上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エクアドル:ガラパゴス諸島(2008年10月~11月)
ここです(地図)


10月末からガラパゴス諸島に行ってました。



アシカが遊んでくれたり、

ウミガメやサメと一緒に泳いだり、

様々な魚を目の当たりにしたり、

魚の大群が一斉に同じ動きをする様に感動したり、



さらに、

恐竜のようなアメリカグンカンドリの大空を自由に動き回る姿や、

凛々しいんだか間抜けなんだかよく分からない青足カツオドリくんの姿

に釘付けになったり。。。



とにかく大満足のガラパゴスでした。



写真を少々。

ecuador-ガラパゴス
一緒に泳いで遊んでくれたアシカくん



ecuador-ガラパゴス
いい表情をしてくれたさかなくん



ecuador-ガラパゴス
こんな色のさかなも。。。



ecuador-ガラパゴス
一斉に動く様は鳥肌モノ



ecuador-ガラパゴス
優雅なウミガメの泳ぎ



ecuador-ガラパゴス
一番のお気に入り、青足カツオドリくん



しかし、悲劇が。。。

最後のシュノーケリングに満足して、

ビーチでひと休みしようとして船から下りた瞬間、

意外に足場が不安定でバランスを崩してしまった。



手には愛用のカメラ。

タイタニックのように体が海に沈んでいく中、

カメラが海に沈まないように、

手を高々と掲げてみたものの、

一瞬海に浸かってしまったようである。(目撃者談)



だあぁぁぁぁぁぁぁ



一撃必殺。



これまで素晴らしい景色を収めてきてくれた

オリンパス1号くんが帰らぬ人となってしまいました…



さらに追い討ちをかけるように。。。



その夜、防水カメラのオリンパス2号くんも後を追うように

景色を映すことを拒否するように…

あ~、防水なのに内部に水がぁぁぁ



はぁ。。。



一度に2台のカメラを失い、意気消沈…



観光はほぼ終わっていたし、データは全部無事だったのが、

まあ幸いといえば幸い。



そんなこんなでブログを書く気も起きず、

ネットをする気も起きず、

今日に至りました。



修理もエクアドルでは部品がないため、

リマまで行かないと出来ないとのこと…



はぁ。。。



その後、理由は分からないけど、

オリンパス2号くんが復活しました。

またいつ機嫌を損ねるか分からないけど…



というわけで、やっと気分が旅モードになってきたので

近いうちにまた記事を更新したいと思ってます。

ガラパゴス編も後で書きます。



でわでわ。
スポンサーサイト
2008.11.15 Sat l 23:南米:エクアドル l COM(4) TB(0) l top ▲
11月26日で南米に来て一年。

イスタンブールから飛んできたときは中南米で6ヶ月くらいって考えてたけど、

南米は広かった。

まだ一周できてないないなんて。。。



今年中に一周をって思ってたけど、

どうやらそれも叶わなくなってしまいました。



先週末、エクアドルはクエンカ近郊のカハス国立公園をトレッキング中に

左足首の骨を負傷。きれ~に縦にヒビが入り全治2ヶ月…

さらにその2日後、左手首じん帯を損傷。全治2~3週間…



ecuador-クエンカ



ecuador-クエンカ


これまで病気知らず・怪我知らずで来たのに、

よりによって旅行中に初体験。



もうボチボチ南米脱出してもよさそうな時期だったのに、

またもや滞在延長。

南米から逃れられない(笑



状況がこれより悪化すれば日本への帰国も検討するけど、

ここで(寂しく?)クリスマス&年越しを迎えることにします。

もっと南下して真夏のクリスマスとか体験したかったのになぁ。

残念。



でも、今いるクエンカという町はとても居心地の良いところ。

気候は常春。

暑すぎず寒すぎず、穏やかな気候が心地よい。

眼下にはオレンジ色の瓦屋根が広がり、

その背後には緑の木々に覆われた山々の連なる稜線が素晴らしい。



北側のテラスからは、クエンカの旧市街の街並みを見渡し、

南側のテラスからは、真下を流れる芝生に包まれた川の歌を聞きながら

新市街を眺められる。

出歩くことはままならないけど、この眺めは素晴らしい。



まっ、こうなってはどうしようもないので、

この状況を楽しむことにします。

ひとつの町で長居もしてみたかったし。



ブログもこれを機に何とか追いつくように頑張ります。

いま4か月分も遅れてるし。

あっエクアドルに来たらクエンカに寄って下さいな。



でわでわ。



P.S.
これを機にいろいろな調べものもしようかと。

その際には質問でメールやSkypeすることもあるかと思いますが、

そのときはどうぞよろしく。

この宿、たまにWiFiをGetできるんで。



ecuador-クエンカ
宿のテラスにて、日本を出発して初めての散髪。

って言っても痛んでいるところを少し切っただけだけど。

こうして見るとずいぶん伸びたな…

2008.11.28 Fri l 23:南米:エクアドル l COM(10) TB(0) l top ▲
エクアドル:ガラパゴス諸島(2008年11月)
Ecuador : Islas de Galapagos (11/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



