上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ネパール:ルンビニ(2007年5月)
Nepal : Lumbini (05/2007)
(地図は右のルートマップを参照)



朝4時半に起きて、晴れているのを確認すると、

宿にいた人と一緒にタクシーでサランコットの丘へ。

山々はいくら眺めていても飽きることがない。

nepal-ポカラ風景1




nepal-ポカラ風景1




nepal-ポカラ風景1




nepal-ポカラ風景1




nepal-ポカラ風景1




nepal-ポカラ風景1

会うと、踊りだし歌い始めた。奇妙な踊りだ。

そしたら例によって[金をくれ]と。

まあエンターテイナーとしてみれば、金の請求も笑ってすませられるけど、

盗みはいかんよ(取り返したけど)

う~んろくな育ち方をしていない。観光化の弊害か。。。

スポンサーサイト
2007.10.06 Sat l 03:アジア:ネパール l COM(0) TB(0) l top ▲
ネパール:ルンビニ(2007年5月)
Nepal : Lumbini (05/2007)
(地図は右のルートマップを参照)



ポカラからインドのバラナシに行く途中にブッダ生誕の地に寄ることにした。

バイラワからバスに揺られること小一時間でルンビニに到着。



バスの車窓からは生活の様子が良く見える。

人も動物もみんな木の下の木陰で休んでいる。

ハンモックのような簡易ベッドで寝ている者もいれば、

昼の生活自体が木の下(木の下が昼の家)に

なっているところもあった。

風が流れ、気持ちよさそう。



レンタサイクルを借りてブッダ生誕の場へ。

場所を示した石がガラスボックスに入れられて保管されていた。

隣にはシッダールタ池(1930年代に整備され拡大)、大きな菩提樹がある。

それも整備をせずにそのまま残して欲しかったかな。。。



菩提樹の周りにも木々があり、その下で僧が休んでいる。

静かでのんびりしたところだ。

nepal-ルンビニ

アショーカ王の石柱が中心軸となり(なぜ石柱が中心?)、

中心軸に大きな水路(いまは水なし)、

その左右に各国の寺が散らばっている。


nepal-ルンビニ

なぜ中心軸をもってきたのか、

ヒューマンスケールを超えているような大きな公園にしたのか、

寺の配置はどういう意図なのか、

不明な点が多い。



一神教(絶対神)や強大な権力者とかではないのだし、

仏教の内容を考えると、このプランには疑問を感じる。

2007.10.06 Sat l 03:アジア:ネパール l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。