっきり楽しめないですね。

バックパッカーにはちと厳しいです。



それにこんな光景を目の前で見せられてしまっては…

miami4

一人もんは寂しいぃ…

スポンサーサイト
2007.11.25 Sun l 33:北米:アメリカ l COM(3) TB(0) l top ▲
ウズベキスタン:サマルカンド(2007年8月)
Uzbekistan : Samarkand(08/2007)
(地図は右のルートマップを参照)



タジキスタンから再度ウズベキスタンに入国。

国境からのマルシュルートカ(ミニバス)が若干だけどボッてきた。

これからのウズベキスタン観光が面倒になりそうな予感…



到着してまず目についたのは

uzubeku-サマルカンド

メイドコスプレ



uzubeku-サマルカンド

こんなのも



uzubeku-サマルカンド

小学生まで。。。

ウズベキスタンではコスプレが流行ってるようで。。。



いやいや、そ~ではなく、単に学校の制服らしい。

これも民族衣装の流れをくんでいるんですかね。



uzubeku-サマルカンド

レギスタン広場夜景。

サマルカンド観光のハイライト。なのだが…

毎年夏に音楽際をやるらしく、広場に特設ステージが…

音楽祭にはいいステージだろうけど、

広場を見にきた観光客にとっては、単なる邪魔なもの。



ウルグベク、ティッラカーリー、シールダールの3つのマドラサ(神学校)が並び、真中に広場を形成している。

100m×120mほどの広場。適度な広さかな。



シールダールマドラサ。

偶像崇拝が禁止されているイスラムだが、

ここでは正面のアーチにライオンの絵が。

uzubeku-サマルカンド



ちなみに(主に夜間)警備員がミナレットに登らないかと声をかけてくる。

言い値5000ソム(500円)→ 値切って2000ソム(200円)

単なる警備員の小遣い稼ぎですね。

夜中は入場禁止のはずが… 実は観光客だらけ(笑

結構稼いでるぞ奴らは。こんなんでいいのかウズベク…



そして各マドラサ内部にも中庭がある。

uzubeku-サマルカンド

55m×55m程度。いい囲まれ感である。

広場の面積と、それを囲んでいる建物の高さの比は結構重要かも。



各マドラサ内のドーム部分を見上げると、

uzubeku-サマルカンド



uzubeku-サマルカンド



このあたりの建物は中庭を持っているものが多く、

ここの居心地がいいんです、ハイ。

uzubeku-サマルカンド



uzubeku-サマルカンド

夏の砂漠地帯において、木陰は貴重な空間。

乾燥しているので、日陰に入れば暑くない。

じいちゃん達も木陰で談笑。

時折チャイをすする。のんびりとしてますなぁ。



さて、サマルカンド、当初の予想通り金銭トラブルが多かった…

晩飯を食いに入った店では、

オーダー時に言っていた金額と、会計時の値段が違ったり、

両替所で、100枚の帯止めしてある札束でも、1枚足りなかったり、

(4星ホテル併設の両替商ですら!)

乗合タクシーでは値段が時価だったり、

商店では軽くぼってくるし、

etc..

あ~~~、メンドクサイ。



「ウズベキスタン」ではなく「クズベキスタン」という方が相応しいかも。。。

まあ、そんな中、

uzubeku-サマルカンド

バザールにいたおばあちゃん。

体重計に乗れ乗れと勧めてくる仕草がかわいかったのでやってみたら…

「60kg」

やっぱ壊れてた。いくら旅行中とはいえそんなに痩せてないぞ。

近くを通った少年も笑ってた。

その後もしばし談笑。何だか気に入られた様子。

別れ際には大事な商品である手作りの「鍋つかみ」をプレゼントしてくれました。

何とかいい気分で出発できそうだ。

2007.11.30 Fri l 08:アジア:ウズベキスタン l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。