上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
カナダ:アラスカハイウェイ(ユーコン準州)(2009年9月)
Canada : Alaska Highway (Yukon Territory) (09/2009)
(地図は右のルートマップを参照)

ドーソンクリークからホワイトホースを経てアラスカへ。
途中クルアニ国立公園へ寄る。



「アラスカハイウェイ」

そのひと言を頼りにやってきたようなものだ。

canada/alaska

南北アメリカ大陸を縦断するパンアメリカンハイウェイの北の端。

(パンアメリカンハイウェイの一応の起点とされているのはアラスカのフェアバンクス。

 厳密にはさらに北にダルトンハイウェイというのが大陸の端まで走っている)



オーロラは見たかったので、行き先としてカナダのイエローナイフは検討していたが、

アラスカは当初訪れる予定ではなかった。

出会った旅行者(パッカー)でも訪れたことがあるのはほんの数人程度なので

ほとんど情報がなかった。

ただ訪れた旅行者はみな口を揃えて「凄いよ」と。

中には冬に訪れた者もいたけど、惹かれたのは紅葉とオーロラの話。

アラスカの紅葉かぁ。想像つかないけど、

きっと日本の紅葉とは違う壮大な感じなんだろうか。

そしてオーロラ。



そんな感じで何となく頭の片隅にあったアラスカだが、

南米を陸路で周っている間に、

そのまま南北アメリカ大陸を縦断したい気持ちも湧いてきた。

パンアメリカンハイウェイを北上していき、

最後はアラスカハイウェイ。

またこのアラスカハイウェイっていう言葉の響きが何とも素晴らしい。

パキスタンのカラコルムハイウェイとか、○○ハイウェイっていう言葉が好きだった。

理屈じゃないからうまく言えないけど、う~ん男のロマンのようなもの???

それも北へ、極北へ、っていうところがまたそそる。

その言葉の余韻に浸っていると、いてもたってもいられなくなってきた。

行くか、アラスカハイウェイに。



そして、いつ訪れるか。

オーロラは一年中発生しているのだが、明るい夏の白夜の時期は見ることはできないし、

また晴れていないと見ることはできないし、空気はクリアーな方がいい。

そうすると見るのに適しているのは寒い冬の時期になる。

しかし8月の下旬から9月の中旬くらいの一ヶ月は晴天率が良いらしい。

そしてアラスカの秋は9月上旬辺り。



というわけで、9月にはアラスカへ行くと決めて、

中米を駆け足でまわり、グァテマラ・メキシコも駆け抜けやってきた。






canada/alaska

アラスカハイウェイの拠点はカナダのドーソンクリーク。

ドーソンクリークの町で矢印に指す方に行ってみると、



canada/alaska

アラスカハイウェイ0km地点の標識が立っていた。

終点のデルタジャンクション(フェアバンクスの手前)まで1398マイル、およそ2200km。

本来なら全行程レンタカーで走破したかったのだが、

レンタカーの制約(乗り捨てができないなど)や費用の関係で、

ドーソンクリーク~ホワイトホースの間はグレイハウンドのバスを利用。

ホワイトホースから先はレンタカーで行くことにした。



canada/alaska

ますはグレイハウンドに乗って行く。



アラスカハイウェイの歴史はというと、

1920年代にアメリカ、カナダおよびロシアに跨る国際道路の計画案が浮上していた。

資金面での問題があり先延ばしにされていたが、

日本の真珠湾攻撃を機に必要にせまられ建設が始まったようだ。

日本の脅威が着工に踏み切らせたというのは、う~んちょっと複雑な気分…



canada/alaska

ホワイトホースまで行く同乗者たち。



canada/alaska

バスは野生の自然を横目に走っていく。



canada/alaska

途中で何度か休憩をはさむ。手作り感満載の看板が心を和ませる。



canada/alaska

休憩がてら、近くの湖を軽く散歩。



canada/alaska

緑一色の光景に黄色が混ざり始める。

白樺の葉が黄金色に染まる。



canada/alaska

途中で野生動物に遭遇することも。

ブレてるけど、これはバッファローの群れ。



canada/alaska

アラスカハイウェイを北へ北へ。

景色も南米パタゴニアともまた一味違う感じだ。



ホワイトホースでレンタカーを借り、キャンプ用品・食料を揃えて出発。



ヘインズジャンクションからアラスカハイウェイを一旦外れて、クルアニ国立公園へ。

canada/alaska

深い緑の水を湛えた湖が静かに横たわる。



canada/alaska

この時期になると訪れる人がほとんどいないのか、これらの景色を独り占め。



canada/alaska

天気は激しく移り変わる。



canada/alaska

静寂。ゆったりとした、長い年月がそこにある。



canada/alaska

アラスカハイウェイに戻る。

次第に景色が広がりをもちはじめる。



canada/alaska

釣りを楽しむ人もいる。



canada/alaska

北上するに従って、風景が色味を増してくる。



canada/alaska



canada/alaska



canada/alaska

ハイウェイはどこまでも続いていく。



canada/alaska

カーブを曲がるたびに新たな風景が視界に飛び込んでくる。



canada/alaska

タイガとツンドラの移行地帯ならではの眺め!!



