上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
コスタリカ:カウィータ(2009年7月)
CostaRica : Cahuita (07/2009)
(地図は右のルートマップを参照)



パナマ国境にも近いカリブ海に面した町カウィータ。

町の横にはビーチとジャングルからなるカウィータ国立公園が広がっている。



Costarica



Costarica

ジャングルの中のトレイルを歩いていると、

足元にはハキリアリや色鮮やかなカニが、

少し目を奥にやると世界一美しいトカゲと言われるグリーンバシリスクが、

目を上にやるとサルが木々の間を飛び回っている。

時折鮮やかなブルーのモルフォ蝶が自分の周りをひらひらと飛んでいく。

その他名前も知らないような虫とかがけっこうたくさん。



Costarica

突然アライグマがやってくることも。

最初は向こうも驚いてたけど、なぜだか近寄り始めた。

このときはまだ何者か分からなかったけど、

触れる範囲に近づいたときに爪を見て、

「うおぉ」と、びびってしまったら、向こうも驚いて逃げていった…



Costarica



Costarica



Costarica

丸一日歩いて十分満足した。



今日はだいぶ歩いたのでとても疲れた。

ちょっと早いけど寝てしまおう。

ウトウトしているうちに他の旅行者が帰ってきた。



それにしても暑くて、寝苦しい夜だ。

ぐっすりと眠ることはできず、たまに目を覚ましてしまう。

気がつくとドアのところに人が立っている。

ん、誰か出かけるのか、こんな夜中に。

ん~、眠い。



寝返りを打つときになんとなく目を開けたら、

ベッドの後方に人影が見えた。

ん、なんだ?と思ってちょっと見てみると、

その人影の手が伸びてきて、

自分のベッドの上に置いてあったショルダーバッグを盗ろうとしていた。

反射的にバッと起きて、バッグを確保した。

その人影は突然の動作にとても驚いたようで

飛び跳ねるようにして後ろに引き下がった。



「なにやってんだ?」と聞くと、

「ドアがどうのこうの」とわけの分からない説明をし始めた。

視線をベッドの下に移すと、

あっ、ない。

おれのサブバッグが。

おれがそれに気が付いたのと同時に、

その泥棒たちは逃げ出した。

体は自然と奴らを追いかけ始めていた。



ここの宿は、建物の入口を通ってから部屋に入るのではなく、

個々の部屋がそれぞれ外部との出入り口をもっている。

まあ海辺の宿っぽいといえばそうなんだけど、

簡単に外部の人が侵入できてしまう。

そういえば後から帰ってきた他の旅行者が鍵をかけなかった気がする。

暑いからドアを開けて寝ようとか言っていたくらいだからな…



部屋を出て、庭を通り抜ける。

庭先のドアが開いている。

ここのドアも開いてたのか…

なんちゅう宿だ。まるで危機管理がなってない。

外に出て砂利道を追いかける。

裸足で飛び出したので、足の裏の痛いこと。

300mくらい走って、2人組みの犯人は二手に分かれた。

もちろん追いかけるのは、サブバッグを持っているほうだ。



ほどなく追いつくことができた。

片手におれのサブバッグ、そしてもう片方には、

今まで暗くて見えなかったけど、棒に釘を何本も刺したようなものをもっていた。

そんなもんつくってくるなよ~

奴の攻撃を避けつつバッグを奪い返さなければならない。

う~ん、とりあえず捕まえた瞬間にぶちのめせば良かった。

失敗だ!!



釘付きの棍棒が気になって、膠着状態になってしまった。

そうこうしているうちにもうひとりが戻ってきて、

後ろから首を絞めてきた。

完全に決まっていたわけではないけど、倒されてしまった。

その隙にバッグを持った奴が逃げていった。

しばらくして首絞め野郎も手を離し逃げていった。



振り返ると、2人ともまだ20mほど先に居る。

追いかければまだ追いつける距離だ。

しかし棍棒の他に何か持っているかもしれない。

ナイフや拳銃が出てきたら最悪だ。

それにベッドの上に放置中の貴重品が気になる。

2人組みもこちらがどういう行動に出るか気にしている。

やむをえず宿に戻ることにした。



宿に戻るとみんな寝ていた。

何が起こったかも知らずのん気なもんだ。

お前らのせいで部屋に泥棒が入ってきたのにぃ~(怒



とりあえず宿の人に連絡して、意味はないけど警察に行った。

どうやら隣の宿で少し前に拳銃強盗があったようだ。

被害額は100ドルくらいらしいけど。

コスタリカは中米では一番治安がいいらしいけど、

この町は黒人も多く、ふらふらしているような奴も少なくない。

2人組の泥棒も黒人。



部屋に戻ると、宿の人から事情を聞いたのだろう、

入口の自分とは反対側にいた女性が

ありがとう、あなたはヒーローだとか言ってきた。

まあ確かにあそこでおれが気が付かなければ、

他の人のものも盗まれていただろう。

案の定、後で帰ってきた奴らは部屋の鍵は閉めなかったようだ。

ごめんとは言ってきたけど、

どうしようもすることができないもどかしさだけが残る。



盗まれたものは、

メインカメラ、寝袋、専門書数冊、

写真などのデータが入ったポータブルディスク、などなど。

そして何より痛かったのが南米からの日記とアドレス帳。



mixiやfacebookで繋がっている人は連絡は取れるけど、

それらをやっていない人や、

そこまで親しくなかったけど、

後で連絡はとろうと思っていた人のアドレスが消えた…

facebookは前からやっていたわけではなかったので、

特に外国人のアドレス損失が大きい。



日記も痛い。

幸い日記用のメモは残っているけど、

それかといって全部書いてあるわけではないし。



でもきっとこれまでのことは覚えてるはず。

ただ思い出せないだけで。

思い出すきっかけさえあればきっと思い出せるだろう。

そのきっかけはきっと、

これまで出会った旅行者との再会時の会話だろう。

南米では多くの旅行者と出会い、多くの時間を共有してきた。

彼らとまた会って、いろいろ話していれば、

きっと。。。



不幸中の幸いで、寝る前にPCをちょっと使っていたので、

PCだけは枕元にあり無事だった。

写真もパナマまでのは取り込んであったし、

データに関してはほぼ無事だ。

他の音楽などのデータに関してはまた貰えばいいし。



そして怪我も頭から少し血を流したくらいで済んだ。

(釘がいつの間にか当たっていたのだろう)

拳銃やナイフを持ってたら、

あの追いかけていった行動は間違いだっただろうし、

まあしょぼい泥棒で良かったと思って納得するしかない。



日記はどうしても取り返したかったので、

翌日、張り紙をつくり、少年探偵団を結成してみた。

犯人たちにとっても日本語の本や日記は不要なもののはず。

きっとそこら辺に捨てているだろうと思ったのだが…

結果は見つからず。



コスタリカは入国でももめたし、どうやら呼ばれていないようだ。

こんな国はさっさと退散しよう。

首都のサンホセで当座必要なものを買い揃え(なかなか見つからず苦戦した)

次なる国、ニカラグアへと進んだ。



あ~それにしても自分の不注意から起こったことならまだ納得もいくけど、

そうじゃないだけに腹立たしい。



って半年も前のことだけど、書いてると思い出してきて腹立ってきた(笑

スポンサーサイト
2010.03.28 Sun l 27:中米:コスタリカ l COM(11) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。