colombia-ガラパゴス






通常、町中で見かける野性の動物(生き物)といえば、鳥類と野良犬(猫)くらいではないだろうか。

あとの動物は大抵飼われている。



だけど、ここガラパゴス諸島では他にも野生動物を町中で見ることが出来る。

colombia-ガラパゴス

サン・クリストバル島では町のあちこちでアシカの姿を見かける。

まるで警戒心もなく安心しきっている。

人間とうまく共存できている。



colombia-ガラパゴス

アシカの親子。



colombia-ガラパゴス

この子にあまがみされてしまった…



colombia-ガラパゴス

何を想う?



colombia-ガラパゴス

昼下がり、アシカも眠いようですな。






colombia-ガラパゴス

突然だけど、カニって茹でると赤くなるんじゃなかったっけ?

ということで鍋から逃げてきたカニくん。

はい、生き物に関しては無知です…





colombia-ガラパゴス

イザベラ島近郊のティントレラス島。

荒涼とした風景にきれいな海。

ここではペンギンくん、青足くん、アシカくん、海イグアナくん、

ウミガメくん、サメくん、その他多くの魚くんを見ることができます。






島の景色で圧巻だったのがプラサ島。

colombia-ガラパゴス

島にはサボテンくんと赤い植物が。



colombia-ガラパゴス

そして目の前には見事な海が広がる。



colombia-ガラパゴス

それらが合わさり、



colombia-ガラパゴス

赤と緑と青と白の見事なコンビネーション。

ここではアシカくん、ナスカブービーくん、

赤足カツオ鳥くんもどき(赤い足だけど違うみたい)

陸イグアナくん、などを見ることが出来る。






colombia-ガラパゴス

ということで陸イグアナくん。



colombia-ガラパゴス

凛々しい表情。






colombia-ガラパゴス

こちらが海イグアナ。



colombia-ガラパゴス

陸イグアナとはまた一味違った感じ。

また同じ海イグアナでも島によって顔つきや皮膚の色が違う。

こんなとこにもダーウィンの進化論が垣間見れる。






サンタ・クルス島で田舎道を歩いていると、前方に大きな岩らしきものが。

しかし近づいてみると。。。



colombia-ガラパゴス

カメだった。

ガラパゴス諸島の名前の由来にもなった陸ガメ。

スペイン語でのカメの複数形がガラパゴス(確か…)



colombia-ガラパゴス

さらに近寄ると、「プシュー」という声?と共に首を甲羅に引っ込める。

まだまだ野生ですね。



colombia-ガラパゴス

ゴロゴロと野生のカメがいます。

ほとんどのカメの尻尾が左巻きなのは、何か理由が???



colombia-ガラパゴス

ついでに亀仙人にもなってみました。






colombia-ガラパゴス

ガラパゴス諸島で最初に出迎えてくれたのは、このアメリカグンカンドリ。

近くで見るとそうでもないんだけど、遠くでみるとまるで恐竜のよう。

これはいつでもどの島でも、何匹も優雅に大空を舞っている。






colombia-ガラパゴス

ペリカンくんも島中至るところで見ることが出来る。

普通に歩道を歩いていたりする。



colombia-ガラパゴス

魚市場では残り物をもらおうと、礼儀正しく?大人しく待っている。



colombia-ガラパゴス

みんな必死。






colombia-ガラパゴス

サン・クリストバル島でのこと。ビーチでまったり中のアシカくんたち。



colombia-ガラパゴス

そして夕日が海に沈むころ、やつらはやってきた。

きれいな身なりをした団体さんたち。

そしてその後に続くウエイター。

何ゆえにウエイターがこんなところに???



colombia-ガラパゴス

ウエイターはワインを片手に。



colombia-ガラパゴス

そして優雅にワインを飲みながらアシカ鑑賞。

欧米人は考えることが凄い。。。






ガラパゴスで一番のお気に入り、青足カツオ鳥くん。

colombia-ガラパゴス

一番良く見れたのはサン・クリストバル島。



colombia-ガラパゴス



colombia-ガラパゴス



colombia-ガラパゴス



colombia-ガラパゴス

青足くんと「だるまさんが転んだ」ゲームをやり、

ついに手を伸ばせば届く距離まで接近することに成功。



colombia-ガラパゴス

そしてこの表情。ん~~~、最高。



大満足のガラパゴスでの日々。


2009.02.10 Tue l 23:南米:エクアドル l COM(3) TB(0) l top ▲
エクアドル:ガラパゴス諸島(2008年11月)
Ecuador : Islas de Galapagos (11/2008)
(地図は右のルートマップを参照)