canada/alaska

紅葉は始まっている。



canada/alaska

キャンプしてひと休み。そしてお世話になったファスガス。



canada/alaska

白熊に出会えるかなぁ。



canada/alaska

朝方の霧に包まれた景色も幻想的で素晴らしい。



canada/alaska

カナダのユーコン州に別れを告げ、



canada/alaska

アメリカのアラスカ州へ。



canada/alaska

このスケール感はたまらんわ~



canada/alaska

びっしりと敷き詰められたような感じ。



canada/alaska

陽が当たれば輝きが増す。



canada/alaska

ハイウェイはまだまだ続く。



canada/alaska

期待外れなどなく、しょっちゅう車を停めて景色を堪能してきた。

なかなか前に進めないほど、この時点でもかなり興奮していた。

しかし、これはまだまだほんの序章に過ぎなかった。

スポンサーサイト
2011.04.28 Thu l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(0) TB(0) l top ▲
アメリカ:テーラーハイウェイ(アラスカ州)(2009年9月)
United States of America : Taylor highway (Alaska) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)



alaska-taylor-アラスカ-テーラー



「秋」

それはアラスカで最も短い季節であり、そして最も色彩豊かな季節でもある。

アスペンの木の葉が黄金色に輝き、ツンドラが真っ赤に染まる。



アラスカに入ると、まずはタイガと呼ばれる地帯が我々を迎えてくれる。

タイガとは、ロシア語でシベリア地方の針葉樹林の意味。

今では高緯度地域の針葉樹林帯という意味も含み、北方林とほぼ同じ意味で使われている。

樹木の種類が極めて限られているのが特徴。

木々は厳しい気候条件のために枝を横に伸ばすことができず、

どの木も空に向かって針のように成長している。

北アメリカのタイガはモミ属、トウヒ属を中心とした常緑針葉樹林である。



alaska

このタイガ一帯はムースの生息地であり、

たまに道端で出会うことがある。

ムース。日本名はヘラジカ。ヨーロッパではエルクと呼ばれている。

夏は単独もしくは数頭の群れで生活するという。

角がないから雌だろう。



alaska

アラスカハイウェイをいったんそれて寄り道をすることにする。

テーラーハイウェイを通って、再びカナダのユーコン準州を目指す。



alaska



alaska

アスペン(広葉樹)とスプルース(針葉樹)が入り混じった森



alaska

途中であたり一面焼け焦げたような場所に出くわす。



alaska

アラスカでは定期的に山火事があり、

山火事自体は自然のサイクルの一部の出来事なのだが、

温暖化の影響でか、近年ではその発生頻度が多くなっている模様。



alaska

起伏が連続する道を高速で走る感じは、

ちょっとしたジェットコースターのようなもの。



alaska



alaska



alaska

森の木々が急に低くなる。やがてまばらになり、

樹木の育たないツンドラ地帯が出現し始める。



アラスカの大地はタイガであり、あと大部分は人間を寄せ付けないようなツンドラである。

ツンドラとは、「木のない平原」を意味するサーミ語に由来し、

地下に一年中溶けることのない永久凍土が広がる降水量の少ない地域のことである。

永久凍土といっても夏の一時期に表面の土壌だけは溶け、

コケ植物、地衣類や草本類、灌木などの植物が繁栄するところもある。

遠目には普通の草原に見えるが、

一歩足を踏み入れるとクッションのようにふかふかとしている。



ツンドラにも、北極ツンドラ、南極ツンドラ、高山ツンドラとあり、

この辺りはまだ高山ツンドラといったところか、もしくは

森林地帯とツンドラの間の移行帯における低木林かな。



alaska

同じ山の斜面でも僅かな標高の違いで植生が変わる。

この辺りが植物にとって生き延びることができる最後の場所だということを

その僅かさが示しているようでもある。



alaska

タイガとツンドラの移行帯ならではの光景が視界いっぱいに広がる。

北上するにつれ、また標高が上がるにつれ、

植生が変化していくさまがはっきりと見て取れるのが面白い。



alaska

スケール感はこんな感じ。



alaska

次第に景色がツンドラの絨毯のようになり始めた。

さらに北に向かい、少しずつ標高も上がっていくと、

そこにはまた別の世界が広がっていた。
2011.05.18 Wed l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(0) TB(0) l top ▲
アメリカ・カナダ:トップオブザワールドハイウェイ(アラスカ・ユーコン準州)(2009年9月)
USA・Canada : Top of the World Highway (Alaska・Yukon Territory) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)



アラスカ,トップオブザワールド



(車の窓ガラス越しに撮ったものは若干色調が変です)

カナダとの国境へと車を走らせる。

テーラーハイウェイを抜けると、廃墟と化したような一軒の建物が見えた。

奥にはもう少し綺麗な店がある。



アラスカ,トップオブザワールド

看板には「TOP OF THE WORLD」、そして「GAS GOLD GIFTS」。

かつてのゴールドラッシュ時代には、ここも賑わっていたことだろう。

しかし今では朽ち果てたトラックや動物の角などが散らばる、かつての夢の跡。

夏だけ開通しているトップオブザワールドハイウェイ、

この店は夏のシーズンを終えて冬の閉店期間に入ったのか、

それともゴールドラッシュを終えて、もっと長い閉店期間の真っ只中なのか、

それは分からなかった。

欲しいものがなくなれば、もはや無用の地域なのだろうか…



アラスカ,トップオブザワールド

店舗だけ見ると長い間使われていないという雰囲気でもないが、



アラスカ,トップオブザワールド

役割をとうに終え、土に返っていく最中。

巨大な手が気になる…



アラスカ,トップオブザワールド





テーラーハイウェイから徐々に標高をあげて、トップオブザワールドハイウェイに入ってきた。

入って間もなくするとカナダとの国境がある。

そして、そこに現れた光景はこれまでのものと違う類のものだった。



アラスカ,トップオブザワールド

このハイウェイは山々の尾根に限りなく近い場所を走っている。

真横に一本白い線みたいに見えるのが道路。



アラスカ,トップオブザワールド

これまでとは違い、尾根の上を進んでいく。



アラスカ,トップオブザワールド

タイガが終わり、ツンドラ圏に入ってきた。

快晴の青空の下、赤く彩られた大地を突き進む爽快感。



アラスカ,トップオブザワールド

これまでの紅葉のイメージを一新するような景色。

ツンドラの語源の「木のない平原」を象徴するかのように、

木々の葉が色づくというよりも、まさに大地が色づくという感じだ。



アラスカ,トップオブザワールド

「Top of the World」



アラスカ,トップオブザワールド

これらの光景を見て、ふとこの言葉を発してしまう感じがよくわかる。

世界中で標高が一番高いわけでもないし、

かといって何の頂点に位置しているわけでもないのだろうが、

実感できる名前だ。

頭で考えて発したものでなく、体が自然と発したという感じがする。

この名を命名した人も、きっとそんな感じだったのではないだろうか。



アラスカ,トップオブザワールド

日も暮れてきて夕日を浴びると、

ワインレッドの大地が真っ赤に燃え上がる。



アラスカ,トップオブザワールド

紅葉の季節にとって夕方は、景色が最も輝く時間帯かもしれない。



アラスカ,トップオブザワールド

2011.07.10 Sun l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(3) TB(0) l top ▲
カナダ:デンプスターハイウェイ・テュームストーン州立公園(ユーコン準州)(2009年9月)
Canada : Dempster Highway / Tombstone Territorial Park (Yukon Territory) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)


デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園






デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

トップオブザワールドハイウェイがユーコン川と交わると、

もうすぐドーソンシティの町だ。

ここには橋がないので、船に車を乗せて対岸に渡ることになる。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

ドーソンシティ。

19世紀末のゴールドラッシュ時には人口は40000人を越すほどだったが、

ゴールドラッシュの終わりとともに人口は減り、今では2000人ほど。

しかし今でも金の採掘は続いているという。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

基幹産業のひとつが観光業であるために、

かつての面影を再現している。



ドーソンシティを後にして、デンプスターハイウェイに向かう。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