ecuador-ガラパゴス






これまでに見たことがないような魚がたくさん。

っていうか、海に潜ったのは初めてなんだけど…

ecuador-ガラパゴス



ecuador-ガラパゴス



ecuador-ガラパゴス



ecuador-ガラパゴス



ecuador-ガラパゴス



ecuador-ガラパゴス

いや~、いい表情だ。



ecuador-ガラパゴス

こんなやつもいた…






ecuador-ガラパゴス

う~ん、きれい。。。

ここでもシュノーケリング。



ecuador-ガラパゴス

そこに現れたのは、サメくん。

大丈夫だと言われていても、やはり怖い…



ecuador-ガラパゴス

ここで圧巻だったのは小魚の群れ。



ecuador-ガラパゴス

一斉に一糸乱れないで動き回るその姿は鳥肌モノ。



ecuador-ガラパゴス

ひたすら追いかけ続けた。






シュノーケリングで一番楽しかったのは、キッカーロック周辺。

ecuador-ガラパゴス

小魚の群れが向かってくる。



ecuador-ガラパゴス

そして何よりアシカが遊んでくれる。



ecuador-ガラパゴス

向こうから迫ってきて、目前でくるっと方向転換したり。

陸でダラーッとしている姿からは想像できない、シャープな動き。

これならシーライオンと言われるのも納得できる。






ecuador-ガラパゴス

そしてこれがキッカーロック。



ecuador-ガラパゴス

ここの海は不思議な色だった。

水色というのではなく、深い青に白を少し混ぜたような感じ。

こんな色の海は見たことがない。



ecuador-ガラパゴス

神秘的。



ecuador-ガラパゴス

ハンマーヘッドシャークは残念ながら見ることが出来なかったけど、

ウミガメが優雅に泳ぐ姿、というかまるで宙を浮いているような感じ

を堪能できた。



ecuador-ガラパゴス






ダイビングのライセンスを持ってなかったのが残念…

ダイビングしてればもっと凄い世界を見ることが出来ただろう。

海の世界を見たのが初めてだったっていうのもあるけど、

それでも十分に楽しむことができた。



ガラパゴスでの11日間。

陸の世界、海の世界、そして島民との触れ合い。

人間と他の生き物が共存している世界を体感できて良かった。



ちなみに訪れたのは、

・サンタクルス島

・イザベラ島

・サンクリストバル島

・ティントレラス島

・プラサ島

・フロレアーナ島



宿は、

イサベラ島では、「Posada del caminante」

住所は…あるのか?。町外れ。

と言っても町は小さいので全然問題なし。島の人に聞けば分かるでしょう



サンタクルス島では、「Blue House Suite」

住所はイデン地区としか… la casa de dentista sara carriohのすぐそば。

この歯医者は大抵の人は知ってます。



サンクリストバル島では、「Hotel Mar Azul」

港に島の宿の案内図があり、そこに載ってます。



いずれもキッチン付き、シャワーはアツアツ、とても快適です。

その分値段は他に比べ若干高いけど、自炊できるので、

物価の高いガラパゴスでのある程度の期間の滞在を考えると、

安宿に泊まって外食するのとあまり変わりません。

2009.02.12 Thu l 23:南米:エクアドル l COM(0) TB(0) l top ▲
エクアドル:クエンカ(2008年11月~2009年1月)
地図はこちら






colombia-クエンカ

クエンカではパナマ帽の生産が盛ん。

パナマ帽といっても、発祥はエクアドルで、

パナマを経由して世界に運ばれていたのでこう呼ばれている。



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ

お店のクリスマスツリーは、もちろんパナマ帽。






歴史を感じさせる建物が多く残る。

colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ

都市だけど、のんびりとした空気が漂う。

唯一の欠点は、ほとんど全ての道路に車が走っていること。

もう少し車道と歩道のメリハリをつけて、のんびり気を使うことなく歩ける道が欲しい。





colombia-クエンカ



colombia-クエンカ

旧市街と新市街の間を芝生に包まれた川が流れる。

そこそこの規模の都市の中にこのような気持ちのよい川が流れているのは稀である。






余談だけど、

colombia-クエンカ

見た目は普通のカップ麺。


でも開けてみると、

colombia-クエンカ

中に袋入りのラーメンが…

なんだこりゃ???

袋入りよりカップ付きの方が2.5倍くらいの値段。



colombia-クエンカ

おまけにスープがこぼれてた…






そして、クエンカ近郊にある、骨折したカハス国立公園。

3000m後半の高地にあり、高山植物が生い茂る。

colombia-クエンカ



colombia-クエンカ



colombia-クエンカ

なかなかの光景が広がっていたけど、苦い思い出しか残らない…



でも骨折も治り、リハビリもとりあえず終わり、旅再開!!

居心地が良かったクエンカの町。

いざ離れると思うと、寂しい気持ちも…

旅に出たいという想いと、もう少しいてもいいかなという想い。

う~む、どうも長居するとイカンイカン。
2009.02.15 Sun l 23:南米:エクアドル l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。