このハイウェイを北進していくと北極海近くの町イヌビックに行くことができる。

最果てのハイウェイのひとつだ。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

しばらく北進すると、風景が荒涼としてきた。

山の地肌が所々むき出しになり、

植生の生きられる限界が迫っていることを語っている。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

デンプスターハイウェイの途中に広がるテュームストーン州立公園。

奥にはパタゴニアのフィッツロイのような山がそびえ、

その前の谷にツンドラの大絨毯が広がる。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

この場所でこの時期にだけ見ることができる、訪問者へのプレゼント。

紅葉のピークは少し過ぎている感じだけど、

その迫力と美しさは格別。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

「Larger Than Life」

ユーコン準州が州のキャッチフレーズに使っている言葉。

なるほどね、そういう感じだな~



スケールの大きな光景が続いていく。

ユーコン川だけだと思っていたけど…

そんなことはない、やるなぁユーコン。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

ネイティブの人たちはここにも住んでいたのだろうか。

もし住んでいたなら、ここをどのように呼んでいたのか。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

世界の果てといわれる地域はいくつもある。



デンプスターハイウェイ, テュームストーン州立公園

自分もいくつかは訪れたが、

その中でもここは、その際たるものだろう。

2011.07.24 Sun l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(4) TB(0) l top ▲
アメリカ:アラスカハイウェイ・リチャードソンハイウェイ(アラスカ州)(2009年9月)
United States of America : Alaska Highway & Richardson Highway (Alaska) (09/2009)
(場所は右のルートマップを参照)



アラスカハイウェイ

ユーコン州から再度アラスカに戻り、アラスカハイウェイを北上する。

途中でTokという家が点在するような小さな町に寄った。

特にこれといった産業があるわけでもなく、

いったいどうやって生活をしているのだろうと思ってしまうような町である。

でもそんな町でも人々は何だか悠々と振る舞っているような気がした。

そして背中には「Tok」という文字が入っていた。

自作のTシャツか、いいね~

その後姿を見て、なぜだか安心感を覚えた。



アラスカハイウェイ

どこまでも真っ直ぐなアラスカハイウェイ。

アルゼンチンのパンパを走っているときを思い出す。

変化に乏しくつまらないように思うかもしれないけど、

ここまでくると逆にその変化のなさが心地よく感じるときもある。



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ

こんな標識も。

バッファローに気をつけて。

轢かないようにではなく、轢かれないように・飛ばされないようにってとこが普通と違う。



アラスカハイウェイ

ついにアラスカハイウェイの終点であるデルタジャンクションに到着。



そのまま進んでフェアバンクスを目指すのではなく、

進路を南へ変更してリチャードソンハイウェイに入る。



アラスカハイウェイ

そこで見えてきたのは雪山。アラスカ山脈だ。

アラスカはまた違った姿を見せてくれる。

雪山をバックにした紅葉もまた素晴らしい。



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ



アラスカハイウェイ



リチャードソンハイウェイからデナリハイウェイに入り、

その入り口の辺りで休憩をとった。

アラスカハイウェイ

旅行者とは明らかに違う人たちが談笑している。



Tokもそうだけど、この自然の厳しいところでも生活している人がいる。

なぜなんだろう。

もっと気候の穏やかなところで暮らせばいいのに…

などと思うのはきっと都会人の考え方。



中には出て行きたくても何かしらの理由により出て行けない人もいるかもしれない。

けれど、

山と共に、自然と共に生きていきたい、という想いが程度の差こそあれあるはず。



それは、東北の人たちの「海と共に生きたい」という想いと同じようなものかもしれない。

町の再建で「高台など津波のこない場所に移した方がいい」

という意見は都会人の論理だろう。

被災した漁師は「恐ろしかった」とは言うけど、

海への恨み言はなく、「海を見て暮らしたい」という人が多いようだ。

時には自然の脅威があることを承知の上で、

その土地の自然の恩恵を受けて生きてきた。



中にはアラスカパイプラインの管理とか、

工業に身をおいている人もいるかもしれない。

それでもこの土地で生活を続けている人は、

厳しいことも多いだろうが、

何かしらの自然の恩恵を受けていることだろう。



要は生き方。

どうやって生きていくか。



便利な生活がしたい、安全なところで生活がしたいとか、

仕事がどうの、プライベートがどうのとか、

そのような都会の人が考えるような次元のことではなく、

もっと根本的なところの、生に対しての信念のようなものかな。



都会以外の暮らしは自然と共にある。

そしてそこの人々は自然に対する諦念も持つ。

自然や天災の受け止め方が都会の人とは違う。

よって考え方も違ってくる。



世界には砂漠に住んでいる人もいるし、

人里離れた山奥に住んでいる人もいる。

多くの人が都会に出ていきたいというのに対して、

その土地に根を張る人もまた少なからずいる。



さて、どうやって生きていこうかな。

2011.08.16 Tue l (33':北米:アラスカ&ユーコン) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。